2016年8月15日月曜日

TOEICでリスニングが伸び、リーディングが下がった勉強法

この7月のTOEICまでやっていたことをまとめる。
前の記事で書いた通り、リスニングは400点に乗せたが、リーディングは295点というみっともない結果になった。ちなみに4月の結果はリスニング370のリーディング335。

1:NHK英語の音読・シャドーイング

NHK実践ビジネス英語と入門ビジネス英語の音読とシャドーイングをした。
これは4月から基本的に変わっていないが、6月だったか7月くらいから普通に音読するのが辛くなり、音読はオーバーラッピング(テキストを見ながらCD音声に合わせて音読)になった。

2:瞬間英作文

1月からやっていた瞬間英作文の青本を3周終わらせた。最終的に簡単な文法ならば割とすらっと英文が出るようになったと思う。7月の試験が終わってからやる気をなくした。

3:BBCニュースのシャドーイング

BBC 6 O'Clock Newsをシャドーイングした。内容理解は難しいので、とにかく音真似を意識した。7月の試験が終わってからやっていない。

4:BBCのリスニング

いろんな番組を聞いていたが、最終的にBBCのBusiness Mattersをメモを取りながらリスニングする、というやり方に落ち着いた。ちなみに、聞き取れる部分と全然聞き取れない部分があって、導入部分は割と聞けるが、細かい解説っぽいところは全然聞き取れない。

5:BBCの聞き流し

とにかく部屋にいるときは、BBCを流しっぱなしにしていた。8月に入った頃から、NHK実践ビジネス英語の本文音声を繰り返し聴くようにした。今はBBCはたまに聞き流している程度。

追記:6月上旬から始めた勉強法があった
6:NHK英語の筆写

毎日音読の前に、過去に何周も音読したNHK英語の筆写をやっている。今は1課の本文の半分づつをノートに書き写している。最近朝のブログ書きで英訳もしているが、割と英作文ができるようになった気がする(英訳としては落第点だと思うが)。

ここから4月の試験あたりからやらなくなったことをまとめる。幸い4月くらいまで毎月どんな勉強をしたかまとめているので、それに目を通した。

1:BBCニュース記事の購読

リーディングにモロに影響がありそうなことだ。多少単語の意味がわからなくてもとにかく読み進める訓練、というか当時は単にニュースが読みたかっただけ。今はたまにどれだけすらっと英文が読めるかkindleの洋書を見る程度で、継続して英文を読む習慣はなくなっていた。

2:ボキャビル

3月くらいまでキクタンTOEICの800と990をやった。これもリーディングにモロに効いてきそうな勉強だ。今はボキャビルは全くやっていない。

そういうわけで、4月までやっていて、7月までにやめてしまったことは、多読とボキャビルだ。このまま100%元どおりにするのは多分無理なので、ある程度実績のある勉強法と照らして多読とボキャビルを復活させる。それと、来週は一応アビメでできなかった項目を見つける。

0 件のコメント:

コメントを投稿