Wednesday, August 31, 2016

茂木センセイの話も最もだと思う

昨日おとといと、茂木センセイの「最強英語脳を作る」を読んだ。ちなみに紙の本を買ったが、本当は電子書籍で売って欲しかった。Kindle Unlimitedで読みたいというわけではなく、届くまでの時間が勿体無い。

茂木センセイはtwitter上でTOEICを完全否定しているし、なんだか突飛な英語習得法を提唱しているので、どんなひどい話が書いてあるのか?と思ったが、割と腑に落ちる内容だった。要するに英語を使いこなすには大量の良質の英語のインプットが必要で、それがある程度蓄積しないと英語を使いこなすのは難しい。そして日本人はインプットも全然足りない、という話がこの本のクライマックスだろうと思った。それについてはセンセイの意見に完全に同意する。

それと、茂木センセイはTOEICを否定しているが、いわゆる「TOEIC勉強法」つまりTOEICの問題を解くことで英語のスキルを上げようという行為を否定しているように感じる。ただそれだけでない。英語力を測る物差しとしてのTOEICも別の理由で否定しているのかなあ、と。だが、センセイが理想とするような英語の世界がいきなり日本人の間に広がるとも思えず、今は過渡期でこの先本当に英語力を必要とする企業・団体・個人は少しづつ変わっていくのだと思うが。

それと一応突っ込みを入れておくが、世界の中で英語というものが多様化している、という論を展開しているのに、一方でTOEICなどの日本的英語世界を否定するのは大いなる矛盾だと思うのだが、自分の読解力の問題でいまいち読み取れていないのかもしれないのでこれは保留としておく。

Amazonレビューで悪い評価が支持されていたので、あえて読んでみたが、そんなに悪い本でもないと思う。「こういう意見もあるよね」と一応受容するのが英語的マインドセットだろうと思う。そうすれば日本のネットのギスギスした雰囲気も和らぐのではと、そして「日本のインターネット」というのは英語的マインドセットではおかしいとも感じる。蛇足。

iPhone6 battery swelled / iPhone6のバッテリーが膨らんだ

I found the day before yesterday that my iPhone6's panel a little swelled.

I guessed the battery in the iPhone was swelled. As I still use this iPhone, I googled repair shops near my home. And I found a shop in Odawara. I'll go to the store tomorrow.

iPhone7 (or iPhone6 SE?) will launch at 7th September(on JST?). But as I wrote, I won't buy iPhone7 maybe. I'll change my iPhone6's battery, and use it till next year's launch. By some chance, I may suddenly decide to buy iPhone7, but I want iPad mini5 (or iPad pro mini?) this year.

昨日だが、iPhone6のパネルがちょっと膨らんでいるのに気づいた。

中のバッテリーが膨らんだのだと思うが、まだこのiPhoneを使うので、近くの修理屋をググった。小田原に修理屋があるのを発見した。明日行ってくる。

iPhone7が9月7日(日本時間?)に発表になるが、書いた通り私はたぶんiPhone7を買わない。iPhone6のバッテリーを交換して、来年の発表まで使い続ける予定。ひょっとしたら、突然7を買うかもしれないが、今年はiPad mini5が欲しいのだ。

Tuesday, August 30, 2016

I'll be busy today / 今日は忙しくなる

I have to go a dentist and a clinic today.
So, I have to finish training for English early.

I'm trying to write this in English directly now, but it's too difficult to write English sentences from a image in my brain. I had to write directly from images to keyboard, but I got used to translate from Japanese to English for a couple of week.

As training for English, I have to write directly this blog in English, and translate to Japanese.

今日は歯医者と病院に行かないといけない。
だから英語のトレーニングは早く終わらせないと。

今、英語を直接書くのを試している。 しかし、難しくて脳のイメージから英文を書けない。私は直接イメージからキーボードへと書くべきだった。しかし数週間日本語から英語に翻訳するのに慣れてしまった。

英語のトレーニングとして、私はこのブログを直接英語で書いて、日本語に翻訳するべきだ。

Monday, August 29, 2016

今日も書く気がない / I want to write today too

今日も書く気がないので適当に書こうと思う。

昨日は先日書いた友人とは別の友人とラインで話をした。そうしたら逆に気分が悪くなった。もう明らかに住んでいる世界が違ってきて、愚痴を言う余地もないらしいので、しばらく距離を置こうと思う。

本当に書きたくなくなったので、今日はこれ以上書かない。

I don't want to write this today. I'll write what I think.

Yesterday, I talked my friend who isn't who I wrote before on Line, and I felt worse rather than better. I felt he lives where I'm not, and he don't have a room of a grumble, so I'll get far away from him for a while.

I don't really want to write this, I won't write this anymore today.

Sunday, August 28, 2016

書く気がしない / I don't want to write

今日は書く気がしない。

昨日、洋書を読まなかったのだが、そうしたらBBCの聞こえ具合がちょっと変わった。なぜか洋書をスラスラ読んだ後はリスニングがしやすくなるのだ。茂木センセイがtwitterで「英語をマスターするには、とにかく洋書を1冊読めばいいんだよ!」みたいなことを言っていたが、実現可能性は別として、確かに洋書を読むと英語脳に切り替わる。

ここで「英語脳」という英訳しにくい言葉を使ってしまったので、英訳する気もこの先書く気も無くなってきた。

I don't want to write this blog today.

I didn't read paperback yesterday, and I found feeling of listening BBC changed a little. I'm not sure about that, but I found that after reading paperbacks smoothly, I was able to listen BBC more easily. "If you want to master English, read paperbacks anyway," Dr. Motegi said on Twitter. Aside from possibility to master, I really switched to English brain.

Here, I used a word English brain(英語脳) which was difficult to translate, so I don't want to translate to English, and not write more.

Saturday, August 27, 2016

Twitterにハマるとつまらん人間になる

最近、Twitterを話題になっている事を調べたりするのに使っている。

で、そのリアルタイムの話題の移り変わりに合わせて、人の意見を見たり考えたりすると、どんどん自分がつまらない人間になっている気がする。だいたいニュースに対する人の意見なんて、否定か肯定か、そしてその理由であって、それ以上に生産的なことは何も生み出されない。せいぜい他人のつまんない意見を見て気分が悪くなっておしまいになるだけだ。

リオの閉会式のマリオの演出に12億円かかった、って批判記事には、お前はこの仕事を薄給バイトの人力だけでやれるというのか?と言いたい。自分の収入を物差しにするのやめようよ、と思うし、そういうことだから労働の単価がどんどん安くなるのだ。もっと安くできるだろう?と。

だが言ったところで誰かの考えを改めるわけでも、自分が気分が良くなるわけでもない、くすぶった思いはそのままで、つぶやきがどこか電子空間に記録されて誰にも顧みられないのだ。そして、人の意見をどんなに否定しても、自分自身はそれ以上にすごいことを言えるわけじゃないし、すごい事ができるわけでもない。どんどん焦燥感が高まる。

だからニュースを追いかける度に自分が本当につまらない人間になっていく感じがする。やはりTwitterを始めSNSは暇つぶしであっても関わってはならないのかもしれない。

ポケコインとFeliCa

I tried to translate this blog article in English. But it's too long and complicated. So I won't translate today.

今日はとりあえず昨日あったニュースの話を書こうと思う。

まずポケモンGoのポケコインが金融庁から「通貨」として認定された件。これは最初は最近よく目にするポケモンに対する嫌がらせかと思った。だが、ニュース記事を読むと、ポケコインが消失する事態つまりNianticが潰れた場合の対策を取れ、ということらしい。それ自体金融庁を責めるところはないし、むしろちゃんと仕事している感じだ。

だが、もうちょっと技術的に踏み込んだ事はしないのかなあと思う、例えばサーバが吹っ飛んでデータが消えた時はポケコインどうなるの?とか。その辺はNianticがしっかりやってると思うし、銀行の基幹システムみたいにガチガチに作り込めば問題ないように感じる。(しかし私は昔の仕事を思い出して考えただけで気分が悪くなる)こう言うシステムへの規制は金融庁よりは総務省の仕事っぽいがどうなんだろう?

次の話題は新しいiPhoneにFeliCaの機能が入るのでは?という噂の件。日本国内ではさも決定事項のように語られているが、一次ソースのBloombergを読むと「ある情報源の話」という域を出ていないのは知っておくべき。

ある程度確実な話としては、ApplePayに使っているNFCのチップに、NFC規格の都合でFeliCaの標準規格であるNFC-Fがくっつくので、FeliCaが使えるんじゃない?という話なのではと。逆の見方で言うとFeliCaを使ったシステムの関係者がNFC規格にコミットして、NFCチップにNFC-Fが搭載されるので、結果としてiPhoneにFeliCa的なものが搭載されるということらしい。違ってたら指摘していただきたい。

それとiOS上でSuicaやおサイフケータイが実現する話は別のレイヤーの話だ。具体的にはFeliCaは通信の規格、SuicaはiOSとアプリとサーバーサイドシステムに関連付けられる。今そんな話が出ても今年9月のiPhoneにSuicaが搭載されるかはわからないのではと。だからあまり期待しちゃダメだ。それにFeliCaを作ったソニーやSuicaのJR東の株価は昨日の時点では急激には動いていないようだ。

このブログ記事を英語にしようとしたのだが、長いし内容も込み入っているので英訳するのが嫌になってしまった。だから今日は英訳はしない。

Friday, August 26, 2016

今日はだるい / listless

今日はあまり書く気がしない。

昨日はやっと村上春樹のWhat I talk about...を読んだ。精読ではなく普通に。で、まえがきがやや難しい感じだったが、本文に移ったらかなり簡単だったので(それでもわからない単語はあるが)、それほど気に病む必要もなかったかなあという感じだ。

まだ書けそうだ。

昨日はおいっこの小さい方が来た(大きい方は夏休み中ずっといる)。で、私の部屋でICレコーダーに声を吹き込むふりをする遊びをたまにするのだが、その時おいっこがtell meといった。英語で。おいっこは日本語もまだ全然喋れず困っているのだが、両親の話だと英語の動画を見て英語っぽく話すらしく、それが今回事実だとわかってしまった。

I don't want to write this today.

