2016年7月11日月曜日

The Fantastic Mess of Letters 読了

昨日はやっと1冊英語の本が読み終わった。

半分くらい読みかけだった、The Fantastic Mess of Lettersと言うのを昨日一昨日と一気に読んだ。最近英語力が上がって、まだわからない語彙はあるものの、ストーリーを見失わない範囲内ですらっと読めるようになってきた。わからない語彙に関しては、もう1回読み返して、すべてのわからない単語を調べるのがいいと思うが、そこまでやるかは自信がない。

ちなみにこの本は紙の本ではなく、無料のkindle版で読んだ。今も無料で、kindleは他所で無料だと自分のところでも無料にするので、ひょっとしたらどこかのWebサイトで無料公開されているのかもしれない。

それで本の感想だが、メルヘンチックな、日本でいうと魔法少女ものみたいな作品、という感じだった。ちゃんと読めていればだが。この本は改行がちょっと変な感じで、最初はわざとやっているのかな?と思ったのだが、kindle化の過程で版組が変になってしまったのかもしれない。それで、結構読みにくい。だが、作品の中にある楽しさみたいなのは、あるので、この変な版組さえ修正すればかなり読める作品だと思うのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