2019年6月20日木曜日

【洋書メモ】The Melancholy of Haruhi Suzumiyaを読んだ

先日、The Melancholy of Haruhi Suzumiyaを読み終えたので、書いておく。
今回はkindle版で読んだ。


・どんな洋書か?

The Melancholy of Haruhi Suzumiyaは日本のラノベ「涼宮ハルヒの憂鬱」の英語版だ。原書(日本語版)は途中で続刊が止まってしまっているものの、各巻でちゃんとストーリーが完結するようになっている(はず)。アニメ化されるなど当時かなり人気で、秋葉原でファンの集団がアニメエンディングのダンスを踊るパフォーマンスを演じるなどの社会現象になった。

・ストーリーは?

県立北高校に入学した男子高校生キョンは、エキセントリックな女子高生ハルヒと出会う。変わり者でいつも不満そうなハルヒは、ある日自分でクラブ活動を立ち上げることを思い立つ。否応無く巻き込まれるキョン。そのクラブの設立目的は?そして集められた部員たちは、実は。
詳しくはウィキペディア参照のこと(ただしネタバレ)。

・感想(妄想)

最近YouTubeでシミュレーション仮説や、平行宇宙や、未来人の予言や、UFOディスクロージャーと言った話題を頻繁に目にするのだが、中には「ひょっとしてハルヒが元ネタだったりする?」と思うものもある。実際のところ、当時の陰謀論系の話題を知らないので、ハルヒの方が当時の陰謀論系からネタを引っ張ってきた可能性の方が高い。だが、仮に(仮にだ)、ハルヒのネタを人々が読んだことでこれらの話題が現実化するとしたら、相当面白いだろうなあ、と思わざるを得ない。ほぼ作品の内容と関係ないが。

・英語の難易度は?

実は昔に日本語で読んでいるし、アニメ版のストーリーもだいたい覚えていたので、英文そのものを適当に読んでも場面が簡単に思い起こせたので、個人的には難易度は高くなかった。語彙としてはアルク社の語彙リストであるSVLで言うとレベル11(10,000〜11,000語レベル)くらいの単語が出てくる。例えばtrudge:トボトボ歩く、など。日本語のラノベ特有の文体を英語にしているので、ちょっと癖があるように感じるが、ラノベ読書歴と洋書読書歴があるならそれほど苦労はしないと思われる。

・その他

これまでの洋書読書歴は以下のリンクに。
https://blogger.tosh-jp.com/p/2019.html

英語学習歴(TOEICスコアあり)は以下のリンクに。
https://blogger.tosh-jp.com/p/blog-page_20.html

2019年6月17日月曜日

英検1級結果(2019年6月受験)

先日受けた英検1級の結果が出た。
当然だが不合格だった。



すでに落ちるのがわかっていたので、合否について話をする必要はないと思う。合格者平均と比較すると、やはりリスニングが弱い。英作文が素点では一番いい結果だったが、合格者平均から言ってあまり良い成績でもない。初回受験で6割取れているのはマシな方だと思うが、まだ自分も大したことがないのだなと思う。

次の試験は7月のTOEICを受けようとしていたが、結局やる気を失ってしまったので、10月の英検1級まで何も受験しないと思う。しかし、その英検も申し込み時にやる気と資金力がなかったら受験しようがないので、まだ未定と言うところ。

2019年6月6日木曜日

【洋書メモ】Linchpinを読み始めた



実は再読でDebtを読んでいたのだが、ちょっと難しくて読んでいて辛いのでやめて、最近買ったLinchpin(https://amzn.to/2XtIJBX)を読み始めた。

出だしだけ読んだ感じ、内容的には「今までの労働というのは、全くの詐欺だ。代替可能な労働者を工作機械のように集めて行われてきた。それが機能しなくなってくる。この本は新しい選択肢(経営者でも従業員でもない、資本家でもなく労働者階級でもない、新しい選択肢)を提示する。」というかんじ。Introductionを読んだ感じ。今の時点でははっきりしたことは言えないが、要するに「新しい稼げる人材像はこうなんだよ」という話なんだろう。