I finally read Haruki Murakami's "What I talk about..." Not analytically. I found the forward is a little difficult, but main text is really easy( but there are unknown words). So I didn't need to worry about that.

I can write more.

Yesterday, my younger nephew came my home. He sometimes play with IC recorder in my room, and then he said "tell me" in English. We have worried about not saying even in Japanese, but his parents say that he watch English movies on Youtube, and speak like English. I recognized it's true.

Thursday, August 25, 2016

何となく快方に向かった / feel better

昨日は英語の勉強はこの先できないだろう、と思っていたが、かなり気が楽になった。昨日はある友人がLineで相談に乗ってくれて、思っていることを書いていたら何となく楽になった。

それで、リーディングを鍛えるために必要なことは、英文を大量に読む事で、そのためには洋書を大量に読むのが一番いい、という結論に至った。ある英語学校でソフィー・ジ・アカデミーという洋書に力を入れているところがあって、そこのブログを読んでいたら、洋書に取り組むという方向に問題はないが、私が計画したようなイチイチ精読するやり方はダメだと気付いた。リスニングでいうと、何となくわかるBBCなどを聞き流すのと同じ感じで、意味をある程度読み取りながら大量に読む、というのがリーディングに良いのだと。だから、一般的に言われている「多読」で良いのだと。

1冊の本を精読したり何周も回したりするのは、とにかく1回読んでからの方が良さそうだ。

で、リーディング対策として「多読」に落ち着いてきそうなので、あとはいつものNHK英語がやれれば、それ以上考える必要もないのではと思い始めている。もちろん洋書を読むのが上手くいく保証はないが、実際上手くいった事例があるならそれを試すのが良いと思う。

Yesterday, I thought I couldn't learn English anymore, but I felt better. I consulted with a friend on Line, I wrote what I'm thinking on Line, and I felt better anyway.

After that, I pondered a necessary thing for training for reading skill is reading English sentence a lot, and for that, the best way is reading paperbacks a lot. There is a English school, Sophy The Academy. When I read the blog, I found that it's no problem to read paperbacks, but the analytical way that I planed is very bad. For example on listening, BBC radio that I can understand a little is good for listening a lot, Similar to that, reading paperbacks that I can understand a little is good for training for reading skill. So it's good for me to "read a lot" in ordinary way.

It's good for me to read a book at once anyway, before reading analytically and read a book many times.

And I don't need to worry about how to study, because what I need is reading paperbacks and studying NHK English Course. Of course it's no warranty that reading paperbacks a lot will be going well, but if there is a good example that went well, it's good to try.

Wednesday, August 24, 2016

英語の勉強ダメだ

先週から先週末の旅行に合わせて、英語の勉強量を減らしているが、どうもやる気を失ってしまう結果になっている。

まず、最近は筆写をやっていない。別に縮小中だから別に構わないのかもしれないが、あくまでNHK英語の縮小のはずなのだが、勉強量全体を減らす週になってしまっている。筆写で得られる英語力はすごいはず、と以前書いたが今度はやらなくなったことで英語力がものすごい勢いでしぼんでいくのではと思う。

BBCのBusiness Mattersも聞かなくなった。どうも気が向かなくなった。聞く時間を変えればどうかと思ったが、午後に回すとダラケきってしまっているので、そこから勉強の時間に戻ろうという気がしない。

瞬間英作文は7月の試験が終わってからやらなくなっていたが、今もやっていない。英語喉も同様。洋書の精読も結局取りかかれていない。

7月のTOEICで気が抜けて、さらにその結果がかなり悪かったので(L370, R335, T705 --> L400, R295, T695)、「もう英語の勉強をしても効果はないだろう」と心のどこかで思っていて、どんどんやる気を失っている。10月の試験も申し込むことはなかったのでは?と思っていて、ひょっとしたら受けないかもしれない。

今続いているのはNHK英語の音読だけという状態になった。だが、それだけでは次の試験で逆転することはできないと思っているし、先週から勉強量を縮小したらNHK実践ビジネス英語のオーバーラッピングが辛くなった気がする。さらに心のどこかで意味ないと思ったらやっぱりやめてしまうのではないだろうか。

英語力そのものは別にスコアと比べてもすごく落ちている感じはしない。Webのアップル製品の噂系記事を読んでいても別に問題ないし、Youtubeで英語学習者向けの動画の英語を聞いていても英語字幕なしで何となく言っていることはわかる。BBCや洋書はかなり難しいと感じるが、英語力全体としては日本語が母語の人間としてはマシな方と思っている。それもこの先どうなるかわからないが。

このブログはここ半年くらいほとんど英語学習ブログになっていたが、それも終わるかもしれない。ここに何か書いても誰かからアドバイスがもらえるわけでも、励ましてもらえるわけでもなく、ただ自分の考えをネットにさらすためだけに書いていて、それで何か得たかというと何も得られていないのだ。ブログも意味ない、となったら、もう何もすることがなくなる。以前の状態に元どおりだろうし、もっと悪くなるかもしれない。

Tuesday, August 23, 2016

特に影響なし / no specific affection

台風は昨日の昼すぎ頃にはすでに影響がなかった。

うちの地元では特に影響はなかったが、近隣の市などでは避難した地域もあったらしい。私の住んでいるところは基本的に災害の被害をあいにくいようで、いいところに住んでるなあと思う。

昨日は村上春樹のWhat I talk about when I talk about runningの精読をしようと思ったが、いちいち辞書を引くのを面倒に感じて、結局やらなかった。代わりにiPad mini5とiPhone7の噂記事を読んだ。洋書をゼロから独力で精読するやり方はあんまりよくないかもしれない。まず原書(日本語)を一通り読んで、その後辞書なしで読んで、しかるのちにわからない単語を調べる方がまだやる気が出るかもしれない。

ただ、何度でも意味のわかっている英文を読むのが良い、という話を知っていても、初見の英文をたくさん読む方が訓練になると思ってしまう。後者が世間的な「多読」なのだが、清涼院センセイの「多読」である前者とどっちを試すべきかまだ迷っていて、どうも身を入れてやる気になっていないなあと。

Typhoon didn't affected in my area last afternoon.

We weren't affected in my local, but several part near here became evacuation area, according to TV news. My local is basically strong against natural hazards. My family and I think that we live nice place, every time.

Yesterday, I planed to read Haruki Murakami's "What I talk about when I talk about running" analytically, but I didn't want to check a dictionary, and I didn't read. Instead, I read a web article about iPad mini5 and iPhone7 rumor. I thought it's not very good method to read analytically paperbacks from scratch. I thought, at first, reading a Japanese book, then the English translated book without dictionary, after that, with dictionary, is better way.

I know it's a good method to read English sentences which you already know, but I also thought it's better to read what I haven't read. The latter is "reading a lot" among ordinary Japanese English learners, and the former is a method which Mr. Seiryouin, a writer, says. I still wonder which is better, so I can't try hard.

Monday, August 22, 2016

台風が来る / Typhoon will come

昨日おとといと熱海まで温泉旅行に行ってきたが、今日からまたいつも通りの生活だ。

と、言いたいが、今日は朝から台風が上陸する。しかも直撃コースだ。夕方くらいまではずっと暴風雨らしい。それで問題があって、今日は歯医者の予約が入っているのだ。歯医者の時には薬を飲んでいくので、自力で車で移動するわけにもいかず、天気の悪い時は母に歯医者まで送ってもらっている。だが、この台風の中車を運転させるわけにもいかない。暴風雨がどれくらいか想像がつかないが、予約を取り直した方がいいと思っている。

I went to Atami for 2 days. And I'll lead a usual life from today.

But typhoon will come directly my hometown this morning. It'll be stormy till twilight. I have problem about reservation of dentist today. When I go to dentist, I take a medicine, so I can't drive for myself. My mother take me to dentist when bad whether, but I can't have her drive. I can't imagine how strong the storm will be, but I have to reschedule.

