2016年8月24日水曜日

英語の勉強ダメだ

先週から先週末の旅行に合わせて、英語の勉強量を減らしているが、どうもやる気を失ってしまう結果になっている。

まず、最近は筆写をやっていない。別に縮小中だから別に構わないのかもしれないが、あくまでNHK英語の縮小のはずなのだが、勉強量全体を減らす週になってしまっている。筆写で得られる英語力はすごいはず、と以前書いたが今度はやらなくなったことで英語力がものすごい勢いでしぼんでいくのではと思う。

BBCのBusiness Mattersも聞かなくなった。どうも気が向かなくなった。聞く時間を変えればどうかと思ったが、午後に回すとダラケきってしまっているので、そこから勉強の時間に戻ろうという気がしない。

瞬間英作文は7月の試験が終わってからやらなくなっていたが、今もやっていない。英語喉も同様。洋書の精読も結局取りかかれていない。

7月のTOEICで気が抜けて、さらにその結果がかなり悪かったので(L370, R335, T705 --> L400, R295, T695)、「もう英語の勉強をしても効果はないだろう」と心のどこかで思っていて、どんどんやる気を失っている。10月の試験も申し込むことはなかったのでは?と思っていて、ひょっとしたら受けないかもしれない。

今続いているのはNHK英語の音読だけという状態になった。だが、それだけでは次の試験で逆転することはできないと思っているし、先週から勉強量を縮小したらNHK実践ビジネス英語のオーバーラッピングが辛くなった気がする。さらに心のどこかで意味ないと思ったらやっぱりやめてしまうのではないだろうか。

英語力そのものは別にスコアと比べてもすごく落ちている感じはしない。Webのアップル製品の噂系記事を読んでいても別に問題ないし、Youtubeで英語学習者向けの動画の英語を聞いていても英語字幕なしで何となく言っていることはわかる。BBCや洋書はかなり難しいと感じるが、英語力全体としては日本語が母語の人間としてはマシな方と思っている。それもこの先どうなるかわからないが。

このブログはここ半年くらいほとんど英語学習ブログになっていたが、それも終わるかもしれない。ここに何か書いても誰かからアドバイスがもらえるわけでも、励ましてもらえるわけでもなく、ただ自分の考えをネットにさらすためだけに書いていて、それで何か得たかというと何も得られていないのだ。ブログも意味ない、となったら、もう何もすることがなくなる。以前の状態に元どおりだろうし、もっと悪くなるかもしれない。

0 件のコメント:

コメントを投稿