英語的にはTOEICのリーディングセクションが普通に読みこなせるなら、スラスラ読めると思う。ただし、TOEICレベルだとちょっと語彙が難しいと思う箇所はあるかもしれない。しかし、意味の推測をするスキルがある人が読む分には、それほど問題にはならないのだろう。

この洋書はイケハヤ氏がYouTube動画で紹介していて買ったのだが、彼は「これが読みこなせるならすごい」と言っていたと記憶している。俺つええ。

原書が読めなくても、和訳本(https://amzn.to/2XCC9ZG)があるのでそちらを読むという手もある。

英検1級(2019年6月2日)の感想

記憶が薄れてきているが、大雑把に英検1級の受験の記録をしておく。

会場は地元のTOEIC会場と同じで、駅近の平地立地なので移動は楽だった。英検1級の教室は他の受験者と完全に隔離されていて、他の級の人はその領域に絶対立ち入らないようになっていた。たぶん受験時間の関係だと思う。早めに終わる他の級の受験者がうるさくしても構わないようにしているのだろう。

受験者は受験番号から言って28人くらいいたと思う。普通の高校の教室に30人近くだから、思ったより狭く感じた。思ったより多くの人が受験するのだなと。年齢層も幅広く、中学1年生くらいから50代くらいまで。それぞれ色々な事情があるのだろう。

試験そのものは平凡な結果に終わった。答え合わせの結果、リーディング6割、リスニング6割。リスニングの最後のインタビュー問題が2問ともできていたので、それだけはちょっと嬉しかった。ライティングは100語くらいしか書けていないので、不合格は間違いない。

次に7月のTOEIC L&Rを受けるか、再び英検1級を10月に受けるか、それとも両方とも受けるかは決まっていない。

2019年5月の英語学習

すでに6月6日だが、5月の英語学習の記録をまとめる。
個人的な記録であって、他の人にこの学習の仕方を勧めるつもりはない。

これまでのまとめは以下のリンクに。
https://blogger.tosh-jp.com/p/blog-page_20.html

・TOEIC公式問題集 Part3の暗唱(音読系)

文字通りTOEIC公式問題集のPart3を暗唱する。現在1冊目の新形式対応編(https://amzn.to/2WpxD4z)はTest1、Test2共に2周終わらせており、今はL&R1(https://amzn.to/2XpyiPI)のTest1をやっている誰も期待していないようなので、具体的にどのようにやるかはブログ記事にしていない。やはり暗唱はあまり好かれる練習法ではないのだろう。今やっと音読が日の目を見た感じになっているので、そのうち暗唱も普通になるのだろう。

・英検1級語彙問題集(語彙系)

起き抜けに語彙問題完全制覇(https://amzn.to/2XsdB5G)を解いている。

・ウォーキングをしながら多聴(多聴系)

ウォーキング中にポッドキャストを2倍速で聞いたり、オーディオブックを聞いたりしている。手元にあるのは、Subtle Art for Not Giving a F*ck(https://amzn.to/2XtjX4J)、PsycoCybernetics(https://amzn.to/2QNlW1m)、What I Talk About When I Talk About Running(Audibleなし:https://amzn.to/2Xpf6Sk)、Think and Grow Rich(https://amzn.to/2Xs2tpD)で、何回も繰り返し聞いている。

・洋書筆写(未分類)

今の所、英検1級英作文問題集(https://amzn.to/2WdLG8g)と、Pros and Cons(https://amzn.to/2XshKqv)を書き写している。6月5日にPinball, 1973(https://amzn.to/2XtGwGF)の書き写しが終わり、Creating a Learning Society(https://amzn.to/2XwTcN4)に移った。

・洋書読書(多読系)

これまで読んだ洋書は以下のリンクに。
https://blogger.tosh-jp.com/p/2019.html

・でる1000(問題演習)

TOEICの文法問題集のでる1000(https://amzn.to/31fc8SO)を洋書を読む前に解くようにしている。

・AppleTVで多聴(多聴系)

6月の話題になってしまうが、AppleのWWDCのキーノートスピーチをAppleイベントアプリで見た。

・以上

これで全てだと思うが、忘れていたら追記する。
質問があれば受け付ける。