Sunday, August 21, 2016

やっぱりリーディングはダメだった

旅行から帰ってきて、片付けが終わって落ち着いたところだが、TOEICのアビメが届いた。

で、問題のリーディングだが、アビメを見る限り素点は5割くらいなのではないかと思われる。単純に自分の出来が悪かったからリーディングはできなかったのだ。ちなみにリスニングは予想どおり7割くらいできている。リーディングも模試で7割出来ていたのだから、何か特別な事情がないとこんなスコアにはならないと思うが、よく考えたら試験開始からトイレに行きたくてしょうがなかったのだ。ひょっとしたらこのブログでも書いたと思うが。最大の敗因は多分リポDとアクエリアスの利尿作用だろう。

そういうわけで、リーディングを鍛える必要がある。先週準備した通り、What I talk about when I talk about runningの精読と多読を試す。とにかく日常的に多めの英文に目を通さないとダメだろう。

熱海の朝 / Morning in Atami

ホテルで1泊して、ロビーでこの記事を書いているわけだ。これといって書くことはないのだが、書くことが習慣になっているのでとりあえず書いている。

私の住んでいる神奈川西部からは熱海は大して遠くない。熱海は電車で1回乗り換えて、静岡に入って最初の駅だ。それで弟一家と電車で待ち合わせてきた。昼ちょっと過ぎに到着して、昼食をとった。いつも熱海駅前の食堂街や商店街は混んでいるのだが、今回はたまたま空いているラーメン屋があったので空いているカウンタを7人が各々占拠して食べることになった。辛鶏とんのつけ麺というやつを食べたが、割と美味しかった。ここ数日辛いものを食べていなかったので特に。

で、今回のホテルは実は2回目だ。営業開始から古いので、客室の設備が時代かかっているが、温泉には力が入っていてなかなか良かった。食事は飲み放題食べ放題の食事でビールも食事も美味しく満足した。で、古いから嫌だと思っていた客室だが、夜になったら熱海の夜景がものすごく、「これはかなりいい部屋だったのか?」と思った。

今日はもう帰るが、割といい旅行ができていると思う。

I'm staying a hotel, and writing this article. Actually I don't have anything to write, but it's my habit.

Western part of Kanagawa where I live is not so far from Atami. Atami station is Shizuoka's first station after transfer once. So I went by train with my brother and his family. We arrived afternoon and have a lunch. There is many people around food street and shopping street in front of Atami station, but we can catch seats of a ramen shop. We, 2 children and 5 adults, occupied vacant seats. A "kara tori ton tukemen" is relatively delicious, especially after a few no spicy food life.

Actually, stay in today's hotel is second. Because of very long time from opening the hotel, amenity is a little old, but onsen is good. Dinner was "all you can eat and drink", and bear and food was delicious. the old room had great night view in Atami, and we thought "it was nice room?"

We'll get back today, but I'm having nice stay.

Saturday, August 20, 2016

熱海へ1泊旅行 / Overnight trip to Atami

今週は1週間英語の勉強を少なめにしていた。

なぜかというと、今日の旅行で英語のトレーニングのスケジュールを調整するのが大変で、今週は復習だけする週、来週は新しい課をやる週とした。それで今日明日と全く勉強をしないことになった。

今日と明日で熱海に温泉旅行に行く。毎年恒例になっている夏の旅行だが、3歳の子供がいるのでなかなか大変だろう。

Macを持っていくので、明朝もこのブログの更新はする。

I trained myself for English less hard than usual this week.

Because it's difficult to reschedule for English training, After struggling, I decided that this week is only for review and next week will be for new lesson, and I won't train for English today and tomorrow.

We'll have the overnight trip to Atami. The trip being held every year will be hard one because 3 years old child will join us.

I'll have Mac for this trip, so I'll update this blog next morning.

Friday, August 19, 2016

村上春樹の英訳本 / Haruki Murakami's book

今日も朝からだるい。エアコンを入れたら楽になったが、起きた時点で室温29度なんて、健康に暮らしていても辛いだろうと思う。

昨日、村上春樹の「走ることについて語るときに僕の語ること」の原書(つまり日本語版)とその英訳本の"What I talk about when I talk about running"が届いた。英訳本のオーディオブックも注文したが、イギリスから届くので9月上旬くらいに到着になると思う。

それで、確かにこれは英語の勉強にちょうどいいなあ、と思った。村上春樹の英訳本というとものすごく分厚いイメージがあるが、これは分量が少ない。最初の2ページを精読した感じだと、NHK実践ビジネス英語と同じくらいの難易度で、それでいて書いてあることを追うのは割と楽だ。

それで、最初の2ページを精読したのだが、わからない単語はiPhoneの英英辞典を引いて、構文はググって、完璧にするのに1時間くらいかかった。英英辞典の内容をノートに書き写す作業をしていると英語に触れるので、リーディングを鍛えるのにはちょうどいいかもしれない。それに内容が面白いので、TOEICのリーディング問題と比べて続きを読む気になってくる。

I'm also listless this morning. I got better after turning in air conditioner. It was 29C when I got up. It's hard even for the parson who leads healthy life.

Yesterday, I received a book written by Haruki Murakami named "走ることについて語るときに僕の語ること" and its English translated book "What I talk about when I talk about running". I also ordered the audiobook, but it'll be shipped from U.K., So it'll be arrived by several days after beginning of September.

I felt those are good for studying English. I associate Murakami's book with very thick book, but " What I talk about..." is relatively thin. I read analytically 2 pages of the book, and I found it's as difficult as "NHK Jissen Business Eigo", and relatively easy to read than the NHK English Course.

Then I tried to read analytically 2 pages of the book. I checked unknown words with the English dictionary in iPhone, difficult syntax with Google. I took about a hour to understand perfectly the sentences. It's good for me to train myself for reading skill by writing down from the English dictionary to a notebook. And Murakami's book is so interesting that I'm motivated to read.

Thursday, August 18, 2016

Amazonに税金について提出

Kindleで個人出版するには、アメリカの税金についてあれこれしないといけない。

幸いkindle unlimitedのおかげで本に目を通してもらっているので、お金を有効利用するためにはアメリカに源泉されないようにしないといけない。

で、今年で期限切れらしいので、再度オンラインで提出した。私はすでにEINを持っている。割とアメリカはいい加減なので、「この項目がおかしい」とかあまり言われないので、適当に提出した。

仮に災害などでEINを紛失したら、アメリカに問い合わせをしないといけないので、非常に面倒だ。英語を勉強していてもその辺は全然ダメだ。

夏の暑さでイライラする / annoyed with hot

昨日は台風が通過して暑くなった。

それで、なんだかイライラしていたのだが、おいっこが算数の宿題がわからないと言ってきたので見た。私は一昨年あたりに中学英語の復習をしたのだが、それレベルで言うと連立方程式の問題だ。それを小学生らしく解かないといけない。
で、イライラ教えていたらおいっこが泣いてしまったのだが、最後の問題まで行った。

あるイベントの参加者が36人、そのうち子供は大人の3倍、それぞれの人数は何人?

という問題だ。

36/4=9
9*3=27

でいいのだが、図で示してもさっぱりわかっているのか、わかっていないのかハッキリしない。で、もう嫌になって「知るかー!」と言ってやめてしまった。結局そのあと終わらなかったようで、また今日教えないといけないのか?と思っている。

It was hot yesterday because the typhoon went near Japan islands.

So I get annoyed. My nephew asked me to teach him Mathematics homework. Actually I reviewed junior high level Mathematics 2 years ago, so I can say on the level that the problem was simultaneous equation. He had to solve the problem like a elementary school student. My nephew began to cry because I teach him with frustration, but we reach last question.

Participates of a event was 36. Children was 3 times of adult. How many were children and adults.

adults: 36/4=9
children: 9*3=27

He couldn't understand it even with a figure. I couldn't recognize even that he respond positive or negative. And I quitted to teach, saying "I don't know anymore!" After that, He couldn't finish the question, I heard. I wonder I have to teach him again.

Wednesday, August 17, 2016

リーディングを鍛える

今日まで数日間「なぜTOEICのリーディングがあんなにひどい点数なのか?」と悩み続けていた。

しかし、Twitterで検索していたら、似たスコアを取っている人(リスニング415点のリーディング290点だったか?)がいて、「こんな極端なスコアになるのは、実はそんなに珍しくないのか?」と思い始めてきた。だから、しばらくリーディング力が落ちたという前提で、リーディングを鍛える方法を考えていた。

それで、「意味がしっかりわかっている英文を読む」という意味での多読が良い、という話だったので、NHK実践ビジネス英語を暇なときに読み返すのが良いのか?と思ったが、そうするともう1つの課題であるボキャビルができない。そこで、洋書を精読したのちに何度も読み返すことで多読する、という方法で多読とボキャビルを同時に解決しようと思った。

洋書と言っても、村上春樹の英訳本とオーディオブック、念のため日本語の原書を注文した。本2冊は日本のアマゾンに在庫があったが、CDはイギリスから届くのでちょっと時間がかかる。これで午後のスマホを見て時間を潰す時間を洋書読みの時間に置き換える。

続くかわからないが、全く手をつけないよりははるかにマシなので、とにかくやってみる。あと、詳しい人から、リーディングスコアから言って洋書は無謀、と言われると思ったが、最終目標スコアは950なので、今のうちから難しい課題をこなした方がいいと考えた。実際NHK実践ビジネス英語の音読を始めて半年でリスニングスコアが310から400になったので、ちょっと難しめの英語に取り組むのはそれほど悪いことではないと思う。

悔しすぎて英語ができない

前の記事で書いた通り、TOEICの結果が本当に悔しい。

それで、スコアだけで言えば「努力は無駄だ」という結論になってしまうので、昨日から英語トレーニングをやる気がしていない。いつもなら7時ごろには筆写を始めているのだが、今日は今になっても始めていない。このままフェードアウトしてしまうのは嫌なので、夕方までにはなんとか始めたいが、これはそのうち完全にやめてしまうパターンだ。ここを乗り越えれば、10月の試験で復活できると思うが、それまでにメンタルを整えられるかわからない。ずっと7月の結果を引きずりそうな気がしている。

せめて英検のように問題用紙を持ち帰ることができて、自分で答え合わせができるならば、原因を自分で特定して諦めもつくだろう。だが、結果がスコアだけという状態なので永久にこの精神状態から抜けられない気がしている。

前の前くらいの記事で、たぶん模試の推定スコアは旺文社の換算表が合ってる、という話を書いたが、それによるとこれまでの模試の素点でいうと少なくとも790くらいはとれている計算なのだ。だから、695は本当にありえないスコアだし、次の試験で800取れたとしてもずっと許せない感じがするだろう。

仮に10月の試験で700以下しか取れなかったら、もう本当にやる気をなくして英語なんてやらなくなるだろう。だが、悔しすぎた結果そうなっても、周囲が笑うだけで、自分には何の利益もないのだ。それが余計悔しい。自分を取り戻せない。

書くことがない / nothing to write

今日はこれと言って書くことがない。

昨日は通院日だった。TOEICスコアで凹んでいる話をしたが、結局リスニングで400取れてるならいいんじゃないのかな?という感じになって、なぜか気分良く帰ってきた。だが、今はTOEICスコアのことを考えると、胸がムカムカしてくるし、なんでダメだったのか考えてしまう。マークミス、ということにしているが、それを証明する手段がないので、ただ言い訳しているだけになってしまう。本当に悔しい。

台風は私の地域では全く問題がなかった。暴風域がなかったので特に台風対策はしなかったのだが、夜中も風の音で起こされるということはなかったし、今もちょっと風があるくらいで天気はものすごくいい。

I have nothing to write now.

