2018年4月10日火曜日

中国語やっぱりキツい

中国語は単純にリスニングで疲れているとわかった。
洋書のZero to Oneは英文は簡単だが話の流れを見失っている。


昨日中国語の音読をして気づいたのだが、中国語の音読で疲れているのは、立って歩いて音読を繰り返しているからではなく、単純に中国語をリスニングしていて疲れているのだとわかった。昨日は本文以外はほぼリスニングのみにしていたのだが、結局ものすごい疲労感で終わった。時間的にも1課全部音読していると時間がかかりすぎるので、本文以外は音読をやめてみる。これのせいで中国語の習熟度が落ちるかもしれないが、学習が続かないほうがよくない。

洋書のZero to Oneはもう半分読み終わった。明日か明後日には読み終えそうだ。英文表現は難しくないのだが、議論の進め方がよくわからなくて本全体の理解は進んでいない。ひょっとしたら肝心のところを無意識に読み飛ばしてしまって、話の流れがわからなくなっているのかもしれないが、読む行為そのものは可能なので続けて読む。

0 件のコメント:

コメントを投稿