2018年3月30日金曜日

中国語マジキツい

やはり花粉症は薬を飲まないといけないらしい。
中国語学習は前途多難だが、続けていれば何とかなる。


「乳酸菌を取る」「ワセリンを目の下と鼻の中などに塗る」と言う民間療法で花粉が楽になるかと言うと、そうでもないようだ。昨日夕方の薬を飲み忘れたのだが、早朝の時点で鼻がムズムズして目が覚めた。それから鼻水とくしゃみの連発で、今薬を飲んだらちょっと楽になってきた感じだ。タイミングをみて薬をやめてみようと思ったが、乳酸菌とワセリンはあくまで補助的な作用しかないようだ。

中国語学習だが、なかなかキツい。1日のうち3時間半ほどを英語と中国語に費やしているのだが、このうち3時間は立って部屋をウロウロしながら声を出しているのだ。1時間を英語、2時間を中国語に使っている。これは母国語の日本語でやったとしてもかなりキツいはず。こんなに日本語でボイストレーニングしていたらアナウンサーや俳優になれるかもしれない。英語はまだ楽なのだが、中国語は全然慣れていないので絶望的に疲れる。ただ、英語のトレーニングですでに乗り越えた実績があるので、とにかく続けてみることにする。12月のHSK5級を受けるまでは続けたい。

昨日は小さい方のおいっこが弟の奥さんに連れられてきた(大きい方は春休みでずっとウチにいる)。それで、おいっこの相手をしていたら結局中国語の書き取りができなかった。これが一番楽な科目なので、ちょっと勿体無かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