I went to a clinic yesterday. I told a doctor that TOEIC score beat me, but at last I felt that it's better for me to get 400 points on listening section, and I got back home with good vive. But I'm still thinking about TOEIC score and I'm very upset, and still thinking why I got such a bad score. My understanding is that it's mistake on the mark sheet, but I can't prove it, so it seems just excusing. I'm very upset.

Typhoon didn't affect in my area. As there is no storm area in the typhoon, I didn't especially treat for the typhoon, and I didn't wake up at midnight because of the noise of wind. It's fine and a little windy day this morning.

Tuesday, August 16, 2016

やめなければ致命傷ではない

私の嫌いな知人の「いつもいいところで失敗するよな」という言葉を思い出した。

7月のTOEICの結果だが、1日経った今でも結構ダメージになっている。だが、幸いTOEICは毎年10回はやっているし、かつての高校受験や、社会人になってからの激務での発病と比べれば、まだ何度もチャンスがある。しかも私は時間は無駄にある。

だからダメージを受けたとはいえ、やめなければ致命傷ではない。それに何度考えてもリーディングで300以下になる理由がわからないので、極端なマークミスの可能性が高い。途中から1問ずれたとか。

とにかく今は英語トレーニングを続けて、10月の試験で真実を確認するしかない。やめるのはその時でも遅くない。

だが、本当に精神的ダメージがキツイ。

TOEIC模試推定スコア / TOEIC practice test's score

昨日からTOEICスコアのせいで体がだるい。

すでに10月のTOEICに申し込んであるので、また頑張ってみようと思う。英語力は上がっているので、基本的に今のトレーニングの方針と大きく変更するつもりはない。ただし、多読とボキャビルは復活させるように検討する。

それで、模試の予想スコアだが、旧形式向けの換算表はもう使えないのではと思っている。リーディングははっきりしないが、リスニングは前日の模試で7割だったのに400だったわけで、新形式になってから素点から予想スコアを換算するのは旺文社の予想模試の換算表が一番合っている感じがする。

で、TOEICスコアの付けかたについて考えている。素点である程度決まる部分はあるが、これができないと何点以上にはならない、という仕組みがあるのではと思っている。

I've been listless since yesterday because of my TOEIC score.

I already applied October's TOEIC test, so I'll try it again. I see I improved my English skill, so I won't change my English training style. But I'll consider to intake "reading a lot" and "vocabill" again.

Speaking to practice test's score, I think I can't use the spreadsheet for the old form anymore. I'm not sure about reading section, but I got 70% of raw score on a practice test and 400 points on July's test, so Obunsha's spreadsheet is better for use now.

And I'm thinking how to grade TOEIC test. I see raw scores define most part of TOEIC score, but If I can't solve a question on the test, I'm not going to get a level of score.

Monday, August 15, 2016

TOEICリスニング400点で得たもの

今日は何度も書いているが、リスニング400点、リーディング295点で695点だった。

で、リーディングスコアが落ちたのだが、前向きに考えないと「3ヶ月の努力は無駄だった」という考えに悩まされて次のTOEICは受けることもできないことになりそうだ。だから前向きに考えることにした。

まず、リーディングが落ちたのは「ひどいマークミス」だということにした。でないとここまでリーディングとリスニングがアンバランスなスコアを取るはずがない。きっと超かんたんな問題でマークミスしまくったのだ。だからリーディングがひどかったのだ。

もう1つはリスニングは良かったのだから、リスニングで得た気づきを書こうと思う。

Part3と4は先読みするのが有名な攻略法だが、7月の試験では問題の解き方自体だいぶ変わった。今までは、

必死に先読み-->聞きながら目印を付ける-->必死に先読み-->

という感じで、聞きながら問題を解かないと絶対解けない感じだったが、7月の試験では、

回答&設問だけ先読み(選択肢は読まない)-->聞く(問題を解かない)-->回答&設問だけ先読み

という感じになった。これは多分英語力が上がらないとできないことだろう。だから、今回それができて、なおかつスコアアップしたのは英語力が上がったからと言える。それだけにリーディングが残念なのが辛い。本当にこのスコアなんだろうか?何かの間違いでは?


TOEICでリスニングが伸び、リーディングが下がった勉強法

この7月のTOEICまでやっていたことをまとめる。
前の記事で書いた通り、リスニングは400点に乗せたが、リーディングは295点というみっともない結果になった。ちなみに4月の結果はリスニング370のリーディング335。

1:NHK英語の音読・シャドーイング

NHK実践ビジネス英語と入門ビジネス英語の音読とシャドーイングをした。
これは4月から基本的に変わっていないが、6月だったか7月くらいから普通に音読するのが辛くなり、音読はオーバーラッピング(テキストを見ながらCD音声に合わせて音読)になった。

2:瞬間英作文

1月からやっていた瞬間英作文の青本を3周終わらせた。最終的に簡単な文法ならば割とすらっと英文が出るようになったと思う。7月の試験が終わってからやる気をなくした。

3:BBCニュースのシャドーイング

BBC 6 O'Clock Newsをシャドーイングした。内容理解は難しいので、とにかく音真似を意識した。7月の試験が終わってからやっていない。

4:BBCのリスニング

いろんな番組を聞いていたが、最終的にBBCのBusiness Mattersをメモを取りながらリスニングする、というやり方に落ち着いた。ちなみに、聞き取れる部分と全然聞き取れない部分があって、導入部分は割と聞けるが、細かい解説っぽいところは全然聞き取れない。

5:BBCの聞き流し

とにかく部屋にいるときは、BBCを流しっぱなしにしていた。8月に入った頃から、NHK実践ビジネス英語の本文音声を繰り返し聴くようにした。今はBBCはたまに聞き流している程度。

追記:6月上旬から始めた勉強法があった
6:NHK英語の筆写

毎日音読の前に、過去に何周も音読したNHK英語の筆写をやっている。今は1課の本文の半分づつをノートに書き写している。最近朝のブログ書きで英訳もしているが、割と英作文ができるようになった気がする(英訳としては落第点だと思うが)。

ここから4月の試験あたりからやらなくなったことをまとめる。幸い4月くらいまで毎月どんな勉強をしたかまとめているので、それに目を通した。

1:BBCニュース記事の購読

リーディングにモロに影響がありそうなことだ。多少単語の意味がわからなくてもとにかく読み進める訓練、というか当時は単にニュースが読みたかっただけ。今はたまにどれだけすらっと英文が読めるかkindleの洋書を見る程度で、継続して英文を読む習慣はなくなっていた。

2:ボキャビル

3月くらいまでキクタンTOEICの800と990をやった。これもリーディングにモロに効いてきそうな勉強だ。今はボキャビルは全くやっていない。

そういうわけで、4月までやっていて、7月までにやめてしまったことは、多読とボキャビルだ。このまま100%元どおりにするのは多分無理なので、ある程度実績のある勉強法と照らして多読とボキャビルを復活させる。それと、来週は一応アビメでできなかった項目を見つける。

TOEICスコアダメだった…

7月のTOEICの結果が出た。

リスニングが400点で、リーディングが295点で、合計695点だった…。ショックだ。ちなみに前回4月はリスニング370のリーディング335で705だった。

リスニングは比較的得意と言っていいレベルまで上がった。それはいい。だが、リーディングが逆に下がっているのはどうしたことか?何かすごい間違え方をしているのかもしれないが、理由がわからない。それともリーディングの時にトイレに行ったのが減点対象なのだろうか?今調べた限りではトイレに行っても罰則はないようだが、単純にリーディングがしょぼいということか…。そういえばPart5で1箇所ものすごく簡単だったのにふと悩んでしまった箇所があった。ああいう間違いが連続してしまったのだろうか?

