2016年7月22日金曜日

喉の痛みは無くなったが

英語喉のトレーニングが続いている。

まだ、たまに息を吸い込みながら発音をしないと、喉発音の感じを見失う。

これまでのところ、

初日:Lesson1-Lesson5
2日目:Lesson1-Lesson10
3日目:用事があったので休み
4日目:Lesson1-Lesson10
5日目:Lesson5-Lesson14

という感じで、ちょっとずつ前進している。ちなみに4日目がなぜ15までやらなかったかというと、14が終わった時点でものすごく喉がイガイガしたからだ。喉が痛いわけではなかったが念のため中止した。

それで、英語喉トレーニングが終わった後、BBCのSix O'clock Newsをシャドーイングするようにしているが、ちゃんと喉発音できているかは正直わからない。Youtubeの英語喉動画を見る限り、南関東の私は喉発音が難しい人種のはずで、かなり気長に取り組まないといけないのがわかる。

英語喉でリスニングが良くなる、という話は実感としてはわからない。もともと半年間の音読とシャドーイングで、音だけは聞き取りやすくなったので(脳内イメージ化はまだ十分ではない)、英語喉のリスニングへの効果がわかりにくいのだ。

TOEICのリスニングのスコアが突然あがったら英語喉の効果があったと言えるだろう。先週末に公式問題集のリスニングだけやって7割だったので、推定リスニングスコアは350点くらいだ。ここから明後日の本番試験でリスニング400以上取れたら明らかに英語喉の効果と言えるが。今日試しに同じ問題をやり直したらどうなるか試してみるのもいいかもしれない。やる気があれば(めんどくさいので多分やらない)。

0 件のコメント:

コメントを投稿