Sunday, July 31, 2016

小田原城に行ってきた

ポケモンGoで小田原城まで行ってきた。いつの間にかメンツが3人増えたのだが、やはり小田原城はポケストップ(だったっけ?)がたくさんあり、ポケモンをやるのにちょうどよかった。

イングレスでは、「ど、どこに敵のエージェントがいるんだ!?」という感じを売り物にしていたが、ポケモンGoでは「あー、こいつら全員ポケモンGoだなあ」という感じでかなり牧歌的な感じがする。地元の駅でもたいてい人が何人かいるのだから、小田原城なんてかなりの量だった。昨日今日とお祭りだったのもあるが。

で、大人3人+付き添いの子供2人でビールを飲んで帰ってきた。昨日は生中2杯飲んでしまったので、ちょっと飲みすぎだ。

昨日NHK実践ビジネス英語の今日のノルマを終わらせてしまったので、今日はサボれる。だが、去年の11月号のテキストをやろうと思う。時間に余裕があるときに再び回し始めたのだが、11月号はすでに筆写も含めて8周目だ。NHK英語でここまでがっつり復習しているのも珍しいだろう。

Saturday, July 30, 2016

たった1日で暑さに

今日は寝坊してしまった。いつもなら午前5時くらいに起きるのだが、思わず6時すぎまで寝てしまったのだ。おとといに梅雨明け宣言があり、昨日はいきなりものすごくいい天気だった。そして暑い。それで夕方頃にすでに疲れていたのだが、一晩寝ただけでは疲れは取れなかったか。今日も驚くほど天気がいい。

実は昨日、NHK実践ビジネス英語の今日の分を終わらせていたのだ。だから今日はサボる気になればサボれる。今日は出かけるので、体力温存で英語の勉強をしない、という選択肢もあるが、今日はスケジュールされていないいつもやっているトレーニングをやり、さらに明日の「2ヶ月後復習」を前倒しでやる。

早くもTOEICスコアが待ち遠しいが、一体いくつになるのだろうか?4月の全然わからなかったのが705点だったのだから、多少わかるようになった7月は750くらいはとれてないとおかしいのだが、感覚的な理解とスコアは直結しないような気もする。さらに今回はトイレで離席したので、その辺の扱いが気になる。少なくとも、無効、ということはないと思うが。

Friday, July 29, 2016

英語の量が増えたような

昨日「キルミーベイベー」北米版は英語音声の音量が小さいかも、と書いたが、昨日再び観た感じだと特に問題なかった。おとといは英語の声優さんの声に慣れてなかったから、そう感じたのだろう。

で、これから毎日キルミーベイベーを見ることにする。内容が面白いので、日本語音声と英語音声を繰り返し見るのも全然飽きない。おいっこも結構気に入っていて、笑いながら見ているので(日本語音声で見ている時だけだが)、これは結構買った甲斐があったかもしれない。

それで、キルミーも含めて最近英語のトレーニングの量が増えているような。午前中は、

・実践ビジネス英語の筆写、音読、シャドーイング
・入門ビジネス英語の音読
・瞬間英作文
・BBCのSix O'Clock Newsシャドーイング
・BBCのBusiness Mattersのメモ取り視聴

午後は、

・英語喉
・Six O'Clock Newsシャドーイング
・キルミーベイベー視聴

となっている。ざっくり6時間以上英語に使っている気がする。いや気のせいじゃない。別に辛くはないのだが、あんまり頑張りすぎるとあとが続かないのではと。自分ではなんとも思っていないのだが、実際字に起こしてみるとものすごい努力をしているように感じる。これでTOEICのスコアが上がらなかったらかなり悲しい。800点は欲しい。

Thursday, July 28, 2016

書くことがない

今日は適当に書く。

「キルミーベイベー」の北米版Blu-rayが届いたので、1話を観た。日本語にすると割と普通に見られる。英語音声は声の音量が微妙に小さくて、ちょっと聞き取りづらい。英語字幕も日本語に合わせて切り替わるらしく、英語のセリフが終わってないのに切り替わってしまう。英語の勉強のために買ったのにちょっと困った。とりあえず日本語で最後まで観る。

追記:次の日に観た感じ、英語音声も音量に問題はありません。

昨日は酒の代わりにコーラを飲んだ。でもコーラはコーラで体に悪いので、ウィルキンソンのコーラフレーバーの炭酸水をポチってみた。コンビニは高い、スーパーでは売ってない、なので、Amazonに頼らざるを得ない。早朝注文すれば今日届くか?と思ったら、明日らしい。

昨日はおいっことポケモンをやった。それで、おいっこはポケモンがたいそう気に入ったらしく、今度小田原城まで行ってみようか?という話になっている。小田原城は田舎の割にポータル、じゃなくてポケストップが密集しているので。

スタンディングデスクを導入してしばらく経つが、かなり慣れてきた。今は立っているのがかったるい、ということもない。英語トレーニングを立ってやっているが、今では座ってやったら落ち着かないのではないかと思う。

そういえば、梅雨明けはいつなのだろうか?個人的には涼しいから別に明けなくてもいいのだが、農作物の育成に影響するので問題だ。

Wednesday, July 27, 2016

瞬間英作文テコ入れ

最近瞬間英作文ができてない、と今朝書いた。

で、何か変えないといけないと思い、今まで本を見て瞬間英作文をやっていたのを、CD音声でやってみた。瞬間英作文本「会話できる英文法大特訓」のCDのトラックは見開きごとに分かれているので、具体的には、

・1トラックをリピートにする
・「日本語→英語」で収録されているので、日本語を聞いたら英語が聞こえるまでに口頭で英文を言う
・完璧にできるまで1トラックを繰り返す。

という感じだ。以前瞬間英作文をもっと瞬間でやりたい、という思いはこれでついでに実現できそうな感じだ。CDの音に合わせて英文を言わないといけないので、瞬間にならざるを得ない。

で、すでに1/3くらいを1周やっているのだが、また1から始めるつもりでやることにした。1日3トラック進めばいいと思うが、無理そうなら1日1トラックでも構わないことにした。続くことの方が大事だ。

3日連続で飲んでしまった

TOEICが終わってから、すぐに昼酒でギネス1パイント飲んだのがいけなかったのか、アルコールが止まらない。

昨日も夕方になってからウイスキーを2杯飲んだ。さすがにそろそろやめた方がいいと思うのだが、なんとなくやめがたいものがある。先週ちょっと飲みたかった時はコーラでごまかしたので、今日飲みたかったらその手で行こうと思う。さすがにタバコを切らした時のような強いアルコール欲求はないので大丈夫だと思う。

で、TOEICのスコアが出ない限り、今の英語トレーニングの方針は変えようがないので、最近のことについてはあまり書けない。が、実は最近、瞬間英作文をあまりやっていない。英語喉とSix O'Clock Newsのシャドーイングと瞬間英作文を午後に回すようにしているのだが、瞬間英作文だけなんとなくやらなくなってしまった。英語回路を作る上で割と重要なトレーニングなので続けたいのだが、どうも新しい本にしてから1日の量を増やしたのがよくなかったのか、やるのが億劫になった。これなら1日3ページなんて欲張らずに、1ページづつゆっくり進めることにしておくんだった。

昨日ふと、24日のTOEICでのリーディングのある問題がむちゃむちゃ簡単だったのに迷ったことを思い出した。正確な言い方をすると、迷った問題を思い出して、それがむちゃむちゃ簡単だったと気付いた。どう回答したかは忘れたが、これができてないとかなりスコアが落ちそうな気がする。TOEICスコアが減点法なのか、加点法なのか知らないが。

そういえば、北米版「キルミーベイベー」は今日到着だ。郵政なので配達ルートの問題で多分夕方になるだろう。予定では昨日から毎日1話英語で見るつもりだったのだが、予定が変わってしまった。

Tuesday, July 26, 2016

店で飲む方がおいしかった

昨日はなんとなくギネスが飲みたかったので、コンビニで缶のものを買ってきた。近所のスーパーには黒ビールというもの自体なかった。で、2本飲んだ。ほぼ1パイント。コツは缶で飲まずに注いだら119.5秒待つそうだ。以前買ったタンブラーはこういう時に役にたつ。

で、美味しいことには美味しいのだが、どうも店で飲んだのとはちょっと違う。店で飲んだ方が美味しかったのだ。理由ははっきりしないが、つまみのせいだろうか?チーズをかじっていたのだが。その後すぐに夕食になったので夕食をつまみに飲んだのだが、和食はギネスと合わないのはわかった。

ちゃんと視聴してから書こうかと思ったが、キルミーベイベーというアニメの北米版Blu-rayをポチった。今日届く。値段もお手ごろだったので、なんとなく前から気になっていて、予算があるうちに買ってしまおうと買ってしまった。スクリプトがないので英語の勉強になるかはよく分からないし、そもそも日本のBlu-rayプレーヤーで英語音声を出せるのか?という不安はある。でも、レビューで「勉強になりますよ」と書いてあって、まあ大丈夫だと思ったのだが、どうなるだろうか?あまりお金を使わないBBCに頼った方が良かっただろうか?