770いけばいいなあ、くらいのつもりだったのに、もうかなりやる気を失ってしまった。昨日950目標にすると書いたが、それはもう宣言した以上変更なしとして、何が悪かったかさっぱり見当がつかない。アビメを見ないと何とも言えない。

とりあえず冷静になって、4月までやっていて、7月までにやめてしまったトレーニングを検討してみようと思う。それがリーディング最大のポイントだったのだろう。

再び集合 / gathered again

昨日も弟一家が来た。実はおととい来た時に、小さい方のおいっこの誕生日祝いのケーキを買っていたのに、食べられなかったので再集合になったらしい。

昨日は父は叔父からジョニーウォーカーブルーラベルをもらったようで、でも父は飲まなくなったから私と弟でいただこうという話になって、結果的に父も加わった。真面目な話、この調子だと父の死期は近い。ジョニーウォーカーブルーラベルは、高いだけあって品のいい味がした。身近なところだとシーバスに近い。というか、シーバスとブルーラベルの区別はあまりつかないかも。

で、連日酔っ払って寝るパターンになっていて、あんまり体にはよくないなあ、という感じになっている。

昨日は、弟夫婦に「明日TOEICの結果が出るんだよ」と言ったのだが、あまり関心がなさそうだった。やはり英語のトレーニングを真面目にやる方がどうかしているのだろうか?弟の話は置いておくとして、日本人が英語ができないのは、単に努力してないからだと最近は思う。みんながみんな毎日英語の話をしたいくらい熱心だったら、たぶん日本人全員が英語を使えるだろうし。

My brother and his family came my home again yesterday. Actually someone bought a whole cake for his son's birthday the day before yesterday, but we didn't eat it, so we were gathered again, I heard.

My uncle gave my father a bottle of Johnnie Walker Blue Label. I heard my father quitted drinking, so we, my brother and I, decided to drink it instead of him, but at the end of the day, my father joined us. Honestly, my father's x-day may be near. Johnnie Walker Blue Label is expensive for us, and has gorgeous smell. I felt it's like Chivas Regal for my familiar example. In fact, I couldn't recognize difference between Blue Label and Chivas.

I fell the pattern getting drank and then sleeping dreamlessly everyday, I'm thinking it's not good for my health.

Yesterday, I told my brother and his wife "I'm going to get TOEIC score tomorrow", but they're not interested in that. I wonder those who train oneself for English everyday may be crazy. Dropping about my brother, the reason why Japanese can't speak English is that we just don't take effort for English, I think recently. If everyone have been keen to talk about English, maybe they would have been able to use English.

Sunday, August 14, 2016

語彙力9300語はおかしいが

久しぶりに語彙力診断をしてみたが、9300語だった。

http://testyourvocab.com/result?user=6998916

正直何かがおかしいとしか思えないのだが、NHK実践ビジネス英語で出てくる単語が割とあったので、それを歯抜け状態でチェックしていったらこの結果になってしまった、ということだろう。実際以前7000語くらいだった頃から比べて2300語覚えたか?というとそんなことはないわけで。

ただし、ちょっと前に英検準1級の語彙問題集を1ページだけ目を通してみたら、今年の最初の頃は「なんて難しいんだ」と思っていたのが「割と簡単になってしまった」ので、その経緯から言えば、NHK英語を極めれば英検準1級どころか1級も行けないことないのではと(ただし英作文と面接は除く)。一時期NHK英語やめてThe Economistで勉強しようかなあ、と思っていたが、しばらくはNHK実践ビジネス英語にこだわってもいいのではないだろうか?

お盆休み / A bon holiday

昨日はお盆初日だった。

母がお盆の祭壇を作るのをおいっこと一緒に手伝った。毎年母と私で祭壇の準備をするのだが、おいっこが加わったのでかなり楽になった。迎え火も昨日だが、一般的には12日だったような気もする。どっちが正しいかはよくわかっていない。

昨日は弟一家が来た。今日と明日で弟とおいっこがポケモンGoをやりに行く話をしに来たのだろうか?単純にお盆だから来たのか?よくわかっていない。ウイスキーの水割りを3杯飲んでかなり酔っ払ってしまった。

まだ明日のTOEICスコア待ちだが、今年の730点目標を950まで引き上げようかと思っている。なぜかというと、「最近英作文をしているが上手くいかない」-->「TOEIC950点はライティングの壁と言われている」-->「ならばTOEICで950点を取れるようなら英作文もバッチリだろう」と考えたからだ。あるWebサイトで、950点までは特に試験対策しなくても取れる、と書いてあったので、特に英語トレーニングの方針を変えるつもりはない。

Yesterday was the first day of bon holiday.

I helped my mother with making a altar with my nephew. My mother and I prepare a alter every year, and this year my nephew joind us and made that easier. Mukae-bi was also yesterday. (reception fire? welcome fire? I'm not sure mukae-bi in English) My understanding is that mukae-bi is held in general 12th August. I'm not sure about that.

My brother and his family came my home yesterday. He came to consult with his son to play Pokemon Go? Just because it's bon holiday? I'm not sure. I drank 3 cups of whiskey with him, and got quite drank.

I'm waiting for July's TOEIC score which is going to be shown tomorrow, but I'm considering to push up my target score to 950 points. Because "I'm writing English recently, but not done well." --> "I found on a web site that TOEIC 950 is a wall of writing." --> "So if I get TOEIC 950, I would became a master of English writing." On another web site I found I don't need to prepare the test for TOEIC 950, so I won't change my English training style.

Saturday, August 13, 2016

I have to train English writing skill

まだこだわる必要もないとは思うが、そろそろ英文ライティング、というか英語アプトプットの練習法を真剣に検討しないといけない。

ただ、インプットはちゃんとした素材があればそれを無批判に取り入れることで比較的安く学習できると思うが、アウトプットの方法はよっぽどのことがないとお金がかかりがちだ。例外としてLang-8があるが、それも添削する人による部分があるので、ちゃんとした人に頼みたいならお金を払わないとダメだろう。

そうなると今の学習法を続けることでインプットをとにかく鍛えて、そこから得た能力をアウトプットに向ける、という何とも先の長いことになってしまう。どうしたものか。

I don't still have to stick it, but I have to consider how to train myself in English output skill.

Though I can learn English input skill relatively cheaply by intaking decent English materials doubtlessly, but it tends to consume money for learning output skill except of special occasions. There is Lang-8 for exceptional example, but it depends on corrector, so if I ask someone decent to correct my English writing, I have to pay for it.

For less consumption, I'm going to train my input skill by sticking my on-going method, and use its skill for output. I may be on long way by that. What can I do?

おいっこの誕生日 / my nephew's birthday

今日は1時間遅く起きた。

昨日は小さい方のおいっこの誕生日だった。3歳か。おととい弟たちが来たのはそういう理由だったのだろう。それを全く言われなかったので、単にお盆休みに入ったから遊びに来たのかと思った。

今日はなんとなく英訳しながら日本語の文章を書いている。直接英文を書くと発想が貧困だが、日本語を書いてから英訳すると結構それらしくかけている気がする。ただ、日本語的な英語になってしまうのは仕方ないか。

1段落書いたら英訳して、また日本語で書く、というのは時間が掛かる。しかし、文章のボリュームはかなり増えるので、たまにはいいかと思う。

何度も書いているが、TOEICスコアのネット発表日を指折り数えている。早く結果が出て欲しい。しかし思い通りの結果にならなかったら悔しすぎてやけ酒を飲んでしまいそうで、できればいい結果が出て欲しいと思う。できれば770点以上がいい。

I woke up 1 hour later.

Yesterday was my nephew's (younger one's) birthday. He become 3 years old. That's the reason why my brother and his family came my home the day before yesterday. They didn't say that. I misunderstood that because he just took a summer holiday and saw us.

I write Japanese sentence, and translate to English same time in today's article. When I write English Articles directly, those has low imagination. But it's fine that I write in Japanese and then translate to English. though it tend to become Japanesey English.

It's time consuming that I translate 1 paragraph to English then write in Japanese. But I can gain much more sentence, so I can do sometime.

I've wrote many times, but I can't wait for the internet notification of TOEIC. I want to know the result early. But I may drink hard if I get poor score less than I think.  I want to get a good score, if I can, for example over 770.

Friday, August 12, 2016

ビール/瞬間英作文/英作文

先日、弟のことで腹を立てていると書いた。

それで、昨日弟一家が来てみんなでウチで晩飯を食べたのだが、ビール2本おごってくれたことが頭に入ったら、なんだか以前のことは忘れてしまった。なんとも現金な話だが、こういう形で人の心を自然と氷解させるという手もあるのか、と思った。

瞬間英作文を最近やっていないのだが、やらないことのデメリットが意外と見つからない。まだ1週間か2週間くらいしか空けてないのだが、音読系訓練をしっかりやっていれば、リスニングなどのインプットはそれほどダメージを受けないのかもしれない。ただし、スピーキングはどうなっているかわからない。昨日ライティングをちょっと試して、あんまりできなかったので、アウトプットの訓練はやはりしっかりやったほうがいいと思うが、今はNHK英語をこなすのがせいぜいという感じだ。

瞬間英作文は意味がないとは言わない。最初はかなりできなかったのだが、やってるのかやってないのかわからないくらい少しずつ訓練していったら、最終的には基本的な文法なら割と早いスピードで英文を作れるようになったし、無駄なことはなかったと思う。

ただ、筆写でも瞬間英作文と似た効果はありそうな気がしていて、暗唱することを意識して筆写すれば、自然と英文が頭に入ると考えている。できれば瞬間英作文的に訳文を見て英文暗唱みたいなことをしたいが。

ちょっと英文を書いてみた。2段落上とその下の日本語の英訳だ。正しいかイマイチわからないが、割とすらっと書けた感じがする。日本語につられている感じはする。

I haven't done quick response recently, but I haven't felt demerit for not doing that. I haven't done it for a weeks or 2, but I see I won't be damaged in input skill like listening if I train reading aloud well. I'm not sure about speaking skill. I tried English writing on this blog yesterday, and I didn't well, so I thought I need to train output skill. Though I'm managing to do NHK English lately.

I don't say quick response has no meaning. I couldn't do it at first time, but I trained myself by very small quota, and at last I became a English writer who can write in basic grammar in relatively fast speed. So I think quick response is meaningful.

