2016年8月6日土曜日

瞬間英作文がやれない

読み放題で本をたくさん読むようになって、最近どことなくだるい感じがする。もう今月は元を取っているので読むのをやめてしまってもいいのだが、本を読まなくなったらWebやTwitterを検索して無駄に読むだけなので、それなら本の方が断然いい。

で、英語トレーニングはNHK英語は予定どおりやっているのだが、瞬間英作文が取りかかれない。前に書いた通り、CD音声でやる方法を採用して割と楽しかったのだが、最近また面倒くささを感じるようになってしまった。

自分の中で、「どうもリスニングもリーディングも、瞬間英作文に負うところが少ないような気が…」と思い始めていて、やる気が減退している。どちらかというと、NHK実践ビジネス英語の筆写の方がリスニングにもリーディングにも効果がある感じがしていて、無理に瞬間英作文をやらなくても良いかな、と思ってしまう。それに、瞬間英作文はスピーキングに効果がある、と言っても今は別にスピーキング能力は欲しいとは思ってない。元々の最終目標は「BBCやBloombergが聞ける」「洋書がサクサク読める」だからだ。

だが、せっかく青本を終わらせたのに、その後の本で途中でやめてしまうのは何となく勿体無いと思っているのも事実で、何か瞬間英作文を続けたいと思う何かがないかと思っている。

たぶん、NHK英語は復習のサイクルがしっかり出来上がっているのに対して、瞬間英作文は「1日に2課やる。復習は適当」としているのがいけないのだろう。やる気がない時は復習だけやっておしまいとかもあったし、ちっとも前進しないのだ。それがやる気を削ぐ原因の気がする。瞬間英作文も忘却曲線に従った復習サイクルを作るべきか?

あとは、1日の勉強量がNHK英語の復習とBBCのメモ取りリスニングでもう十分時間がかかっているというのがある。さらにそのせいで瞬間英作文を午後に回しても、最近Kindle Unlimitedのおかげで本読みに夢中になって、結局やらなかったりする。何かパッと切り替えする方法がわかればいいのだが、本を読んでいてハマると本当に没入してしまうので難しい。

とりあえず瞬間英作文の本は途中までやってしまっているが、また1からスタートした前提で、復習サイクルを構築するしかないだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