2016年8月15日月曜日

TOEICリスニング400点で得たもの

今日は何度も書いているが、リスニング400点、リーディング295点で695点だった。

で、リーディングスコアが落ちたのだが、前向きに考えないと「3ヶ月の努力は無駄だった」という考えに悩まされて次のTOEICは受けることもできないことになりそうだ。だから前向きに考えることにした。

まず、リーディングが落ちたのは「ひどいマークミス」だということにした。でないとここまでリーディングとリスニングがアンバランスなスコアを取るはずがない。きっと超かんたんな問題でマークミスしまくったのだ。だからリーディングがひどかったのだ。

もう1つはリスニングは良かったのだから、リスニングで得た気づきを書こうと思う。

Part3と4は先読みするのが有名な攻略法だが、7月の試験では問題の解き方自体だいぶ変わった。今までは、

必死に先読み-->聞きながら目印を付ける-->必死に先読み-->

という感じで、聞きながら問題を解かないと絶対解けない感じだったが、7月の試験では、

回答&設問だけ先読み(選択肢は読まない)-->聞く(問題を解かない)-->回答&設問だけ先読み

という感じになった。これは多分英語力が上がらないとできないことだろう。だから、今回それができて、なおかつスコアアップしたのは英語力が上がったからと言える。それだけにリーディングが残念なのが辛い。本当にこのスコアなんだろうか?何かの間違いでは?


0 件のコメント:

コメントを投稿