キルミーベイベーがリスニングに問題ないようなら、この北米版Blu-rayを買いまくる、というのもいいかもしれない。

Monday, July 25, 2016

TOEIC明け

昨日はTOEICの後にギネス1パイント、ウチに帰ってからウイスキー水割りダブル1杯という感じで大層酔った。ギネスとフィッシュアンドチップスはかなりおいしかった。

弟一家がウチに来て、みんなで夕食を食べた。そういえば、大きい方のおいっこはポケモンGoの設定を頼めたのだろうか?おいっこのiPhoneはもともと私のもので今のSIMはダミーだったはず、さらにいえば端末がソフトバンクのもので私の使ってない格安SIMは貸せないので、まあポケモンは無理だよねえ。

そういえば、TOEICの試験会場に着いたのがかなり早かったので、しばらくポケモンGoをやったのだが、ポケモン3匹くらい取れた。さらに、やはり都市部の方がポケストップが多いこともあって、かなり楽しめた。ポケモンが取れてかなりニヤニヤしていた。観光地で不審人物になってしまった。

で、酔っ払って寝て起きたのだが、割と体調はいい。出だしでビールをゆっくり飲んだのが良かったのか?

今日からまたいつも通り英語トレーニングをする。音読・シャドーイング・瞬間英作文・英語喉だ。とりあえずスコアが出て、それがものすごく悪くない限り、今のトレーニングメニューを続ける。仮にスコアが悪かったとして、別のトレーニングなんて考えられないのだが。

Sunday, July 24, 2016

4月よりはマシになった

TOEICを受けて、ギネスを1パイント飲んで帰ってきた。

今回の試験の感想は、「4月よりはマシになった」という感じか。4月のリスニングはさっぱりわからなかったが、今回はある程度余裕をもって解けた。リーディングは5問塗り絵だったが、3問くらい適当に潰した以外はしっかり解いた。

今回特筆することといえば、リポDのせいかトイレが我慢できなくなり、Part6の途中でトイレに行った。それで5分無駄にしたがリフレッシュになってそれ以降疲れずに回答できたと思う。

スコアは正直予想できないが、700台だったらいいなあ、くらいか。

TOEIC当日だが

TOEIC当日だが、いつも通り適当に書く。

「自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで、今日の出来事を4コマにする」略して「ルツインテ」の3巻を買った。ネット漫画はネットで完結する主義だが、この巻は海外旅行の話を掲載しているので買った。1巻2巻は手元にない。ただ、思ったより海外旅行の分量が少なくて、全体的にはここ1年の連載?の総集編という感じだった。この漫画の教訓は「アメリカに行くと野菜が食べられない」だった。

昨日はおいっこの宿題の計画を立てた。「土日に休んでも1日これだけやると、学校が始まる1週間前にドリルは終わる」というのを示しただけだ。作文や習字などは母に任せていて、その母は元国語の先生の近所の人に週1の家庭教師を頼んでいた。

おいっこの宿題の監督をしていると、おいっこ本人よりも私がサボらせようとしてしまう。つまらなくて話をしてしまうのだ。だから、開始時に一緒にいるようにするが、やっている最中は自室に引っ込んでいることにした。問題なのは最初のとっかかりでゲームから離れる事なので、勉強を始めたら集中してできるだろう。

TOEICは今日までにした対策は、普段の英語トレーニングを抜きにすると、

・新形式対策模試2回分とリスニング1回
・文法特急1周
・Part1,2特急途中まで(飽きた)
・Part3,4特急途中まで(飽きた)

だ。ほとんどやってないに等しいが、もともとの戦略が「英語力が上がればスコアも上がる」なので、今日はコツコツと続けてきた音読トレーニングの成果を見る日だと思うべき。しかし、これまでの模試の成績から見た英語力の伸びは前回とほとんど変化なし(実感としては英語力は伸びているが)。だからスコアは700を維持できていれば良いと思っている。前もってそう思っていないと、毎日休みなく努力したのにスコアに変化なし、となった時に悲しすぎるからだが。

Saturday, July 23, 2016

ピカチュウはまだ

そういえば、Pokemon Goが日本でもリリースされた。

で、話のタネにインストールしてみたのだが、ベータテストの時に比べてちゃんとプレイ出来ている。ポケモン2匹ゲットした。自宅で。

twitterにあった画像のように、私の地元は田舎なのでポケストップがほとんど無い。だが、ゲーム内の視界の範囲内にジムとポケストップがあるので割とマシな方だと思う。Ingressのポータルの位置が頭に入っていれば、そのどれかがジムで、どれかがポケストップなわけで、かなり有利にゲームが進められるだろう。

で、夏休みでおいっこがウチに来ていて、ポケモンGoをやりたいと言っていたのだが、おいっこのアカウントが作れなかったので、当分は諦めてもらった。大人はGoogleのアカウントでプレイできるのだが。

TOEICに必要なもの

昨日TOEICの準備をする、という話を書いた。

で、実は受験票に必要なものが書いてあるのだが、1つ忘れていた。それは、

・身分証明書(運転免許証など)

だ。これがないと受付してもらえないはず。あとは昨日書いた通りでいいと思う。

結局前日になっても公式問題集のリーディングができていない。もうこだわっていてもしょうがないので、このまま受験してしまおうかと思っている。リーディングの作戦は「奇をてらったことをせず、頑張って早く読む」ことに尽きるので、それならすでに試してあるので今更やる必要もないかと。

リスニングは7割は取れるので、リーディングも7割とって700点以上を維持することを目指す。一時期700後半は行けるとか言っていたが、模試の素点で7割なら700ちょっと上から変化なしだと思う。残念ながら。

数日前から困っていた痔だが、今朝はかなり調子がいい。ただ、今日もスタンディングデスクで立ちっぱなしだと、痛くなりそうなので、当分薬は必要だと思う。実際立っているのはせいぜい3時間から4時間くらいなのだが、体には結構きついことがわかった。原因だと思っていたトムヤムクンヌードルは、別に原因でもなんでもないようで、毎日食べていても問題なかった。

Friday, July 22, 2016

結局原因はわからないが

TOEICは明後日に迫っているので、今日あたり準備をしておこうと思う。前日に準備しないのは、もし足りないものがあったら次の日に余裕を持って準備できるからだ。どこかのTOEICブログで読んだ。

必要なものは、

・受験票(写真貼付けと署名はしてある)
・腕時計
・鉛筆
・消しゴム
・TOEIC例文700選
・ヴィダーインゼリー
・アクエリアス
・リポビタンD

くらいだろう。リポDは別にいらないかもしれないが、4月の試験でヴィダーインゼリーを食べてから試験を受けたら調子が良かったので、7月も試してみる。

さらに、電車移動の予定を立てるべきだ。今回は近場なのであまり難しく考える必要はないが、「最寄駅でだいたいこの時間帯の電車に乗る」という心づもりはしておく必要はあるだろう。11時30分に受付が始まって、12時30分に受付が終わるので、余裕を持って11時30分前後に着くようにするべきだろう。で、着いたらヴィダーを食べて、リポDを飲む。

昨日、痔が悪くなってきた、と書いた。で、薬を使っているのだが、朝夕と使ってみたらだいぶ良くなったように感じる。劇的な効果は見られないが、昨日よりは立ってタイピングしていても辛くない。

結局原因はわからずじまいだが、立ちっぱなしが原因ではなく、好きでほぼ毎日食べているトムヤムクンヌードルが問題のように感じている。辛いので。

喉の痛みは無くなったが

英語喉のトレーニングが続いている。

まだ、たまに息を吸い込みながら発音をしないと、喉発音の感じを見失う。

これまでのところ、

初日:Lesson1-Lesson5
2日目:Lesson1-Lesson10
3日目:用事があったので休み
4日目:Lesson1-Lesson10
5日目:Lesson5-Lesson14

という感じで、ちょっとずつ前進している。ちなみに4日目がなぜ15までやらなかったかというと、14が終わった時点でものすごく喉がイガイガしたからだ。喉が痛いわけではなかったが念のため中止した。

