Saturday, October 31, 2015

キクタン英会話基礎編が届いた

キクタンの英会話版が届いた。一番簡単なやつ。

本のサイズというか形が正方形で、今まで買ったキクタンシリーズと比べて「勉強してる感」を感じさせないのは狙ってやっているんだろう。付属のCDはオーディオCDでなくてMP3を収録したデータCDなので、1枚だけで済んでいる。ある意味斬新だが、冷静に考えて昔と比べてオーディオCDをそのまま聴く機会はほとんどない。リッピングの手間が省けていいかも。

で、内容だが、シリーズ中一番簡単なやつで、なおかつ英検2級の筆記に受かるくらいなのに知らない表現が沢山ある。実際に話す機会があまりないので、スピーキングはまだまだダメってことだろう。話しかけられた反応としてWhat is it.とか反射的に話せないといけないのに、今まで知らなかった。そういう受験英語で忘れられた表現がいろいろあるので、ある程度英語に習熟している人も、この基礎編からやったほうがいいかも。

しばらくCD、というかMP3を聴いてみて、表現を耳慣れさせる。
これは1冊1300円くらいで安いし、いい買い物だったかも。

海外からのアクセス多いなあ

初めから期待していたことだが、海外からのアクセスが多くなった。

とりあえずどの国が多いとかは伏せるが、まとめて読んでいる様子がわかるので、多分日本語学習者なのだというのはわかる。少なくともネイティブの日本人が海外から読んでいるということはないと思うのだが、仮にそうなら教えて欲しい。

で、語学学習者のために意識して記事を書いた方がいいのか?と思ったが、私が海外のサイトで英語の勉強をしていて期待するのは、ネイティブの話すこと、書くことをそのまま見聞きしたい、ということなので、特に語学学習者を意識することもなく、今までどおり書けばいいのだろう、と思っている。日本の独特の文化については軽く一言書いた方がいいと思っているが。ただし日本語で。その方がいいと思うので。

というくらい、海外からのアクセスが増えていて、.comドメインを取得して良かったと思っている。

断薬その後

13日からある薬を飲まなくなったが、その後の話だ。

離脱症状は25日からなくなったが、その後もなんともない。減らす前の状態に戻った。だから私はこれといって後遺症のようなものを経験しなかったわけだが、長期服用で何か悪影響があったのだろうか?そのこともわからない。

それで、もうその薬を飲んでいたことすら忘れている状態で、前の診察で「こんな長期間飲む必要があったのか?」と聞く必要はなかったと思っている。Webで後遺症のような状態になっている人(離脱症状が長期間にわたって出ている人)は目立つだけでそれほど多くないという印象。それでも結構いる気はするが、少なくとも私の実感としてはやめて2週間でなんともなくなる。

これを最後にこの薬の話を書くのはやめようと思う。私はその後なんともなくなった、ということで。

Friday, October 30, 2015

猫に好かれたらしい

そういえば朝ネタがないと書いたが、あった。

この前、猫がベランダにフンをしていったと書いたが、その後何回も来ていたらしい。数日後別のところにフンをしたし(端っこなのでそのままほおってある)。

それで、つい最近なのだが、早朝にベランダから音が聴こえて目が覚めたのだが、人間が上がってきたことも考えて武器を手に持ち部屋の明かりをつけた。それでは外の様子がわからないことに気づき、ベランダの明かりをつけて部屋の灯りを消した。そうすれば仮に危険人物だったら慌ててバタバダと逃げ出すだろうし、猫だったらそれっぽい音を立てて逃げ出すと思った。すると全く物音がしなかった。

で、外の明かりで影ができると思ったのだが、何もいない。
そっとカーテンをめくってみたが、やはり何もいなかった。気のせいかもしれないし、部屋の明かりをつけた時にいなくなったのかもしれない。人間ではないだろう。で、明るくなってからあらためて見てみたら、フンもないし何かがいた痕跡もなかったのだが、今日か昨日の早朝にやはり物音がしたので、また猫が来たのだろう。

数ヶ月くらい「ねこあつめ」をやっていて、「ねこ飼いたいなあ」と思っていたが、このフンの件以来ネコが怖くなった。だが、ネコの方はベランダが気に入ったらしい。フンをしない生き物はいないし、私には動物を飼うのは無理だろう。


キクタン英会話をポチったのだが

キクタン英会話基礎編を試しにポチった。
ヨドバシポイントが120くらいあったので、1150円くらいになった。

先日Webで何となく目にしたキクタン英会話という本が気になり、数日経ったがやっぱり気になったので買った。

中学英語レベルの語彙力でOKなのと、キクタンの「やる気がないなら、とにかく聴けばいい」というのが好きで、1150円くらいなら試しに買ってもいいかと思った次第。特にオンライン英会話を1ヶ月間やった経験で、英会話にありがちなフレーズがちっとも覚えられなかったので期待している。

