2017年12月5日火曜日

酒は難しい問題

昨日は酒を飲んだが、おかげで今日はやる気がしない。

昨日は弟の奥さんがイナダを買ってきてくれて、イナダのしゃぶしゃぶを食べた。で、こう言う時なんとなく酒を飲んでしまうのだが、今朝はアルコールのせいで全然やる気がしない。

この手の薬物は完全にやめてしまうのが一番良いのだが、一旦生活に入ってしまうとなかなか完全にやめるのは難しい。最近は父親が晩酌の習慣を完全にやめたので、ウチでは普段は酒を飲まないのが普通になっているが、それでもたまに飲んでしまう。なんとかならないものだろうか?

最近の身近な情報だと、アルコールを摂取するメリットは全くない、と言う方向に行っているようだ。実はこうなるとは3、4年くらい前に予想していたのだが、実際にそうなってしまった。一旦そう言う論調になると「絶対酒はダメ」に発展するのは時間の問題だ。タバコに続いて、酒もどんどん肩身が狭くなっていくのだろう。

そう言う雰囲気になれば、やめられない事を苦痛に思うような事が多くなるかもしれないし、世間の流れに乗って完全にやめる契機になるかもしれない。とりあえずウイスキーを補充しない事でやめられるか試してみたいところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