2018年2月7日水曜日

読書は体力を使う

最近洋書を読むペースは速いが、読書は体力を使うということに気づいた。


オーディオブックをどうするか?は、とりあえず最初に聞いたThink and Grow Richを聞き返すことにした。この2周目が終わったらAudible.comに加入するか考える。

昨日はかなり疲れを感じていたが、洋書を読む量をあえて減らしたら、夕方の疲れがだいぶ和らいだ感じがした。大して疲れていないと思っていたが、思った以上に読書はエネルギーを使うことがわかった。毎日30ページ以上読んだら読書量はものすごいことになるが(洋書を年間30冊以上読める計算になる)、多分そのまま突き進んでも続かないので、疲れているときはある程度体力を温存した方が良いだろう。

もうすっかり忘れているが、2月25日は英検準1級の2次がある。特に対策していない。2次は面接試験である以上客観評価には絶対ならないので、あんまりそれに力を注ぐ必要もないと感じている。実際ある程度話せるかという事と、2次の成績は関係ないのではというのが私の考えだ。対策本を見る限り、採点基準は流暢に話せているかではなく、論理的思考力や地頭だ。実際には次に受けてみてから判断しようと思っているが、落ちても元の頭が悪ければ仕方ないと思っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