2016年6月30日木曜日

もうTOEICやる気しない

日曜に20問だけTOEICの公式問題集をやった。

その後、「ちゃんと全問解かないと」と思っているのだが、全然手をつけられない。正直、もうあの形式の問題を解くのが嫌になってしまった。わかっているようで、わかってないのを明らかにされる過程がなんだか嫌になってしまったのだ。本試験では火事場のくそ力でなんとかなると思うが、事前に試験慣れする、という作業はひょっとしたらもうできないかもしれない。

ところで、あるサイトに素点と推定スコアの関係表があった。それによると、前回の公式問題集の結果は素点76/100と70/100で推定745点(リスニングが385で、リーディングが360)らしい。自分の中では700後半くらいかと思っていたが、まだまだそのレベルでもないらしい。しかし、もうこの数字がわかっただけで満足だ。今年の最初に設定した目標の730点はクリアしているわけで、「もういいや」という気分になっている。

最近になってやる気がものすごく減退している原因は、たぶん、模試の成績の尺度を推定スコアでなく、素点に置いていたからだと思う。素点で考えると、もうどれだけ伸びたかが数点も違わないので、あまり張り合いがないのだ。目標8割としても、リスニングでプラス4点で、リーディングでプラス10点なのだ。素点だと。あまり張り合いがない感じがする。素点で14点違ったらスコアは50点くらいは違うはずなのに、得点のスケールが変わっただけでこれだけやる気がなくなる。

ひょっとしたら、某サイトの推定スコア表を基準に推定スコアを決める作業を加えたら、ちょっとは楽しくなるかも?と思ったが、どっちにしても今は試験に取り掛かる気分ではない。また日曜になったらやるかも。

0 件のコメント:

コメントを投稿