それで、英語喉トレーニングが終わった後、BBCのSix O'clock Newsをシャドーイングするようにしているが、ちゃんと喉発音できているかは正直わからない。Youtubeの英語喉動画を見る限り、南関東の私は喉発音が難しい人種のはずで、かなり気長に取り組まないといけないのがわかる。

英語喉でリスニングが良くなる、という話は実感としてはわからない。もともと半年間の音読とシャドーイングで、音だけは聞き取りやすくなったので(脳内イメージ化はまだ十分ではない)、英語喉のリスニングへの効果がわかりにくいのだ。

TOEICのリスニングのスコアが突然あがったら英語喉の効果があったと言えるだろう。先週末に公式問題集のリスニングだけやって7割だったので、推定リスニングスコアは350点くらいだ。ここから明後日の本番試験でリスニング400以上取れたら明らかに英語喉の効果と言えるが。今日試しに同じ問題をやり直したらどうなるか試してみるのもいいかもしれない。やる気があれば(めんどくさいので多分やらない)。

Thursday, July 21, 2016

適当日記が続く

TOEICは3日後に迫っているが、結局公式問題集のTest2のリーディングを全くやっていない。ちょっとはやった方がいいと思うのだが、いつも週末に模試を解いていたので、平日はどうもやる感じにならない。TOEICスコアが出るのは楽しみだが、TOEICの試験そのものは3回目の試験を前にしてどうもイヤになっている。やらないで済むならやらない方がいい。そもそも私は仕事でスコアが必要とかじゃないから、すっぽかしてもいいのだが、受験料が勿体無いのでサボるわけにもいかない。

最近スタンディングデスクで立ちっぱなしのせいか、痔が悪くなり痛い。ドラッグストアで買った薬を再び使い始めたが、やはり立っている時の力の入れ方が悪いのかわからないが、どうも良くない。「これ以上悪くなったら病院に行かなくては」と思っているのだが、(スタンディングデスク以外の)明らかな原因がわかればそれを取り除けばいいわけで。実は最近マメに食べているトムヤムクンヌードルがいけないとかだろうか。辛いから。

英語喉の注目度が高いことがわかった。2つの記事のアクセスを見た感じだと。でも、それに合わせたネタなどそうそうないし、自分自身明確な効果についてはわかっていないので、これ以上は「変化があった!」と喧伝するわけにもいかず。まあ、いずれ変化があればいいなあ、くらいか。ただ、昨日の変化っぽい変化といえば、英語喉トレーニングの後コンビニでレジの人と話をした時、自分の声がなんだか変だった、くらいか。

Wednesday, July 20, 2016

英語喉による変化

英語喉だが、慣れないうちは1日20分以上練習してはいけないことになっている。

でも、一旦喉を使うことがわかると、自然と喉を使ってしまう。だから音読訓練をしていたら自然と喉を使って2時間くらいは経ってしまうわけで、最初は平気だったが最後の方で喉が痛くなってきた。まだ深刻なレベルではないが、「やっぱ喉発音なし」とはいかないようで、ある意味困った状況になってきた。で、今もなんとなく喉に意識を持って行ったら、喉がヒリヒリした感じがする。

で、普段の自分の声にも変化があった気がする。身近な人には「変わってないんじゃない?」と言われるのだが、自分の体感として自分の声が変わった。もともと高くて嫌いだと思っていた自分の声なのだが、微妙に低くなったと感じる。喉発音をしている意識はないのだが、ちょっと変わったのだろう。

あの英語喉の「バカにしてんのか?」という感じの練習法で、こんな急激な変化があるとは思わなかった。だが、実際こうなったわけで、これでTOEICを受けたらどんな変化があるか楽しみではある。だが、リスニングに変化があったとして、全てが英語喉のおかげではないとは言っておく。その前の半年くらいずっと音読していたのだから、英語喉が全てだと思ったら自分の努力がかわいそうだ。

Tuesday, July 19, 2016

そういえばアルコール依存はどこに

半年以上、狂ったようなアルコール欲求がない。

具体的には、タバコが切れた時のような強いアルコール欲求だ。ここしばらくはたまに酒は飲むものの、強く飲みたい感じはない。本当に「たまには飲むかな」程度だ。

で、原因が気になるわけだが、たぶんアルコール依存ではなくて、去年の秋にやめた処方薬のせいでアルコール依存のような状態になっていたのだと思う。具体的にはベンゾジアゼピン系というやつなのだが、あれはヤバい。やめた時の辛さは、タバコよりは酷くないが、CBDオイルで気をそらさなければたぶんやめられなかった。なんでアレを何年も飲み続けなければいけなかったのか、さっぱりわからない。

そういうわけで、これははっきり言って薬害だと思うのだが。

英語を聞いて笑えた

昨日ダメだったことが2つと、良かったことが1つ。

昨日はTOEIC模試をやらなかった。この調子だと試験までやらないのではないだろうか?一応5月6月に2回やっているので、試験慣れについては問題ないと思う。が、4月の試験の時はだいたい1週間前くらいだとかなり推定スコアが出てなくて焦っていた記憶がある。今は模試の推定スコアと実際のスコアはかなり違うということがわかっている。だから、そんなに真剣にならなくても平気になってしまったのだろう。

一昨日、英語喉についてちょっとやって、自分の発音を聞きたくなってICレコーダでシャドーイングをしているのを録音してしまったのだが、全然しゃべれてなかった。シャドーイングもオーバーラッピングもまともに喋れていない、というか、自分が何を言っているのかさっぱりわからない。これは結構ショックだった。別に喋れていなくてもリスニングを繰り返したことで効果があったのか、何を言っているのかわからないくらい下手でも、喋るという行為に意味があるのか、どちらなのかはよく分からない。急に今後の方針を変えてもうまくいかないだろうし、これからも下手なシャドーイングを続ける。下手かどうかは別として、声を出すのは気持ちいいのだ。それに誰も私の変な英語を聞いていないので。

良かったこと。ウイスキーを飲もうとして、何か面白いものを聞こうと、BBCのコメディを聞いてみたのだが、自分で思っていた以上に理解できた。「私はこの英語がわかる」というのが私の妄想でなければ。で、酔っ払いながら英語を聞いて笑う、という数ヶ月前までは信じられない状態になった。もちろんまだ英語がわからない部分はあるのだが、理解できる範囲内では笑える。

ここ数日のトレーニングで何が良かったかわからないのだが、英語喉が良かったのだろうか?それにしては、普段から音としては十分に認識できていたわけで、英語を意味化(イメージ化)するのに英語喉が役にたつとも思えず。まあ、日頃の努力が実ったのだろう。

Monday, July 18, 2016

結局TOEIC模試をやらなかった

今日も適当に書く。

来週はTOEICの公開テストがあるが、結局昨日は模試のリーディングの方をやらなかった。土曜にリスニングをやったので、日曜はリーディングをやろうと思ったのだが、ちょっと用事で街まで出たので、疲れてやる気がなかった。今日はやろうと思う。

何しに行ったか書いてしまおう。メガネを新しくしてきたのだ。本当はフレームはそのままで、レンズを変えようと思っていたのだが、店に行ってなんとなくフレームを見ていたら、「これいいなあ」というものがあったので結局フレームも変えてしまった。で、矯正視力でも0.4くらいしか出てなくて、2段階度を上げた。で、視界はくっきりしたがなんとなく違和感を感じている。しばらく慣れないとダメだろう。

TOEIC模試はやらなかったが、英語喉はやってみた。冒頭からしっかり読み、Lesson3か4あたりまでやった。で、喉を鳴らす仕組みはわかった。ただ、そのやり方で発音しても(自分ではできていると思っていた)、録音してみるとあまりしっかりした発音でもなかった。この先喉を使って発音していれば変化があるのだろうか?