この日本語思考をそのまま英語で書けるようならば、日常的に今の日本語記事くらいの分量の英文は書けるのでは?と思う。普段の訓練が大事だろう。ただ、日本語も併記しないと、誤解があった時どうしようと思う。

Thursday, August 11, 2016

"小さなピカチュウ"ってダメなの?

今、ふと、「英語書いてみたらどんな感じかなあ」と思って書いてみたのだが、全然ダメだった。やはりインプットがある程度進んだら、アウトプットもやらないとダメなんだなあ、と思う。

今回やらかした間違いは、まず why "small pikachus" is bad expression は why is "small pikachus" bad expressionの間違い。全然意味が違う。次にrather thanでなくてratherだと思う。全然意味が違う。

こういうデリケートな話題はまだ英語では書けないなあ、ということを実感した。アウトプットの訓練をしていないTOEIC700点ってこんなものなんだなあ。まあ、書いたものは誤解のない程度に修正して記録として残しておく。

だいたいの意味だが、「フランス人が日本のオリンピック選手を”小さなピカチュウ”って言ったらしい。差別という意見もあるけど、ほとんどの日本人は気にしてないんじゃない?むしろ可愛い女の子をピカチュウって呼びたい」という感じ。英文と比べて全然違う?

Why is "small pikachus" bad expression?

I heard that a French in TV said Japanese olympian "small pikachus".

Someone think pikachu's body is yellow, so he (or she) is discriminating! but my understanding is that maybe he (or she) want to associate Japan with Pokemon Go or something pretty.

So most Japanese like me is not so upset about that topic. Maybe. I would rather call pretty girl pikachu.

おいっこ/TOEICスコア

先日「おいっこの面倒はもう見ない」と書いた。

それでその後どうなったかというと、結構マメに面倒を見ている。前の長期休みに比べると、あまりべったりする必要は無くなったが、小学校5年生といってもまだ全然何もできない子供に見える。というか、とにかくいろんなことをやらせないといけないと思う。

で、おいっこの面倒を見ている自分はものすごくお人好しだと思う。だが、もう42で結婚もできないだろうし、流されて情けないと思ってもおいっこの世話をできる方が、何もないよりはマシだろう。おいっこの世話をすることが長い目で見ればいいことなのだと思うしかない。

話は変わるが、7月のTOEICスコアが気になってしょうがない。

ものすごくがっかりする事態にはならないと思うのだが、全然ダメだったらどうしようと思うともう月曜まで待てない。早いところ結果が出て欲しい。出来が良ければ今のトレーニングの方針に間違いはないのだし、ダメだったとしても極端に方針変更する気はないのだが、スコアが伸びてないなら試験対策はもっとした方がいいということになるだろう。特に今回はあまり試験対策はしていない。素の実力としてスコアが出てくると思うので、より一層結果が気になる。

読んだ本:統合失調症、クラウドソーシング

昨日は1冊読んだ。1冊目を流し読みした。

統合失調症(630円)
クラウドソーシング超入門(100円)

「統合失調症」は病気の原因として自分の中では遺伝説一本やりだったのだが、それ以外の仮説も有力だとわかった。抗精神病薬の作用について、神経の受容体というものはわかるのだが、細かい種類が分からず、全体としてあまりよくわからなかった。

「クラウドソーシング超入門」は個人的にあまり面白い内容でなかったので、見出しだけ飛ばし読みした。これが「超入門」ということなのだろう。kindle unlimitedで本を読むようになってから、あまり興味のない本は内容まで読まずにとりあえず見出しだけ読んで、とにかくどんなことが書いてあるかだけ把握するようになったと思う。

Wednesday, August 10, 2016

頓服を飲んだらだいぶ楽に

昨日の夕方に本を集中して読んでいたのだが、かなり疲れた。それで、ここ数日の疲労感は頭の使いすぎだと思ったので、久しぶりに頓服を飲んだ。それで寝て起きたらだいぶ調子がいいので、やはり頭の使いすぎで心身が休まらないのが原因だとわかった。たぶん酒を飲んでも結果は変わらなかったと思うが。

1日に何冊も本を読んでいると、集中しすぎで体調が崩れてしまう。だから、あまり本は読まないほうがいい、と結論するのはどうかと思うので、kindle unlimitedはやめないが、読みすぎても1日1冊くらいのペースでないと長続きしないだろう。

今日はこれといって書くことがない。なんとなく緊張のピークは過ぎた感じがする。それにしても暑さも堪える。今日は朝から室温30度で、これはまずいと空気の入れ替えをしてからすぐに冷房を入れた。

Tuesday, August 9, 2016

バテている

どうも朝からだるい。バテている。夏バテだ。

ここ何日かかなり暑かったので、冷房を効かせて過ごしたのだが、昼頃には疲れてしまいだるさでイライラする。どうもダメだ。思考が止まる。

読み放題の本のペースを落とした。というか夏バテで集中して本を読めない。もう980円分(今月は無料だが)の元を取っているので、あんまり頑張って読まなくてもいいかな、と思っている。今読んでいるのは統合失調症の本と、ナポレオンヒルだ。ナポレオンヒルで、どうしても「それは違うだろう」という点があって、しまいには読んでいて飽きてきたので、統合失調症の本を読んでみている。

そういえば来週月曜にTOEICのスコアが出るはずだが、どのくらいなのだろうか?今年の目標では730まで行けばオーケーなのだが、4月の705から7月に730としてほとんど誤差だろう。個人的には770は欲しいと思っている。それがどれだけ現実的な数字かわからない。しかし、Twitter検索で知ったのだが、770あると米軍に入れるくらいの英語力らしい。ただし韓国の人のツイートで、770は在韓米軍に入る時の基準らしいのだが。別に米軍に入りたいわけでないが、実際に使えそうなレベルというのはわかる。

ただし、最近Twitterを検索していると、またTOEICスコアの「これだけは取れないと」という基準が上がった気がする。冬に初めて検索した時は600は欲しい感じだったが、春頃には700ないとダメというツイートが多かった。そして今は800だと恥ずかしいというツイートも見られて、もう900以上取らないと人からは認めてもらえないのか!?と思っている。ちなみに最近「toeic990」「toeic900」「toeic800」「toeic770」と検索してみた結果だ。

さらにそういえば、TOEIC800取れたら海外旅行に行く、という話だった。しかし、ちょっと夏バテになっただけで心身ともにまいっているので、海外なんて無理なのでは?と思っている。7月は800は無理だと思うが、10月1月に800行ったとして、海外旅行に行く気力が残っているかわからない。というか、そろそろ家族旅行で温泉に行く予定だが、1泊2日でも体力気力がもつかわからない。

昨日のことだが、父が入院して手術した。明日退院する。もう心臓手術は3回目だ。原因は暑さで血液のバランスが崩れて心臓の血管が詰まった事らしい。もう70超えてきて、いつお呼びがあってもおかしくない感じになっている。歳だから仕方ないが、父の生き死により、葬儀の煩わしさを感じているのは、私が冷酷すぎるのだろうか?

ああ、本当に体が辛い。ちょっとリポD買ってこよう。

Monday, August 8, 2016

中国語も音だけはわかってきた?

昨日書いた尖閣の件。

BBC World Serviceを聞いていたらJapan, criticalという感じの単語が聞こえたので、時間ごとのニュースを集中して聞いていたら、かなりわかるようになってきた感じがする。同時通訳的なことは不可能だが、「これは何の話をしているらしい」ということはある程度わかる。完璧ではないが。

で、肝心の尖閣のニュースはBBCでは全くなく、台湾のテレビ局を漢字テロップを期待してちょっと見てみたら、「おや?」と思った。当然何を言っているのかはわからないのだが、音レベルでは漢字の切れ目が何となくわかってきた気がするのだ。だから、今から文法の勉強をしてから、精読と音読や筆写をすればある程度の中国語力は身につくのでは?と思うのだ。もちろん今は英語に集中したいし、その次はどっちかというとフランス語を身に付けたいと思っているので、中国語は当分勉強しないと思うが。

で、尖閣の話は個人の力ではどうにもならないので英語の話に戻る。4月の試験でもそうだが、TOEICを受けた1週間後くらいに英語力が突然上がる経験をしている。なんで試験前にそうならないか不思議だが、もともとコツコツと伸ばしていたのが自分でも認識できるくらいの変化に感じる時期がTOEIC後なのだろう。

今回の変化で、明確に効果があったと感じる英語トレーニングは、オーバーラッピング(英語音声を聞きながら音読)と音読筆写(英文写経とも言うらしい)だろう。どちらもしっかり英文を理解した時点で行うのが絶対条件で(筆写に関しては書きながら理解できる面もあるが)、最終的に英文を完璧に暗記してしまうのが英語習得への道なのだと理解している。そのあたりは、TOEIC満点の清涼院流水センセイの著作が説得力がある。

で、定期的に「このままこのトレーニングを続けていいのか?」と思うのだが、今がまさにその時期だ。特に改革したいのが、音真似シャドーイングだ。意味はわからないままで、とにかく音だけ真似るシャドーイングで、BBCのSix O'Clock Newsでやっていたが、最近はすっかりやらなくなってしまった。音だけ真似るのはリスニング力の向上という意味ではもう必要ないだろう。前述した通り中国語の音すら、少しだが、聞けるようになってきたので。

英文の高速理解のためには、私個人はもうシャドーイングよりは関心のあるテーマで集中して聞き取る訓練や音読筆写(写経)の拡充、さらには英文暗記をした方が良いと思っている。

