2016年7月19日火曜日

そういえばアルコール依存はどこに

半年以上、狂ったようなアルコール欲求がない。

具体的には、タバコが切れた時のような強いアルコール欲求だ。ここしばらくはたまに酒は飲むものの、強く飲みたい感じはない。本当に「たまには飲むかな」程度だ。

で、原因が気になるわけだが、たぶんアルコール依存ではなくて、去年の秋にやめた処方薬のせいでアルコール依存のような状態になっていたのだと思う。具体的にはベンゾジアゼピン系というやつなのだが、あれはヤバい。やめた時の辛さは、タバコよりは酷くないが、CBDオイルで気をそらさなければたぶんやめられなかった。なんでアレを何年も飲み続けなければいけなかったのか、さっぱりわからない。

そういうわけで、これははっきり言って薬害だと思うのだが。

0 件のコメント:

コメントを投稿