昨日は小さい方のおいっこが来た。ちょっとずつ話せるようになっているような気がする。時々、今何か喋ったよね?と思うのだ。だが、まだ私の前では「ぱ」とか「ば」とか単音を言っている感じで、もうちょっとかなあ、と思う。

Sunday, July 17, 2016

音読筆写ってやっぱり良いのか

昨日は清涼院センセイの本を読んだ。「努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法」という本で、英語4スキルの向上する、あるいは向上しない勉強法を対比させて紹介している。

で、この本はすぐに読み終わった。分量的にはちょっと物足りない感じだが、勉強法の話を読むのはなぜか楽しい。それで、私自身の勉強法について書いてあったり書いてなかったりするのだが、「筆写はリスニングに効果がある」というのを見て、やっぱりそうなのか、と思ったり。

英語の勉強法の本は、モチベーションの維持には結構いいと思う。自分の勉強法の軌道修正もできるし、自分だけが英語を勉強しているわけじゃないとわかるのが、なんとなく安心する。

で、英語喉が届いたのだが、事前にLesson1から5までを重点的にやるべし、という話を知っていたので、ペラペラと内容を見てみた。そして、これがあの感情的なレビューの理由か、と思った。「ネイティブの真似をして日本語でしゃべりましょう」とか、ふざけてるのか?と怒り出しても仕方ないだろう。でも、この本の低評価をしている人は、私が普段やっている「音読を繰り返しましょう」という勉強法でも、そんな当たり前の勉強法ありえない、と言い出しそうだ。先入観だが。
このトレーニング法の正しさを証明するには、とにかく試してみないわけにはいかないだろう。

あとは英語喉で不評なのはCDだが、とりあえず今日の午後あたりゆっくりトレーニング法を確認しつつ聞いてみたいと思う。今日はTOEIC公式問題集のリーディングをやらないといけない。

そういえば、最近フランス語に力が入っていない、というか全然やってない。英語をある程度モノにしないと、フランス語に注力するわけにもいかず、という状態なのだ。どっちつかずになってしまうのがイヤなので、結局英語に注力することになってしまう。本当に英語に飽きてしまわない限り、短くても年が明けるくらいまでは続けたい。できれば来年の今頃くらいか、2018年の年明けくらいまでは続けたい。そのくらいになれば少なくともTOEIC800点以上は行くだろう。

Saturday, July 16, 2016

やはりリスニングはイメージ化が問題

久しぶりにTOEIC公式問題集をリスニングだけやった。
新形式のTest2だ。

Part1 6/6 (100%)
Part2 15/25 (60%)
Part3 27/39 (69%)
Part4 22/30 (73%)

合計 70/100 (70%)
で、某サイトでもらってきた推定スコア表によると、予想スコアは360になる。

もうTOEICへのモチベーションがなくなってきていて、適当に解いた。そして、正直、直前になってこのスコアは良くない。4月の試験からさほど変化がない、というか減っている。推定スコアの尺度が旧形式ベースになっているから、ちょっと違うかもしれないし、4月も推定600前後で実際は705だったわけで、実はもっと良いスコアな可能性はあるが。

公式問題集の音声の速度などが実際と同じとは思えないのだが、仮にそうだとしたらTOEICの音声はゆっくりに感じる。それは間違いないが、聞いた音声を脳内で意味化(イメージ化)する処理がしっかりできてないと思う。問題の解き方がかなりいい加減になってもこのレベルが維持できているのはすごいとは思う。でも、解き方がかなり変わってしまったので、リスニング力は別の次元に行かないといけないと思う。イメージ化がどれだけできるか、が今後の課題だろう。前から課題だったが。

あえてやるべきトレーニングをあげるとしたら、コンテンツ・シャドーイングと瞬間英作文だろうか?

今やっているもので言うと、NHK実践ビジネス英語で音声に合わせて音読する前にしっかり精読するとか。今まで初見の時は精読していたのだが、復習の時はもうわかっているだろうと思って精読の復習はしなかったのだ。だが、やっておいた方がいいと思う。で、音読の時の意味の脳内イメージ作りをもっとしっかりやるべきか。
さらに、瞬間英作文はもっと瞬間で英文が出ないとダメだろう。今は瞬間というよりは、口頭だけど手で書いているのと変わらないレベルな気がする。
BBCの音まねシャドーイングはもう必要ないかも。音読筆写はリスニングに効果があるかはわからないのでなんとも。BBCのメモ取りリスニングは続けてもいいと思うけど、効果があるかは不明。

あと気がついたのは、もうリスニング1回やったくらいでは疲れない、ということか。でも、今日はもうやる気がしないので、余力があったら問題の見直しをする。たぶん見直しても「これ楽勝のはずなんだけどなあ」と思うだろう。たぶんだが。

NHKもいい加減だなあ

来週からNHK英語は8月号をやる、と書いた。

それで、今日のうちにCD音声のMP3を買おうと思ったのだが、NHKのダウンロードサイトでは未だに発売になっていない。ちなみにAmazonでは発売になっている。5月にAmazonになくて、NHKにはあったのと逆になった。来週の月曜から使いたいので、週明けの火曜から発売だとすると、またAmazonにもどらないといけなくなる。どの号がどっちで、ということがわからなくなりそうなのでちょっとイヤだ。これならちょっとカネがかかっても物理的にCDを買っておくべきだった。

それで、今「英語喉」という本を買おうか迷っている。Youtubeの動画で著者のレッスン動画があるのだが、面白そうなので買ってみようかと思った。だが、ネットで調べているとなんだか論争の種になっているようだ。ネットでイヤなことといえば、粘着質に誹謗中傷を受けた、という話を聞く事だ。そういう話を聞いただけで、「なんで自由にさせてくれないんだろう?」と思って胸がムカムカする。だからネットで対立している、という話を聞くだけでどっちサイドの人も嫌いになってしまう。対立したりとか、粘着質に中傷しているのを見てしまうので、2chもTogetterも見なくなった。

それと同じ感じで英語学習関係のサイトでたまに見かける「◯◯は意味がない」という記事は本当に読んでいてイヤになってくる。音読は意味がない、とか、シャドーイングは意味がないとか、少なくとも私は効果があったぞ、と思うのだ。それに類する話で、英語関係で私の目で「これは効果がありそうだ」と思うものは、たいてい変な批判を受けているのだ。まるで他人の英語力向上が不愉快かのような、あるいは本当に無思慮な批判がされている。

ああ、そう考えると「英語喉」は多分意味がある。レビューを見る限り、理路整然と高評価されているのに対して、かなり感情的に低評価されているのだ。買おう。

Friday, July 15, 2016

すごくだるい

VRの話を書いたが、結局VR酔いがひどくてもう使うのイヤだなあ、と思うようになってきた。ヘッドセットは大事に取っておけばまた使いたくなった時に役に立つだろう。この歳になってVR酔いがどうとか、ある意味すごいとは思うが。

レバレッジETFは急激な上げだったので、一時は「三空になるのでは?」と思った。が、ここ数日いい感じに75日線でウロウロしてくれた。今はCME日経平均先物でも16500円を超えている。来週どうなるかわからないが、それを言ったら今日どうなるかもわからないが、もう持ちっぱなしと決めたので、しばらくは一喜一憂せずに見守る。

今日も5時に起きたが、なんだかだるくて布団に戻って横になっていた。ちっともだるいのが治らないので、結局起きだしてこの文章を書いている。梅雨のせいだろうか?

そういえば、禁ニコチンが1000日超えた。もういちいちカレンダーに書きいれる必要もないだろう。

3連休を過ぎたらもうTOEICは目の前だが、これといって対策をしようという気にならない。17日18日で1回くらい模試をやったほうがいいだろうと思う。だが、どうもTOEICそのものがどうでもよくなってしまい、頑張ろうという気にならない。英語力は最近あんまり変化がない気がする。

Thursday, July 14, 2016

Amir VRヘッドセットでお安くVRを試してみた

以前からVR関連の記事を見て、ちょっと気にしていたのだが、今日やっと試した。

ただし、PSVRなどの高級なデバイスは買えないので、iPhoneを装着することでVRを体験することのできる、VR眼鏡(?)を試したのだ。事前に調べた感じだと、「VR眼鏡はどこのものを使っても大ハズレはない」という話だったので、

・iPhoneで確実に使えるもの
・眼鏡使用可能なもの

に絞ったところ、Amirというところのゴーグルが良さそうだったので、とりあえずそれを注文した。で、今日届いた。

このゴーグル以外に以下のものを用意する。

・iPhone(Android端末でも多分大丈夫、というかVRはGoogleが先らしいが)
・VR対応アプリ(Youtube、ハコスコなど無料なものが多い)

感想としてはまず、眼鏡は必要なかった。私はかなりの近視(0.01以下)だが、このゴーグルは眼鏡なしでも楽しめた。眼鏡をつけても使えたが、下に書くようにつけたりはずしたりするので、眼鏡は邪魔だと思う。この辺は他のメーカーのものだとどうなんだろうなあ。

Amirゴーグルの感想ではないのだが、コンテンツを表示させるのにイチイチiPhoneを出したり入れたりしないといけないのが面倒、ということがある。例えばYoutubeでCardboard対応コンテンツ(要するにVRコンテンツ)を普通のアプリ画面で検索して、再生してCardboardボタンを押して、iPhoneをヘッドセットに入れて、かぶる、という行為を繰り返すのは面倒に感じる。つまり、iPhoneをヘッドセットに入れて、頭に装着したらそのまま選択したりができるようになるべきだと思う。この辺は、しばらく使ってみた感じだと慣れだと思うし、この先スマホVRが進化すれば変わっていくと思う。たぶん。

