2016年6月29日水曜日

Bloombergが割と聞けるように

最近「英語力が増したな」と感じることが減ってきたのだが、久しぶりに変化を感じた。

最近Bloombergを見ていなかったのだが、今日は「何だか今日はゆっくり話しているな」と感じた。いきなりゆっくり話すようになるとは思えないので、ものすご勘違いでなければ、以前は早いと思っていた英語のスピードについていけるようになってきた、ということだろう。それと、ついていけるようになってきた結果、思ったより難しい単語は使ってないかも、と思った。

BBCのBusiness Mattersをメモ取りリスニングしていても、理解度はさほど変化がない気がするのだが、以前速い英語だと感じていた素材を聞いた感じではかなりリスニング力が向上したように感じる。それに、英語は英語で理解している度が高まった気がする。あまり聞いたことを頭でイメージしようと努力しなくても、言いたいことがわかる感じになってきた。だが、「あともう一歩なんだけどなあ」という思いはなぜか変わっていない。この先も日本語と同じように聞こえる事はないのだろうか?

ここしばらく追加したり変更したりした勉強法といえば、

・音読筆写を毎日やる
・普通の音読から、CD音声に合わせた高速音速に変更

くらいか?あとはちょっとフランス語の勉強を始めたが、それはあまり貢献してないだろう。だから上のどっちか、あるいは両方が効果があったということだろう。速い英語に筆写が役に立つというのは意外だが、実際筆写の後にシャドーイングをすると以前より聞けるようになった気がするので、音読に並び音読筆写はオススメと言いたい。(実は今朝音読筆写をやっていて「もうやめようかな?」と思っていた。効果がはっきりして良かった)

音声に合わせた高速音読は実際ははじめてから4日くらいしか経っていないので、あまり今回の件ではあまり貢献していない気がするのだが、これもいつかものすごい効果になると見ている。

ちなみに最近は猫がびっくりした画像のようにはなってない。

0 件のコメント:

コメントを投稿