2019年6月6日木曜日

英検1級(2019年6月2日)の感想

記憶が薄れてきているが、大雑把に英検1級の受験の記録をしておく。

会場は地元のTOEIC会場と同じで、駅近の平地立地なので移動は楽だった。英検1級の教室は他の受験者と完全に隔離されていて、他の級の人はその領域に絶対立ち入らないようになっていた。たぶん受験時間の関係だと思う。早めに終わる他の級の受験者がうるさくしても構わないようにしているのだろう。

受験者は受験番号から言って28人くらいいたと思う。普通の高校の教室に30人近くだから、思ったより狭く感じた。思ったより多くの人が受験するのだなと。年齢層も幅広く、中学1年生くらいから50代くらいまで。それぞれ色々な事情があるのだろう。

試験そのものは平凡な結果に終わった。答え合わせの結果、リーディング6割、リスニング6割。リスニングの最後のインタビュー問題が2問ともできていたので、それだけはちょっと嬉しかった。ライティングは100語くらいしか書けていないので、不合格は間違いない。

次に7月のTOEIC L&Rを受けるか、再び英検1級を10月に受けるか、それとも両方とも受けるかは決まっていない。

0 件のコメント:

コメントを投稿