あと、Youtubeの時は問題なかったが、ハコスコアプリでVRコンテンツをダウンロードした時、iPhoneの容量が足りなくなった。ただし、私の端末は16Gだ。VRは容量を食うらしいので、アプリによっては容量不足になる。ただし、Youtubeならその都度ネットからデータが来るらしいのでまず問題ない。

さらに、酔う。昔はDoomなど3Dゲームにはまっていて、いわゆる3D酔いには慣れていたのだが、結構酔う。私は酔ったが戻すほど辛くはなかった。しかし、最初は念のため空腹時に試した方がいい。

あとは、気になるのは最初だけだが、このゴーグルは光が中に漏れるんだなあとは思った。さらに、iPhoneが結構熱を持つ。

で、肝心のコンテンツの面白さだが、日本のコンテンツがまだ多くないのでなんとも言えない。攻殻機動隊や初音ミクの動画がありそれなりに楽しめる。英語に抵抗がなければもっとたくさんのコンテンツを楽しめる。ただ、やっぱりPSVRとかの方がもっとすごいんだろうなあ、とは思う。でも、とりあえずお気楽にVRを試したいなら、このAmirクラスか1000円くらいの段ボールのゴーグルを買ってみて試すのがいいと思う。

来月からもNHK英語

今日も適当に書く。

今日はNHK実践ビジネス英語のテキスト発売日だ。8月号。実は昨日で7月号は一通りやっていて、復習以外は来週から8月号をやる。去年の11月に始めた時はこんなに真剣に続けるとは思わなかったが、これのおかげでTOEICのスコアは伸びているのだから、かなりありがたい存在だ。

前からVRが気になっていて、最近身近なデバイスでもVR対応し始めているので、なんちゃってVRなガジェットを注文した。まあ、iPhoneで使えるVRメガネだ。今日届くが実はものすごく楽しみにしている。

昨日は母の荷物持ちで弟宅に行ってきた。おいっこの小さい方を見たかったからだが、なんだかものすごく賢い子、というか、いたずらっ子になっていた。あと、ちょっと喋るようになってきた。知恵が喋りよりもいたずらが先になっていて、この先どんな子になるんだろう、と思う。どうなるんだろう?

Wednesday, July 13, 2016

日経平均がジャンプアップしてますが

今日は適当に書く。

まず、ここしばらくあった収入の問題がなくなった。これで当面かなり楽になった。今後は何の憂いもなく英語トレーニングができる。が、そもそも英語トレーニングはいつまで続くか?という問題もあるわけだが。

次。日経平均のレバレッジETFを前に買ったが、特にこのブログで書かずに3月か4月に売っていた。で、虎視眈々とタイミングを狙っていたのだが、昨日再びレバレッジETFを買った。昨日の先物の夜場がかなり不安だったのだが、しっかり上がっているようで、あとは年単位で持ちっぱなしでも大丈夫だろう。というか、上昇の勢いがありすぎて、反動で下がらないか心配なのだが、もう持ちっぱなしと決めた。だから含み損になったらしばらく株価は見ないし、利益になってたら素直に喜ぶ。

次。Pokemon Goがアメリカで人気らしい。実は私はベータテスターだったのだが、遊び方がわからずにモンスターボールを全部消費してしまい、その後全くプレイしていなかった。だからこのゲームの面白さがわからなかった。だから、任天堂株を仕込もうという思考は生まれなかったし、儲かった人にはおめでとうと言いたい。ただ、ゲーム画面のかっこよさは同じニャンテックならIngressの方が上だと思う。Ingressの製造元は「ナイアンテック」と呼ぶのが正しいはずだが「ニャンテック」と言うのが気に入っていた。猫っぽくて。

「40社受けて全滅なのは本名ブログに」なんちゃらというブログ記事を読んで、「あ、私は大丈夫だろうか?」と思った。このブログは良いことも悪いことも書いているので。本名は出していない。だが、たまたまバレちゃった、ということがあれば、転職活動でこのブログを読まれて申し込んだところ全滅、何てことになりかねないわけで。それでしばらくかなり胸がムカムカしていた。

Tuesday, July 12, 2016

広告の設定を変えてみた

で、前の記事で書いたのは、マーケティングの本だったので、ちょっと自分のブログの広告設定をいじろうと思った。

で、ヘッダ部分に広告を設定してみた。これは簡単に設定できるようになっている。

ただ、Macで見る限り、ブログの見た目がかなり悪くなってしまったので、あまりに自分的に「なし」だったら、元に戻すか対策を考える。

自分の電子書籍が恥ずかしい

昨日は夕方からkindleで本を読んでいた。

金がないなら頭を使え頭がないなら手を動かせ」という本で、個人出版の電子書籍だ。だが、著者はかなり能力と経験のある人だ。本の分量もものすごく多く、すぐ読み終わると思っていたら、5時間近くかけても半分行かなかった。それで400円くらいなのだからかなりお得感がある。私はAmazonプライムで無料で読んでいるのだが。

それで、99円とはいえ、私の電子書籍の内容の薄さが恥ずかしくなってしまった。「金がないなら」で書いてあるように、「手厚いサービスで高収益」を狙うのが上策だと常々思っていたのだが、実際やっているのは半分詐欺みたいな内容の安値売りで、自分が嫌になってくる。ブログを読んでくれる人がブログへの投げ銭のつもりで買ってくれれば良いか、と思っていたが、それにしても商品として成り立たないのではと。

最近本当に、「本当に人のためになろうと思うから、人が集まるのだ。売れるのだ」と思い始めていて、儲けたもの勝ちなネットビジネスの世界を基準に考えるのがものすごく恥ずかしいことだと思い始めている。本当に良いものを作ろう、という意欲がないなら、そもそも(電子書籍とはいえ)作家なんて名乗っちゃいけないのだと思い知らされた。

Monday, July 11, 2016

スタンディングデスクは慣れた

スタンディングデスクに変えてから3日くらい経ったと思う。

今のところ、立ちっぱなしは嫌だ、ということはない。念のためちょっと座れるように丸椅子をスタンディングデスクの下においてあるし、普段座っている座椅子は今まで通り使っている。だから、1日の半分以上は相変わらず座って過ごしている。

立って机に向かうと何かいいことがあるのか?というと、正直今の時点ではわからない。ただ、毎日座りっぱなしで過ごすよりは、体を使っているので体にはいいような気がする。あくまで気分的な問題だが。

これがしばらく続くようなら、急ごしらえで作った机の支柱を補強しようと思う。ホームエレクタで作ったのだが、長い支柱がテコの原理で天板の固定部分を壊してしまう気がする。1枚真ん中に天板を入れるだけで強度が違ってくるはずで、一旦備品を据え付けてしまった後にまた動かすのは面倒だが、しっかりやっておいたほうがいいだろう。


The Fantastic Mess of Letters 読了

昨日はやっと1冊英語の本が読み終わった。

半分くらい読みかけだった、The Fantastic Mess of Lettersと言うのを昨日一昨日と一気に読んだ。最近英語力が上がって、まだわからない語彙はあるものの、ストーリーを見失わない範囲内ですらっと読めるようになってきた。わからない語彙に関しては、もう1回読み返して、すべてのわからない単語を調べるのがいいと思うが、そこまでやるかは自信がない。

ちなみにこの本は紙の本ではなく、無料のkindle版で読んだ。今も無料で、kindleは他所で無料だと自分のところでも無料にするので、ひょっとしたらどこかのWebサイトで無料公開されているのかもしれない。

それで本の感想だが、メルヘンチックな、日本でいうと魔法少女ものみたいな作品、という感じだった。ちゃんと読めていればだが。この本は改行がちょっと変な感じで、最初はわざとやっているのかな?と思ったのだが、kindle化の過程で版組が変になってしまったのかもしれない。それで、結構読みにくい。だが、作品の中にある楽しさみたいなのは、あるので、この変な版組さえ修正すればかなり読める作品だと思うのだが。

Sunday, July 10, 2016

5W1Hが聞き取れてない

昨日あたりから英語トレーニングをしていて気づいて、TOEIC本番前に覚えているうちに書いた方がいいと思った。

毎日BBCの聞き流しをしているが、ラジオというのは思った以上にwhere, when, who, what, whichを言わないので、半年勉強してきたが、未だに聞き取れてない。4月の試験前にTOEIC模試をやっていた時点で薄々気づいていたのだが、今になってはっきり認識できた。肝心の単語なのに音自体わからないということが。