本当に聴く学習は楽でいい。目を使う学習は意外と長続きしないのだが、聴くだけなら飽きても再生しておけば何となく覚える。聴く学習の欠点、というか普通に読む学習でもそうだが、時間は有限なので再生時間がネックということくらいか。マトリックスで観たような、コンピュータで高速ダウンロードするような学習方法がいずれ実現したらいいのだが。

基礎編が良かったら、基本編、海外旅行編に進みたい。

禁酒が4週間経過

1ヶ月経ったら書こうと思ったが、今朝はネタがなくて困ったので書いてしまう。

10月頭の金曜だったか、酒を飲まなくなった。
歯医者で頓服を飲んだら、記憶が曖昧になり深夜に寝ぼけながらビールを飲んだ記憶だけあり怖くなった。それ以来飲んでいない。

もう1ヶ月経とうとしているのだから、ちょっとくらい飲んでもいい気がするのだが、飲みたくならない。無理に飲む必要もないので飲まないでいるが、冷蔵庫に6本残っているビールがある。生ビールのため早く消費しないといけないので、飲むか譲るかしないといけない。

弟は仕事が終わったら飲んでいるらしいので、私が仕方なく飲むよりは、楽しく飲める弟に譲った方がいいかもしれない。飲みたくなったらまた買えばいいんだし。


Thursday, October 29, 2015

Graded Readerが大量にある

かなり昔に買ったGraded Reader(GR)が沢山ある。
レベル0とか1とかのやつが。

昔、多読の存在を知って、とりあえずGRを読もうといっぺんに買ったのだが、結局その当時は英文を読む気力がなくてそのままになっていた。で、最近になってやっと集中して読めるようになったので、レベルは簡単すぎて合わないが読んでみることにした。

正直何が面白くてこんな中学の教科書みたいな冊子を読むんだろう?という気もするが、以前は結局読まなかったのだから、今は色々よくなったから読めるのだろう。

今日はキクタンをループで聴くのも再開しようと、昨日CDをiTunesに入れたのだが、ちょっとやることを増やしすぎただろうか?嫌になったらやめるのは今まで通りだが。

Wednesday, October 28, 2015

なんかモチベーションが戻ってきた

私は、後ろ向きのことを検索すると後ろ向きになり、前向きなことを検索すると前向きになる傾向があるらしい。

しばらく後ろ向きなキーワードを検索してみては「ああ、もうダメだ」と思っていたが、なんとなく英検準1級について検索していたら気分が回復してきた。それで、あるブログで準1級の語彙対策本でDuoやキクタン準1級が載っていて、すでに持っているから試しに読み返してみるかと、キクタンを見てみた。するとDay5くらいまで見た感じだと、意外とわかることが判明した。

これで全然わからないなら「ああ、準1級はダメだ」と思ったが、意外と行ける。そういえば7月ごろにキクタンの2級から1級をループで聴きまくっていて、それで覚えたかもしれない。あるいはここしばらく英字新聞を読んでいた効果か?理由はよくわからないが、この半年間やってきたことは何をやってもそれなりに効果があったような感じがして、「これは準1級を受けないともったいない」と思い始めてきた。

さらに、2級2次も「どうせザル試験なんだし、面接は10分くらいで終わるから、とりあえず受けよう」という気にはなってきた。いい傾向だ。そういうわけで、準1級の試験対策らしい対策として、キクタン準1級やDuoをたまに見てみる、というのをやろうと思う。気が向いたらでいい。

やる気をなくした

昨日は通院だった。

先日やめて離脱症状が出た薬について「こんな長期間飲み続ける必要があったのか?」と聞いたが、普通に「必要があった」という回答だった。もっと食い下がった方が良かったのか、先生と戦ってもしょうがないと諦めた方がいいのかわからなかった。

で、残り1種類の薬を減らしたいと言ったが、ダメだった。それで、私の病気は本当にダメだということがわかり、やる気をなくした。

たぶん英検2級もこの先役に立たないだろうから、2次試験を受けるのはやめようかと思っている。母は、次に資格が欲しくなった時に困るから、とりあえず取っておいた方がいい、という意見。だがこの先持っていてもしょうがないと思うのだが。もともと2級に価値はないと思っていたところに、余計に意味を感じなくなってしまった。

英語の勉強も何の意味もないだろうから、やめてしまいたい。だが、BBCを聴くのはもう習慣になってしまい、やめられない。The Guardianを読むのもなんとなくやめられない。やけくそになってあらゆるものを破壊したい欲求に駆られているが、どうも歳のせいか諦めの方が強い。本当にもうダメだ。

暴れたいのなら、酒でも飲みまくればいいのだろうか?

