2016年8月5日金曜日

読んだ本:大家さんと個人事業

昨日もkindle本を2冊読んだ。

大家さん引退します。(648円)
漫画でわかる個人事業の始め方(1225円)

「大家さん」は大家さんシリーズの最終巻らしい。大家さんをしていて、トラブルに遭遇しまくり最終的に物件を売ったところで終わる。不動産投資について知りたかったのだが、わかったことは「不動産投資は心の弱い人にはできない」ということだった。ただ、相場でもあまり精神的にまいったりしないやり方はあるわけで、不動産もやり方次第かなあ、という気はする。特にこの本を読んだ感じだと、ローンを繰り返してカツカツでやっているので、相場でいうと信用や先物で追証入れまくってるのと同じに感じる。株でいうと現物取引のように、きっちり資金を現金で揃えていたり、もともと土地を持ってたりすれば多少は違うのではないかと思う。だが、不動産はどうも相場のようにはいかないと感じる。

「個人事業」については、私もかつて書いた「漫画+解説」タイプのハウツーもので、解説部分は素人目にしっかり描かれていると思う。ただ、各論でいうと不十分な感じがする。この本で全体の流れを知ったら、例えば事業計画書なら事業計画書の書き方の本に、税金なら白色なり青色なりの本に当たった方が良さそう。素人目に。


0 件のコメント:

コメントを投稿