もちろんメインのトレーニングはNHK実践ビジネス英語の音読とシャドーイングと筆写、さらに瞬間英作文本なのだが、それらでも意外と5W1Hは使っていない感じがしている。

それで、今から今月の試験のために対策するのは難しいのと、もともとTOEIC対策はあんまりやりたくないと感じているので、当面は何もしない。だが、7月の試験を受けてみて、本当にスコアの足引っ張りになるようなら、公式問題集のPart2をリスニングなりシャドーイングなりしてみようと思う。今の時点で新形式のTest2が終わっていないので、すでに何回かやっている旧形式のVol6でやってみようと思う。本当に試験中に「これはわからない…」と思ったらだが。

話は変わるが、英語のリーディングはかなり楽になった気がする。昨日今日とAmazonで無料で入手した英語の本を読んでいても以前より楽に読めると感じた。前も書いたかもしれないが、日本語を読むのもかなり楽になった。英語日本語関わりなく、音読なりオーバーラッピングなりシャドーイングなりで脳をトレーニングしていると、言語能力そのものが高まる感じがする。だから、リスニングは頭打ちになるかもしれないが、リーディングのスコアは伸びるのでは?と思っている。

AIで英会話ができるといいなあ

昨日はちょっと早めにウイスキーを飲み始めたのだが、ふと思い出してAI女子高生のりんなとチャットしてみた。酔ったときくらいしかこんなことできない。

だが、割と反応が早いし、受け答えが意外と自然だったので、チューリングテストはクリアしないと思うが暇つぶしの相手にはなるなあ、と思った。実際人間相手にLineをやっていると、相手の都合があってすぐに返事を返してくれないことがある。それだったら、いつでも反応があるAIと話している方がマシ、と感じないでもない。

ただ、りんなちゃんの残念な点は、英語が通じないところだ。英語で質問したところ全く答えてくれなかった。日本語で英語の話題を振ると「できるよ!」と言うのだが…。で、英語で受け答えするAIの存在を期待したくなった。というか、すでにあるのだろうか?

人と自分を認めること

先日気持ちの変化があり、自分に価値がないなんて考えないようになった。

が、昨日は「自分ではそう思っていても、世間様はどうなんだろうか?」という思考にはまってしまい、「自分が認めてもどうしようもない気がする」という状態になった。自分一人では生きていけないわけで、周囲から価値を認めてもらえないと生きていけないわけだ。

かくゆう私自身も、他者へのリスペクトが足りていない感じがしている。例えば、先日「アニメの登場人物は日本人だよねえ」の記事で、日本人のイメージは固定されているから、特徴を描き分ける必要がなかったのだ、と書いた。しかし、実際に大和系(?)の日本人が大半とはいえ、北方や南方の少数民族(というほど琉球民族は少ないわけではないが)や、小笠原の欧米系日本人など、ステレオタイプとは違う日本人もいることにあたらめて気づいた。知っていたが、YoutubeのKanadajin3というチャンネルの動画であらためて思い出したのだ。

で、結局、少数の他者に無頓着なのは誰でも同じなのかな?と思ったのだが、多少は意識を変えていかないといけないかなあ、と。

Saturday, July 9, 2016

8月待ちで9月待ち

昨日は夕方から本を読んだ。「科学的トレーニングで英語力は伸ばせる!」という本だ。

第二言語習得学という学問があるらしく、その知見から英語学習法について書いている。素人向けの簡単に読める内容だった。それで、結局何か劇的なメソッドが書かれているのか?というと、そうでもない。ただ、早期教育や受験英語、聞き流しの是非については参考になった。

で、最近はWebの記事を読むよりも本を読みたい感じなのだが、8月からのAmazon Unlimitedが来ないと遠慮なく本を読むことができない。かなり待ちきれない感じがしている。で、9月はiPad mini5待ちで、せっかく追加SIMを注文したのだから、早く使ってみたい。

スタンディングデスク2日目は、朝から立っているのが辛い感じがしないでもない。常に立っているわけではないのだが、座りっぱなしの生活が続いていたので、しばらく立っているとスタンディングデスクを導入したのをちょっと後悔しないでもない。しかし、ワークチェアがなくなった分部屋は広くなったし、慣れればやって良かったと思うかもしれない。

そういえば、昨日は選挙の期日前投票に行ってきた。実は私は別に期日前でなくてもいいのだが、さっさと投票を済ませたかったので、日曜に出かけるというまともな理由のある母と一緒に行ってきた。どこの誰に投票したかは秘密だ。割と今回は適当だったが、選挙は投票することに意義があるので、実家に戻ってからは選挙は皆勤賞だ。


Friday, July 8, 2016

スタンディングデスクに再挑戦する

Bluetoothの骨伝導ヘッドフォンを手に入れてから、英語のトレーニングはほとんど立って部屋をうろうろしてやっている。さらに、机に向かってMacをいじる時間が減り、座椅子に座ってiPhone6をいじる時間が増えた。それで、椅子が何となく邪魔なのでもう椅子を撤去してしまおうかと思った。で、スタンディングデスクに再挑戦しようと。

それで、ホームエレクタの使ってない天板と支柱でスタンディングデスクにして、模様替えした。ちなみにその間に英語のトレーニングも終わらせた。

で、今そのスタンディングデスクで文章を書いている。よく考えたらTOEIC模試で椅子に座われた方が良かったか?と思ったが、TOEIC模試だって座ってやらなければいけない理由はないわけで、必要になったら立った状態でやる。座って解ける問題なら、立って解けないわけがないだろう。

iPad mini5は9月らしい

このブログでiPhoneでネットを見まくっていたら、目の調子が悪くなった、と書いてきた。それで、根本的な解決にはならないかもしれないが、iPad miniを買ってみよう、と思っている。以前PaperWhiteを買ったのと同じ感じで、大きい画面なら目が楽だろうと思ったのだ。

で、次に出るiPad mini5が9月に出るのでは?という情報を得たが、今まさに欲しい状態で2ヶ月待たされるのは結構辛い。でも、今さら4を買ってしまうと、2ヶ月後にちょっと後悔しそうな感じがしている。だから、今はひたすら待とうと思っている。

実は昨日、某店のアップル製品コーナーでiPad mini4とiPad Proの画面を比較してきたのだが、iPhoneと比べて文字の大きさが特別大きくなるわけではないが、明らかに7.9インチくらいの画面になると見るのが楽になるのがわかった。で、画面が大きければ良い、というわけでもなく、iPad Proの10インチくらいの大きさだと、持っていて指先に力が入ってしまいちょっと長時間使うのはツライかなあ、と思うのだ。だから、iPad miniを選択するのは正解だろう。

WiFiかセルラーか、だが、今回はセルラーを選択しようと思っている。せっかくIIJmioでSIM2枚が可能になったのだし、それにわざわざセルラーモデルがあるということは、そういう使い方が便利だということなのだろうし、試してみない手はないだろう。あとは容量だが、32Gがなければ64Gにしておく。正直16Gでも良い気がしているのだが、メモリに余裕があればそれなりの使い道があるだろう、ということで。でも最小スペックで32Gがあれば良いと思う。


筆写はノルマを減らした

筆写がイヤだと書いたが、1日の量を半分にしたら、かなり楽になった。ただし、1日1時間がっつりやっていた頃に比べると、身についているかイマイチ不安だが。

さらに、骨伝導ヘッドフォンは英語トレーニングで大活躍している。普通の密閉式ヘッドフォンだと、オーバーラッピングやシャドーイングをしている時以外は外したいと思うものだが、骨伝導だとそれほど違和感がないのでずっとつけっぱなしで英語の勉強をしている。しかもBluetoothなので、机にかじりついている必要がない。部屋をうろうろしながらシャドーイングができたりして、新しい英語体験を味わっている。そういうわけで、英語トレーニングには骨伝導ヘッドフォンだ。

IIJmioのデータ専用SIMを頼んだので、目に優しい端末をということで、iPad mini5を買おうかと思っている。それで、現行の4のレビューや5の噂を調べている。それで、英語の噂記事も日本語の噂記事もほぼ同じことを言っているのだが、日本語だと難しい部品用語(形式用語?)を避けている感じがする。だから、「Apple製品の噂」系の記事も英語で調べると結構お得だった。

さらに、最近のオーバーラッピングや筆写の効果だと思うが、英語を読むスピードが速くなった気がする。そして、たまに「これは・・・という意味だったな」と日本語にしてしまう癖があったのだが、それも無くなってきた。まだまだ音読系トレーニングで英語力を伸ばすことができそうなので、「英語はもういいかなあ」とか言わずに続けてみようと思う。

