2017年9月25日月曜日

AppleWatchで運動量が増えた

AppleWatchは思ったより良かった。

Apple Watchを着用し始めて4日目だ。特に活動量計としての機能が素晴らしく、運動の時間が2倍に増えた。最近毎朝15分くらい自転車に乗っていたが、それだけだとAppleWatchの活動量の基準を満たさないので、仕方なく午後も自転車に乗っていた。まだ目に見えた健康効果は出ていないが、長期的に運動を意識した生活は健康に繋がるだろう。たぶん。

また、Siriがかなり使いやすいと感じた。今までSiriといえば3分タイマーだったのだが、毎朝天気を聞くようになったし、リマインダーを音声入力するのはとても便利だと気づいた。

さらに、これは話を聞いてバカにしていたのだが、Apple WatchをつけるとFear Of Missing Outが緩和することがわかった。要するに情報の乗り遅れへの不安がなくなり、スマホやタブレットに触れる時間が減って、スキルアップにつながる英語素材の視聴などに時間を使うようになった。一旦タブレットでTwitterのチェックを始めると、なかなか止まらないが、重要な通知はAppleWatchに届く。だからスマホを常に触っている必要はない。たぶん株価などもwatchからチェックすればいいので、気にする時間は減るだろうと見ている。

そう言うわけで、劇的な変化と言うにはささやかではあるが、思った以上の効果を数日で感じている。つくづくLTE通信が使えないのが残念だが、これもいずれ解決するだろう。もしかしたらこれからはスマホからスマートウオッチの時代になるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