2018年6月16日土曜日

転職オファーは来たが

転職サイトでスカウトありにしたが、1件だけ来た。


最悪の事態に備えて、労働市場での需要を調べるために転職サービスのスカウト機能をありにした。自分から職探ししなくても、会社が必要ならオファーしてくれると言う機能だ。

正直全く需要など無いのだろう、と思っていたが、かろうじて1件だけオファーがあった。ただし、希望職種を翻訳通訳にしていたのに、某賃貸住宅販売の会社だった。営業だ。たぶん以前取った宅建でヒットしたのだろうと思う。たぶんTOEIC870点は全く役に立っていない。最近は会社の評判を従業員の立場で書き込めるサイトがあるので、調べてみた感じ、初年度の固定給はかなり良いし、契約が取れれば歩合は驚くほど高いらしい。だが、契約を取るまでの難易度が高すぎるらしい。さらに、生活の時間的余裕は全くなくなると思った方が良いと思った。しかも最悪全く契約が取れないと2年でクビになる。一人で自分のメソッドを信じ切って行動できる人が成功しているらしい。

これをどう解釈すれば良いのか分からないが、私の性格がこの仕事に向いているからオファーがあったと言うよりは、離職率が異常に高いのでとにかく人を集めないといけないような状況なのだろうと。1年、2年だけ生き延びるために割り切って働くなら良いかもしれないが、必ずしも仕事上の成功には結びつかない可能性が高い。ただ、今まで生きて来て、何をするにも営業の仕方を知っているのは良いことだとも思っているので、本当に最悪の事態になり、探しても他に仕事が無いなら応募しても良いかもしれない。それこそ「もう死んでも良いや」くらいに追い込まれたら応募するだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