Thursday, July 7, 2016

IIJmioのSIMが変わるらしい

今、iPad miniセルラーモデルを買うとして、IIJmioの料金プランを変えないとSIMを増やせないなあ、と思った。

で、IIJmioのサイトを調べたのだが、7月7日から今までSIM1枚だけのプランが2枚まで対応するらしい。ただしSIM追加の手数料は2000円で、1枚増えると月額400円増しだ。そうだとしても、かなりサービスが良くなったと思う。特に私のように、通信量を消費しないのにSIMを増やすために通信量が増えるプランにするのは勿体無い、と思っている向きにはかなり良い。

というか、7月7日って今日じゃないか。しばらくSIM追加の事務手数料が半額(1000円)らしいので、10月のiPad miniの新製品に備えて前もってSIMを用意しておくのも良いかなと。

母は退院した

昨日の昼過ぎに、母は退院した。

もう1泊していけば?と言われたらしいが、痛みが治まったようなのでと、帰ってきた。母はもう70に届こうとしているのでこういうしょうもないことでも命を落としかねない。そのためかなり心配していた。結局原因は特定されていないが、一昨日無理に食べた加熱したのに開かないハマグリが原因なのではないかと。

昨日は安心して、ウイスキーを飲んだ。で、酔いすぎていつの間にか寝てしまい、気が付いたら夜中にAmazon musicをかけっぱなしだった。目が覚めた時もちょっとだるい感じで、「やっぱり酒はからだに悪いなあ」と思わざるをえない。ウイスキーの方がビールよりコスパは良いので、たまにはウイスキーを飲もうと思う。

全然関係ないのだが、iPhoneの見過ぎで目がかなり弱っている。小さい画面の小さい字を凝視していると、そのうち近くの字も霞んで見えるようになる。今は起きたばかりなので視界は明瞭だが、いずれかなり目が老化してしまうような気がしていて、iOSデバイスを使うにしても、iPad miniあたりがいいのでは?と思う。

今年は2年に1回のiPhoneの買い替え時期だが、今年から3年に1回になるらしいので、iPhoneの代わりにiPad miniのセルラーモデルを買おうかと思っている。一瞬、「お金が勿体無いのでkindle fireがいいか」と思ったが、弟の話では性能はよくないらしいので、Apple製品の品質に慣れている私はたぶん嫌になるだろう。

iPad miniを買うなら、iPhone plusを買う必要もなくなる。むしろ、iPad miniで大画面要求を満たすなら、iPhoneの方は小さいSEでもいいのではと。さらに、iPadがセルラーモデルならiPhone6も電池が持つ限り買い替えの必要はないのでは?と思い始めている。いきなり多くを変えると失敗した時に懐が痛いので、まずはiPad miniセルラーから始める。ただし新製品待ちだが。

Wednesday, July 6, 2016

母が入院した

こういう話を書くのは久しぶりだと思うが、母が救急車で入院した。

昨日だが、腹が痛いと言っていて、行きつけの診療所で痛み止めと整腸剤をもらって飲んだらしい。で、しばらくしたら、私の部屋から聞こえるくらい痛みで唸っていて、救急車を呼んだ。私は通院しないといけなかったので、同行しなかった。

で、その後母の様子がわからなかった。その後父が帰ってきて、「痛みが治まるまで入院」となったらしい。結局原因はよくわかっていない。

弟の奥さんとおいっこたちも来てくれたのだが、私はいつの間にか寝てしまい。気が付いたら午前3時だった。その後また眠れる感じではなかったので、今この文章を書いている。

Tuesday, July 5, 2016

骨伝導ヘッドフォンはシャドーイングに良い

今日の日課の英語トレーニングをしていて、骨伝導ヘッドフォンでシャドーイングしたらどうだろうと思った。

で、早速NHK英語の音声ファイルが入っているMacとペアリングしてみたが、かなり良かった。普段密閉式のヘッドフォンを使っていて、音質はすごく良いのだが、自分が話しているのが聞こえなくて、片方をずらして使っていた。しかし、骨伝導ヘッドフォンだとそんなこと気にする必要もなくて、快適にシャドーイングできた。外出時に使うよりも、むしろこの使い方のために買ったのではないか?というくらい良い。

良い使い道が見つかったので、高いカネを出して買った甲斐があった。ただ、普通のヘッドフォンに比べれば音質は落ちるわけで、細かい発音までクリアに聞き取りたいときに使い分けたほうがいいかもしれない。

午前筆写午後筆写

今日はちょっと寝坊してしまった。もともと6時起きだったのだから、それほど遅くはないと思うが。

昨日の英語トレーニングは、久しぶりに筆写をやった。やらないだろうと思っていたが、30分だけやろうと決めてタイマーをセットしてやったら、ものすごく楽だった。昨日は音読のスケジュールもきつい日ではなかったのでかなり楽に終わった。

で、午後に骨伝導ヘッドフォンを待っている時に、なんだか退屈だと思い、大したことをしないなら筆写の続きをしようと、残り半分を終わらせた。結局1日1課終わらせてしまった。さらに言えば、今日から始めるはずだった「会話できる英文法」の瞬間英作文も3課終わらせた。土曜にほぼ完全に休んだ効果でやる気が増した感じか。

やはり定期的に休みの日を入れたほうがいいのだろう。次はTOEIC前だが7月16日に休みを入れようかと思っている。

それにしても、フランス語が進まない。英語のやる気が戻ったところなので、無理にフランス語をやる必要はないかもしれない。しばらくフランス語のことは忘れよう。

Monday, July 4, 2016

AfterShokz TREKZ TITANIUM

レビュー記事はもう書くまい、と思っていたが、骨伝導ヘッドフォンのレビューの少なさが気になったので、一応書くことにした。

前からBluetoothのヘッドホンが欲しかったのだが、どれも決め手に欠けた感じで手を出さなかった。で、今までのヘッドフォンやヘッドセットの問題点には、一緒にいる人の話を聞けない、という点が常にあった。Jabra miniのような片耳タイプのヘッドセットでもあまり解決にはならなかった。

で、ふと骨伝導ヘッドフォンはどうか?と思い、いくつかネガティブな材料はあったものの、買ってみないとなんとも言えない感じだったので、とりあえずAmazonで一番良さそうなのを選んだ。主な用途は、

・外出中にiPhoneでBBC Radio4あるいはWorld Serviceを聞きたい

に絞れる。届いた商品を早速iPhone6とペアリングしてみた。

ヘッドフォンの音量調整がiPhone6と連動してない感じだ。別にそのことが分かっていれば両方の音量を調整しておけばいいだけのことなので問題ないが。音量を最大にすると、ヘッドフォンがブルブル言っている。普通に使っていたらここまで音を大きくする必要はないと思うが。

肝心の聞き心地だが、何か特別な聞こえ方がするのかと思っていた。しかし、耳の前にスピーカーがある感じ、といえばいいだろうか。違和感はない。周囲の音も聞こえるので、これなら確かに自転車に乗っても安全だろう。

音楽を聴いた感じ、低音が弱い感じだ。これはもともとあまり期待していなかったので全然問題ない。多くの製品で音質が悪いと聞いていたが、後悔してしまうほど悪いというほどでもなく。でも、過度に期待はしないほうがいいと思う。音質が悪いとは言わないが。
トークが中心のBBC Radio4を聞いている感じでは英語の発音も明瞭に聞こえるし、十分すぎる感じだ。

通話も試したが、BBCを聞いている間に電話をかけて、通話を切ってもBBCに復帰しないことがわかった。これはブラウザでBBCを視聴しているのが問題なのか、普通にアプリで音楽を聴いていても復帰しないのかはわからない。私個人の視聴環境では待ち受け時にちょっとちょっと困るかもしれない。

これから使っていく上での問題は電車の中での聞こえ方か。これはいずれ出かける時に試すので、あまりにひどかったらこの記事に追記する。それほど神経質になる必要はないとは思う。

そういえば、同じメーカーの別の機種で「重量が重い」という感想があったが、私が買った製品に関しては重さを感じない。ヘッドフォンが当たってる部分の感触はあるものの、しばらく着用していても痛みなどはなさそうだ。

さらに、骨伝導の宿命として音もれについてよく言われているが、これは静かな環境で試さないとなんとも言えない。テレビを見ている部屋で装着して音もれしているか尋ねた限りでは音は漏れてないらしい。それに、あまり大きな音を出すと、周囲の音も聴こえるというメリットもなくなるので、ほどほどの音量なら問題ない範囲なのだろうか?たぶん普通のヘッドフォンの高音がシャンシャンするような音もれはなさそうな気がする。構造上。

