2016年6月27日月曜日

人気のある記事は物欲記事ばかり

今、久しぶりにどんな記事が人気があるか確認した。で、ここしばらく続いている、英語学習の記事はほとんど見向きもされていないことに気づいた。人気があるのは過去に書いた、買ったもののレビュー記事だ。

それで、「誰も努力して獲得するスキルには興味がなくて、自分の買い物のことしか興味ないのか」と気づいた。正直かなり気分が悪かったが、世間的な要求というのはそういうものなのだろう。だが、もうレビュー記事は書きたくないし、ネットで収入を得ることには興味がなくなった。というか、私には無理だと諦めた。

ひょっとしたら、Googleの都合で一旦「物欲系ブログ」とカテゴライズされてしまうと、その後方針変更してもいつまでも「物欲系ブログ」として検索されるようになるのかもしれない。どこか適当なところで別のブログに切り替えるべきだったか。

しかし、これからも英語学習の記事しか書かないし、それの結果で不人気ブログに甘んじるとしても、それは仕方ないと思う。もう文章を書くことが習慣化しているのと、書いているとふと気づくことがあるので続けているだけだ。

一応読まれることを前提に体裁を整えようとはしているが、ほぼ自分のためのブログになっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