リスニング訓練の拡充については、今回の尖閣の件で「これは真剣に知りたい」と思う時のリスニング力がものすごいことになるとわかったので、それを日常的に実現する方法はないかと思い始めている。今は日本時間で午前9時から(サマータイムが終わったら午前10時から)やっているBBCのBusiness Mattersを集中力維持のためにメモを取りながら聞いているが、もっと死ぬ気になって聞き取りたい思う物事はないかと思っている。

英文暗記は音読筆写とほぼ同じことになるが、これができれば英文理解訓練としての瞬間英作文も特に必要なくなるのではと思っている。というか、瞬間英作文は脳内の文法理解ができていれば後は暗記なのではと。暗記する素材はやはり文章の面白さと、私はすでに何度も音読しているという点でNHK実践ビジネス英語が良いと思う。ただし、音読、筆写、暗記のバランス調整をしないと、単純にトレーニングの時間が増えてしまうので難しいところだ。

今はNHK実践ビジネス英語の筆写を30分割り当てているので、さらに30分暗記に当てるのが良いかもしれない。そして、音読の復習の方法について再検討して、全体のトレーニング時間は短くしないといけない。

今日から変える!とはいかないが、TOEICスコアが明らかになった時点で段階的に変えていっても良いのではと。

Sunday, August 7, 2016

ウィルキンソンコーラ割りが美味しい

ビールは高いので、最近はウイスキーを主に飲んでいる。近所のスーパーで白角を買ってきて少しずつ消費しているが、やはり安上がりのようだ。

で、水割りばかりだと飽きるので、コーラ割りでも作るかと思うのだが、あまり体には良くないだろう。味もちょっとくどいし。そういうわけで、気が向いたらウィルキンソンドライコーラで割ることにしている。ウィルキンソンは砂糖もカフェインも入っていないので、かなりヘルシーな感じだ。まあ、アルコールは体に悪いわけだが。

近所のスーパーではウィルキンソンはあってもその中でドライコーラはなく、コンビニで買うのは高いのでAmazonで買った。で、普通に炭酸水単体で飲むと「コーラフレーバーが弱いかなあ」と思ったのだが、ウイスキーで割るとコーラの香りがしっかり出る。さらにウイスキー割りで慣れた後にウィルキンソン単体で飲むとコーラフレーバーがわかるようになってくる。それで、今は普段から炭酸水はほとんどドライコーラを飲んでいる。

(リンククリックでこのブログに投げ銭してください)


尖閣とか天皇陛下の「お気持ち」とか

昨日はNHK実践ビジネス英語を聞き流していたので、夕方になるまで気付かなかったが、尖閣に7隻の中国の取り締まり船と230隻の漁船が集まっているらしい。その後どうなったかは知らないが、まあ漁船が尖閣諸島に取り付くのだろうなあ、とわかる。漁船が引っ込んだとしても、この先挑発はエスカレートする一方だろう。広島原爆の日とオリンピック開会が重なる日を狙ってくるとか、中国は外道だと思う。

昨日の夕方からBBC World Serviceを聞いていたが、BBCでは時間ごとのニュースで毎回報じていたのに、Twitterを見る限り日本国内ではほとんど報じていなかったらしい。こういうのを見るにつけ、日本はやっぱり大した国じゃないんだなあ、と思う。結局2011年の原発の頃からちっとも変わってないし、さらに言ってしまえば戦中の大本営発表から何も変わっていない。ダメだこの国。このままなら、太平洋戦争に続いて今回も負けるだろう。

で、月曜の15時から天皇陛下のお言葉があるらしい。先日報じられていた生前退位についての話だと思うが、尖閣の話が出てきて本当に発表されるのか気になる。もう体力的に持たないなら無理に在位することもないだろうし、これで国民が辞めるなとか言ったら、上から下までブラック企業な国と思われても仕方ないだろう。

読んだ本:独学法、エリオット波動

昨日は1冊読んだ。1冊は軽く目を通した。

独学勉強法(1300円)
エリオット波動入門(1999円)

「独学勉強法」は、いわゆる学問の仕方。楽器演奏の練習に近い語学の勉強には適用できないが、机に向かう勉強には使える内容とは思う。でも英語以外勉強していないので何とも。
「エリオット波動」はざっと目を通しただけ。紙の本で6000円くらいするパンローリングの本が多数読み放題になっているということで、とりあえず一冊。私はすでに当時プレミアが付いていた東洋経済版を読んでいるのだが、波の中にさらに波がある構造とか、そのカウント法とかが改めて分かった。でも厳密に実践するのがものすごく難しいのがエリオット波動。大雑把に5波+3波構成がわかるだけでもかなり役にたつ。

(リンククリックでこのブログに投げ銭してください)

Saturday, August 6, 2016

瞬間英作文がやれない

読み放題で本をたくさん読むようになって、最近どことなくだるい感じがする。もう今月は元を取っているので読むのをやめてしまってもいいのだが、本を読まなくなったらWebやTwitterを検索して無駄に読むだけなので、それなら本の方が断然いい。

で、英語トレーニングはNHK英語は予定どおりやっているのだが、瞬間英作文が取りかかれない。前に書いた通り、CD音声でやる方法を採用して割と楽しかったのだが、最近また面倒くささを感じるようになってしまった。

自分の中で、「どうもリスニングもリーディングも、瞬間英作文に負うところが少ないような気が…」と思い始めていて、やる気が減退している。どちらかというと、NHK実践ビジネス英語の筆写の方がリスニングにもリーディングにも効果がある感じがしていて、無理に瞬間英作文をやらなくても良いかな、と思ってしまう。それに、瞬間英作文はスピーキングに効果がある、と言っても今は別にスピーキング能力は欲しいとは思ってない。元々の最終目標は「BBCやBloombergが聞ける」「洋書がサクサク読める」だからだ。

だが、せっかく青本を終わらせたのに、その後の本で途中でやめてしまうのは何となく勿体無いと思っているのも事実で、何か瞬間英作文を続けたいと思う何かがないかと思っている。

たぶん、NHK英語は復習のサイクルがしっかり出来上がっているのに対して、瞬間英作文は「1日に2課やる。復習は適当」としているのがいけないのだろう。やる気がない時は復習だけやっておしまいとかもあったし、ちっとも前進しないのだ。それがやる気を削ぐ原因の気がする。瞬間英作文も忘却曲線に従った復習サイクルを作るべきか?

あとは、1日の勉強量がNHK英語の復習とBBCのメモ取りリスニングでもう十分時間がかかっているというのがある。さらにそのせいで瞬間英作文を午後に回しても、最近Kindle Unlimitedのおかげで本読みに夢中になって、結局やらなかったりする。何かパッと切り替えする方法がわかればいいのだが、本を読んでいてハマると本当に没入してしまうので難しい。

とりあえず瞬間英作文の本は途中までやってしまっているが、また1からスタートした前提で、復習サイクルを構築するしかないだろう。

読んだ本:GTD、英語勉強法、翻訳、相場

昨日は4冊読んだが実りは少なかった。

翻訳で稼ぐ(300円)
大人になってからの英語勉強法(250円)
これからの相場はこう動く(1058円)
Evernote GTD(362円)

「翻訳で稼ぐ」は英語力が上がってきたので、英語をマネタイズする方法を模索したいという思いから。だいたいどんなことをすればいいかわかった。
「英語勉強法」は目新しいことはあまりなかったが、英語だけの合宿の話は面白かった。
「これからの相場」は比較的難しい上に分量が多かったが、飛ばし読みでだいたいの流れをつかんだ。ものすごい理詰めで危機感を持たせる内容で、全く自分の相場スタンスと違うのでちょっと困った。参考程度にしておく。
「GTD」は英語の本。実は無料だった時にダウンロードしておいたもので、最近やっと手をつけた。英語力が上がっているのか、割と早く読めるようになってきた。これで理解力がついていけば完璧なのだが。

Friday, August 5, 2016

kindle unlimitedで変わる生活

タイトルがなんだか「丁寧な生活」系のキャッチコピーのようだが、私はこの先こんな感じになりそう、という予想を書く。

実は読み放題が始まってから、暇つぶしのWeb検索をしなくなった。これまでも本を読んでいて「これは実際どうなんだろう?」と思った時に検索することはたまにあるのだが、本当に暇でTOEICの勉強法などを調べたりすることもあったのだ。それで、暇つぶし検索がなくなった。結局本として金を取る前提の文書はある程度のクオリティがあり、Webは本に勝てないのではと。
そして、相変わらずTwitterの検索はたまにしている。即時性の高い話題についてはTwitterアプリのキーワードを調べるのが一番手っ取り早い。ただ、即時性が高すぎて、物によっては3時間くらいでキーワードが消えてしまうが。そして、この超即時性と長期的な知識の間を埋める新聞雑誌の類がイマイチスタイルが固まらないかも。

生活リズムが大きく変わる危機にあったが、乗り切ったかもしれない。毎日5時くらいに起きて、6時にブログ書き、7時から英語トレーニングという生活をしていたが、読み放題で眠る時間がずれ込み、朝起きれなくなりそうになった。これはあまり良くないと感じていたので、いつも通りに軌道修正できてよかった。今の生活の優先度は英語が第一なので、とにかく生活を崩すのだけはさけたい。

本そのものについて言えば、とりあえず月額払えばそれからはタダで読める、というのは軽く興味がわいた本に手軽に手を出せるので、雑学知識を養うにはいいかなと。ただ、無料だからとあれこれ思うままに乱読していると、体系的知識は育たないかもなあ、とは思う。どうしてもシッカリした知識が欲しい時は、お金をちゃんと出して本を買うべきだろう。

