2016年8月7日日曜日

尖閣とか天皇陛下の「お気持ち」とか

昨日はNHK実践ビジネス英語を聞き流していたので、夕方になるまで気付かなかったが、尖閣に7隻の中国の取り締まり船と230隻の漁船が集まっているらしい。その後どうなったかは知らないが、まあ漁船が尖閣諸島に取り付くのだろうなあ、とわかる。漁船が引っ込んだとしても、この先挑発はエスカレートする一方だろう。広島原爆の日とオリンピック開会が重なる日を狙ってくるとか、中国は外道だと思う。

昨日の夕方からBBC World Serviceを聞いていたが、BBCでは時間ごとのニュースで毎回報じていたのに、Twitterを見る限り日本国内ではほとんど報じていなかったらしい。こういうのを見るにつけ、日本はやっぱり大した国じゃないんだなあ、と思う。結局2011年の原発の頃からちっとも変わってないし、さらに言ってしまえば戦中の大本営発表から何も変わっていない。ダメだこの国。このままなら、太平洋戦争に続いて今回も負けるだろう。

で、月曜の15時から天皇陛下のお言葉があるらしい。先日報じられていた生前退位についての話だと思うが、尖閣の話が出てきて本当に発表されるのか気になる。もう体力的に持たないなら無理に在位することもないだろうし、これで国民が辞めるなとか言ったら、上から下までブラック企業な国と思われても仕方ないだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