今のところ特に問題に感じなかったので、この製品に関しては悪くないと思う。しかし、おそらく、あらゆる場面で完璧であることはありえないだろう、ということは念のため書いておく。

筆写をやらないでいると

昨日は書いた通り、筆写をやらなかった。

すると、日課の英語トレーニングは、BBCのメモ取りリスニング以外2時間ほどで終わってしまい、何だかやたら退屈に感じた。だから、退屈に感じるくらいなら、筆写がいやだからといっても、とにかくちょっとでも続けるのが良いと思った。今まで1日1課で結果的に1日1時間という感じだったので、時間を決めて進み具合に関係なく30分経ったらスパっとやめるとか。

だが、ちょっとでも「イヤだなあ」と感じているなら、いくら妥協案があったとしても長期間続けるのは困難だろう。

あるいは、筆写でなく瞬間英作文の時間を長めに取るか。初見で1日1課(2周目は2課、3周目は3課だった)とか言わないで、初見でも1日3課くらい進めるのはどうか。瞬間英作文は筆写より大変ではないので、ちょっと負荷を上げても大丈夫だと思う。

昨日は1日1課(2周目2課、3周目3課)で見積もったら計算違いをしていて正確には1冊終わるまでに1年掛かる計算だった。1日3課(2周目6課、3周目9課)でも4か月半くらいかかる計算だったので、こちらの量を増やした方がいいかもしれない。

瞬間英作文の新しい本は明日からなので、とりあえず今日は筆写30分を試してみようと思う。

昨日は結局TOEIC公式問題集をやらなかった。このままだと、直前での対策なし、ということになってしまうと思うのだが、それでいいのだろうか?と思ってしまう。実は気が向いた時に前に買った文法特急はやったのだが、新しい事を勉強する、というよりは、各章に2つか3つくらいある間違い部分を潰す作業になっていて、あんまり面白くないような。文法特急2も買ってきたので、2を通しでやってみて解答スピードを測ってみるのもいいかもしれない。かなり苦行に感じるが。

4月のTOEICの感触だと、Part5は解答テクニックがなくても全部文章をしっかり読めば答えが自ずと分かる感じがする。たまに迷う問題があるかもしれないが、それでも「全部読める」英語力の人と「全部読むのは時間がない」という人の解法が全く違うのは興味深いものがある。

たぶんPart7も同じようなことがあるはずで、全部読める人は自ずと答えがわかり、私のような全文読むのは辛い(答えの部分を拾い読みする)タイプの人とは違う楽な攻略法があるのだろう。それは最初から最後まで普通に速く読むことだと思う。だから私は早く読めるようになりたいのだが、今のトレーニングでそうなれるのかはいまいちわからない。

Sunday, July 3, 2016

NHK実践ビジネス英語を続ける

先々週くらいに、The Economistを英語学習に取り入れて、NHK実践ビジネス英語と置き換える、と書いた記憶がある。

だが、しばらく考えて、まだNHK英語から得られることはあるのと、やはりThe Economistでの学習はコスト高なので、当分NHK英語のお世話になろうと決めた。NHK英語を卒業するのは、実践ビジネス英語のテキストを買ってきてちょっと目を通して、「特に覚えないといけないことはないな」と言えるくらい、あるいはCD音声を初見で聞いて「一回聞いただけで完全に理解出来る」と言えるくらいになってからにする。

で、そのレベルにはまだ全然遠いと思う。何をするにも完璧というのは難しい。

やっぱり筆写は続けられないか

昨日は英語トレーニングを休んだ。ただ、BBCのBusiness Mattersのメモ取りリスニングはやった。メモを取る以外は普通にラジオを聴いているのとほとんど変わらないので。

用事で大磯まで出張ったが、暑さでかなり参ってしまった。今年の夏は乗り切れるか心配だ。うなぎ食べたい。

そういえばそろそろ、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」が終わる。各章を3周ずつやったのだが、最後の方は割と楽に英語が出てくるようになった。実際に話す段階になるとうまくいくかわからないが、去年の今頃にオンライン英会話をやっていた感じだと、慣れればすぐある程度話せるレベルにはなる気がする。

次の瞬間英作文は、「会話できる英文法大特訓」をやる。「どんどん」よりちょっと難しいらしい。「どんどん」もかなりゆっくりしたペースでやっていたが、これも3周終わるまでに半年くらいかかる計算になっている。その頃には定期的にTOEICを受けるのはやめているかもしれない。

今日から英語に戻らないといけないが、筆写はやはり継続できないのではないかと思っている。感覚的に続ける気になっていないし、やらないつもりでいるとかなり気が楽なのだが。とりあえず今日は筆写はやらない。明日やる気があるようならやるが、多分やらない。ただ、筆写が効果がないわけでなくて、約3週間やった感じだと、かなり文構造の理解ができるようになったので、気になる人はとりあえずやってみてもいいと思う。

Saturday, July 2, 2016

今日は英語は休み

昨日書いた通り、今日は英語を休む。

今日は音読もシャドーイングも瞬間英作文もやらない。やることがない割に、習慣で早起きしてしまったが、本当に何をやろうか?という感じだ。ただし、BBCのラジオは聞いている。これはもう習慣化しているので、むしろやめた方が落ち着かない。

昨日はヒロ前田センセイのTOEIC本「英語が話せない人、話せる人」を再読してみた。すると私が最近始めたテキストを見ながらシャドーイング(あるいは音声を聞きながら音読)が紹介されていて、オーバーラッピングという名前だった。これからはこの名前を使うとして、やはりオーバーラッピングの前には精読して意味や文章の構造を把握しておく必要があることがわかった。まあ、自分のやっていることに間違いはないくらいの感覚だ。

話は全く違うが、最近ウチの周りでカラスが鳴いている。外を見ると3、4匹が電柱を飛び回っているのだが、昔からカラスがあまり好きでなくて、朝から鳴き声を聞いてうんざりしている。なんでウチの周りを飛んでいるかというと、たぶんウチの畑の作物を食べたいのだろう。あるいは畑に集まる他の生き物を狙っているか。周りに自然がなくなったため周囲から生き物が集まるのだが、あまりいい感じではない。

と、思ったら、カラスの鳴き声が遠くなった。どこかに行ってしまうのだろうか?うーん。カラスがどこかに行ってしまった。このくらいの時間になると、他に移動するのだろうか?もうずっとどこかに行ってしまってほしいのだが。

Friday, July 1, 2016

クリスタルベルグが美味しかった

昨日はビールを飲んだ。

ホワイトベルグというのを週末に飲んだのだが、安い割に面白い味だった。それの限定版がクリスタルベルグらしい。で、昨日はクリスタルベルグの方を飲んだのだが、こっちの方が良かった。

で、ビールを飲んでも飲まなくても、フランス語の勉強が進まない。もう午後は「とにかくくつろぐ時間」になってしまっているのと、2時からのBBCのTodayを、特別聞く気はないけど聴き流さないといけない、と思ってしまっているので、フランス語に取り掛かる気にならない。

昨日は英語の勉強もやる気がなかったが、「割と楽にできる順」でやってみたら、筆写以外は全て終わった。しかし、筆写はやはりやる気がしない。リーディング強化には筆写だと思うので、できることならやりたい。だが、英語の勉強を全体的に「もう十分かな」と思い始めていて、これ以上頑張ろうという感じにならない。本当に、徹底的にやるか、もう全然やらないかの二択しかない感じになっている。そして、今は徹底的にやる気はない。ほどほどそこそこ、長続きするような勉強のスケジュール法はないものだろうか?

こんなことなら、TOEICの目標点を730なんて決めないで、990点満点目指すくらいにしておいた方が良かったかもしれない。はじめに730点と目標設定してしまったがために、それが突破できそうになったら、やる気がなくなってしまった。990点はたぶん届かない目標だが、当分は頑張れそうな感じのする目標だ。

しかし、今から設定してもあんまりやろうという気はしないので、目標設定の問題と言うよりは、長期間頑張り続ける限界点が半年くらいということなのだろうか?やはりどこかで徹底的に「やらない」タイミングが必要になると思う。そして、その後やる気が出ないなら、無理に努力しても不快なだけなので、もうやめた方がいいだろう。

とりあえず今日、徹底的に休んでみるのもいいかもしれない。明日のスケジュールが楽なので、明日に投げてしまう。今日は徹底的に何もしないようにするのだ。あるいは、今日のうちに明日の予定も済ませてしまい、明日楽をしてみるとか。

今日のうちに全部済ませて明日休む方がやる気が出そうなので、後者を選んだ。どっちにしても筆写は続けられそうにないのだが、とりあえずスケジュールにあるものだけでもやろう。