2018年6月12日火曜日

これからは楽しく

これからの私の語学学習は「どれだけ楽しくやるか」に尽きる。


昨日書いた通り、TOEICはAレベル入りした。もう2年以上続けて来た苦行はやめて、より楽しめる方向で英語と中国語に触れようと思っている。

英語は最近のやり方で良いと思うが、NHK英語はより縮小させる。英語上達完全マップの文脈で言えばもう音読は必要ないレベルなので、文字を見て声を出す、と言うのは極力減らそうと思う。つまりリスニングとシャドーイングを中心に発音発声の訓練をしようと思う。流石に全く発音しないのは良くないと思うので、シャドーイングはとりあえずやる。

あとは、洋書読書とAppleTVでの英語コンテンツ視聴を続けようと思う。つまるところ語学と言うのは、ある程度のレベルに行ったら、あとは徹底的にインプットする必要があるのだろうと。文豪の夏目漱石も言っている様に。アウトプットも必要だが、まずインプットを増やさないとアウトプットの在庫も増えないので、結局何もアウトプットできなくなるのではと。

中国語に関しては、もう試験のための勉強はしない。さらに、「それ絶対無理だろ」と思われそうな、「ほぼゼロの状態からNetflixで中国語コンテンツを字幕なしで見まくる」で行ってみる。これについては単純に実験のつもりでいて、年単位の時間がかかりそうだが、ダメでもうまく行っても話のタネにはなるだろうと思うのだ。問題は何を置いても続けることだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