話はWeb検索のあたりに戻るが、端末としてはPaperWhiteの使用率が上がった。そしてiPhoneの使用率が落ちた。iPhoneの画面が小さくて目の調子が悪くなるので、9月か10月のiPad mini5を買おうかと思っていたが、この調子でPaperWhite付いていると、別にiPadいらなくない?という感じになる。たぶんiPad mini5は買うと思うが、今までと同じでいいならひょっとしたらiPhone7にするかもしれない。あるいは全く買わないとか。


読んだ本:大家さんと個人事業

昨日もkindle本を2冊読んだ。

大家さん引退します。(648円)
漫画でわかる個人事業の始め方(1225円)

「大家さん」は大家さんシリーズの最終巻らしい。大家さんをしていて、トラブルに遭遇しまくり最終的に物件を売ったところで終わる。不動産投資について知りたかったのだが、わかったことは「不動産投資は心の弱い人にはできない」ということだった。ただ、相場でもあまり精神的にまいったりしないやり方はあるわけで、不動産もやり方次第かなあ、という気はする。特にこの本を読んだ感じだと、ローンを繰り返してカツカツでやっているので、相場でいうと信用や先物で追証入れまくってるのと同じに感じる。株でいうと現物取引のように、きっちり資金を現金で揃えていたり、もともと土地を持ってたりすれば多少は違うのではないかと思う。だが、不動産はどうも相場のようにはいかないと感じる。

「個人事業」については、私もかつて書いた「漫画+解説」タイプのハウツーもので、解説部分は素人目にしっかり描かれていると思う。ただ、各論でいうと不十分な感じがする。この本で全体の流れを知ったら、例えば事業計画書なら事業計画書の書き方の本に、税金なら白色なり青色なりの本に当たった方が良さそう。素人目に。


Thursday, August 4, 2016

読み放題で生活リズムを崩しそう

kindle unlimited初日の昨日の仕上げは、

学研マンガ スティーブジョブズ(500円)

だった。これで1日で1700円くらいになる。

ただ、いつも早く眠るのに、昨日はかなり遅かったと記憶している。時計を見なかったのでわからないが22時の時点でスティーブジョブズを読み始めたので、たぶん寝たのは23時頃だろう。それで今朝はちょっと起きるのが遅かったし、なんだかだるいしねむい。

普段の英語トレーニングができなくなるのはまずいので、今日はもうちょっとセーブしようと思う。1日1冊100円本だったとしても30日で3000円なので、十分元が取れるのだ。生活のリズムを崩さずに読書を1つ足す感じにしていきたい。

話は変わる。まだはっきり言えないが、やはり繰り返し学習して、意味がわかっている英文を聞き流すのは、ただの聞き流しよりも効果があるのかもしれない。BBCのBusiness Mattersのメモ取りリスニングがちょっとは聞けるレベルになった気がする。ガシガシメモを取るほど聞き取れていないのだが、各話題の導入の話は比較的わかるようになってきた感じがする。ただし、単に今まではBBCをだらだら聞き流していた延長で集中力がなかったのかもしれないが。はっきりは言えないが、やはり「わかっている英文」の効果は大きいと感じている。

それで、聞き流しに使っているNHK実践ビジネス英語の会話の音声だが、先日遅く感じると書いた。だが、BBCのスピードと比べてもそんなに遅いわけでもなく、意味を理解できる範囲内ならばこのスピードでも問題ないのではと思い始めている。もともとの英語の最終目標が「BBCやBloombergがわかるくらい」「洋書が読めるくらい」だったので、同じくらいの「実践」のスピードで意味を汲み取る訓練をすれば、自然と目標達成に近づくのではと。

Wednesday, August 3, 2016

kindle unlimited、1日で元を取った

kindle unlimitedの初日だが、以下の3冊を読んだ。

Macfan9月号 (648円)
ナニワ金融道なんでもゼニ儲けや(130円)
漫画でわかる1時間でハングルが読める本(486円)

Macfanは今まで全く読んでなかった雑誌だが、結構Macに限らないコンテンツが多く、満足度の高い1冊だった。ただし、PaperWhiteで読むとちょっと字が小さい。ナニワ金融道はあまりこう言うどぎつい話は好きでないのだが、たまには知識として読んでおきたくなる。ハングルの本は漫画で読みやすかったし、短時間で割と読めるようになったかもしれない。終盤の複雑な文字の構造になると自信がないが。

語学系で普段は手を出さなさそうな本が割と面白い感じなので、しばらくはより取り見取りで楽しめそうな感じだ。

価格は合計1,264円で、すでに980円の元が取れている計算だ。もちろん初月無料だが。ふと思ったが、電子書籍をunlimitedで売っていく策として、コンテンツが十分ならちょっと価格を高めにして逆の意味でお得感を出すというのもアリかもしれない。こんな高い電書がただで読めた、みたいな。ただし、単品では売れなくなるわけだが。

というか、価格から言って、毎月Macfanに目を通すだけで半分は元が取れる計算な訳で、目をつけている雑誌があるなら、それに少しお金を足しただけで好きなだけ読めるというのはお得だ。

ただし、かなり困ったことがあって、PaperWhiteのストアはUnlimitedに対応していないようで、読みたい本を探したりダウンロードしたりはMacのWebブラウザでやった。これはかなり不便だ。iOS系のAmazonアプリやkindleアプリもkindle本の購入はできないし、この不便さが解消できれば完璧なサービスな気がする。kindle端末のストアでunlimited本が買えるならば、PaperWhiteの3G版に買い直してもいいかもしれない。それこそ興味が続く限り無限に本を読める。

Kindle Unlimitedが始まった

kindle Unlimitedが始まった。早速初月無料で始めた。まだ読んでないが。

それで、大雑把にどんな本が無料なのか?ということなのだが、私の個人出版本はどうやら無料で読めるようになったらしい。で、その報酬についてはよくわかっていないが、プライムで読まれた場合と同じなのだろう。ダウンロードした人が読んだ量によって報酬が決まるはず。そういうわけで、今読んでみるとひどい本だと思うが、このブログに投げ銭していただけるならお願いしたい。

洋書もかなり充実しているようで、乱読するならかなり使えると思う。ただ、最近の心境としては「英語多読というよりは、繰り返し読みがしたいかなあ」という感じだが。最近はどちらかというと和書を乱読したい感じで、WebやTwitterを検索して時間をつぶすよりは、ちゃんと出版社の目が通っている本を読みたいと思っている。だから、今回は千載一遇のチャンスなわけだが。

ところで、オーディオブックの視聴はできないのだろうか?それも期待していたのだが。ちょっと探した感じだと、見つからない。

Tuesday, August 2, 2016

聞き流しのテコ入れ

何度も書いているが、普段BBC Radio4を聞き流していた。もう1年以上経つ。

で、これから方針を変えるのは大変に感じるが、聞き流しもテコ入れする。実は清涼院流水センセイの本を再読していて、内容については避けるが「聞き流しは絶対改善しないといけないな」と思ったのだ。それで、これまでBBCを聞き流していたのだが、これからはNHK実践ビジネス英語のビニュエットを聞き流す。

去年の11月号から今月8月号の前半までなので、ファイルは19個あり、総再生時間は2時間近くになる。これだけあれば聞き流しには十分だろう。

昨日その準備をして聴き始めたのだが、すぐに頭が緊張して「気持ち悪くない乗り物酔い」のような感じになった。多分これは聞き慣れて意味がわかる言葉が入ってきたので、頭が働き始めたのだろう。そういうわけで、この音声はBBCに比べて効果があると思った。

ただ、この音声の問題は、とにかくスピードが遅いのだ。聴き始めた頃は「なんて早い英語だ」と思ったものだが、今は「遅いなあ、とにかく遅い」と感じる。だが、英語の意味が取れない音声を聞いてもあまり意味がないらしいので、しばらくNHKの音声を聞いてみて効果を確認する。遅くてリスニング力が落ちたら、再生速度を上げるつもりだ。

全くBBCを聞かなくなるわけではない。英語トレーニングのメニューにBBC World ServiceのBusiness Mattersをメモを取りながら聞く、というのと、Radio4のSix O'Clock Newsをシャドーイングする、というのがある。だからBBCとは縁が切れないし、切る気もない。

Monday, August 1, 2016

歯の詰め物が

今日は適当に書く。

歯の詰め物が取れた。ガムを噛んだら「ガリ」と言って詰め物が取れてしまったのだが、昨日歯医者さんに連絡するのを忘れた。今日起きてから留守番に入れた。

話は飛ぶが、最近英語喉の影響だと思うが声が高くなったり低くなったりする。喉発音か?

で、高いのがいつもの調子なのだが、それだとキモいと思うようになってきて、低いとたまに人に伝わらなかったりする。で、留守電の時はたまたま低い時で、正直同一人物の声とは思えない感じなので、折り返しをお願いしたがかかってくるかわからない。

英語での喉発音はいいのだが、日本語での発音が不安定になってしまうのは、日本語ネイティブとしてどうだろうか?

昨日、弟の言動に腹を立てたのだが、今日に始まったことでもないし、弟のすることにいちいち腹を立てていたら健康に悪いので、昨日のことは忘れることにした。その上で、弟が本来すべきことと、自分が口出ししていいことの境界線を今一度引き直した方がいいと思い始めている。早い話がおいっこについてなのだが、おいっこに干渉する必要は全然ない、と感じ始めている。おいっこもそれを期待しているわけではないことがわかったし。夏休みの残り1ヶ月はうちにいる大きい方のおいっこの相手はしない。