Tuesday, October 27, 2015

そんなに難しい語彙は使ってない?

The GuardianのWeb版を読み始めて今日で6日目だ。

最初に書いてしまうが、語彙数はThe JapanTimesより少ない気がする。
最初は「うわ、難しくて読めねえ」と思ったのだが、昨日寝る前に読んだ時は「あれ?意外と読める」という感じだった。難しい単語はあるのだが読み飛ばしができて、JapanTimesのように致命的に難しい単語がない。だから、英字新聞のとっかかりとしてはThe Guardianの方がいいことがわかる。タダだし。

それで、もともとモチベーションも高くなく、毎日1記事を読むのがやっとだったのが、昨日は3つか4つの記事を読んだ。これはいけるという感触をつかんだ。読める時はかなり数をこなせそうな。

BBCのリスニングも「今まで以上に聴けた」と定期的に記事にしていたが、The Guardianも定期的に「今まで以上に読めた」という記事を書きそうな予感がする。The Guardianに限らず、英字新聞を苦痛になっても1年くらい読んでみようかという気にはなった。BBCも最初は2時間くらいしか聴けなくて、今は起きてから寝るまで流しっぱなしにしている。慣れの問題がありそうだ。

Monday, October 26, 2015

海外に行っておいても良いかも

まだ自分の中でも決まっていないが、海外旅行に行こうかと思っている。
ただし、英検準1級に受かったら。

準1級がCEFRでいうとB2くらいと言われていて、それくらいの実力があれば一人旅でトラブルがあっても対処できると思う。でも、自分ではそのくらいの英語力があるとは思えないので、とりあえず試験が受かったら行動しようと思っている。だが、今はそれほど実力がないので、受験することすら敬遠しそうな感じだ。

で、一応どこに行くかちょっと考えたのだが、遠くても太平洋を越えるくらいかと思っている。台湾が安いのでお手軽なのだが、すでに行ったことがあるので保留。香港は返還前に行きたかったが、今はそれほど魅力を感じない。中国大陸はなんか怖い。東南アジアは保留。オーストラリアやニュージーランドは行ってみたい。あとはアメリカかカナダの太平洋側を考えている。

最初は大麻旅行を考えていたが、最近体調が良いので無理に大麻を試さなくてもいい感じがしている。今はせいぜいコーヒーを飲んでなんとなく酔っ払った感じがするのを楽しむくらいで十分。

とりあえず決まっていることは、英検準1級が受かるレベルになったら、ということ。今でもB1くらいの実力はあるのだが、どうも踏ん切りがつかない。あまり歳をとらないうちに行きたい。

コーヒーで具合は悪くならないか

ある薬が抜けて1週間くらい経つ。

先日、コーヒーを飲んだら離脱症状のような状態が起こる、と書いた。しかし、今朝コーヒーを飲んだ感じだと、不快な症状はなかった。ちょっと酔ったかな?という変な感覚はあるが、しびれや頭の締め付けはない。コーヒーのせいではないのか、あるいは離脱症状が出ている時期はカフェインはやめたほうがいいけど、治ったら飲んでいいのか。

それで、コーヒーは好きなので飲みたいし、昨日はコーヒーを飲めなくて結局コーラを飲んだので(それで変な症状はなかったので)、コーヒーを飲んでも良いだろう。

昨日から離脱症状は全くなくなった。
日常的に飲むのをやめて2週間ほどなので、確かに言われているように2週間我慢すれば離脱症状が取れることがわかった。しかし、その離脱症状が耐え難い時もあり、CBDの支えがなければ多分また薬を飲んでいただろう。

CBDがあると離脱症状がかなりラクになる。タバコの時と同じで、最終的には本人の我慢だが、CBDと離脱症状についての事前調査があると良いだろう。

Sunday, October 25, 2015

久しぶりに自律訓練法やったけど

今日は法事だった。それは前から色々書いているので、詳細は書かない。
が、献杯以外は酒を飲まなかったのと(日本酒が小さな器に1/4くらい入っていた)、割烹の日本料理がうまかったことは書いておく。久しぶりにいいものを食べた。たまに良いものなら、ああいうのを食べたいものだ。

それで、すっかり疲れて帰ってきて、しばらく横になって寝ていた。
で、考えがどうも後ろ向きなので、久しぶりに自律訓練法をやってみたら、疲れ切っていたのが楽になった。

今日は出かける前から離脱症状もほとんどなく楽だったが、帰ってからも目立った離脱症状がなく楽だった。この調子ならこれからは薬が1種類なくても快適に過ごせるのではないだろうか?というか、薬がない方が色々楽だ。

離脱症状はかなり楽になった

ある薬を完全にやめてから、12日目の日曜日だ。
薬をやめてから良く眠れるようになったので、やっぱりやめて良かったと思う。

離脱症状に毎日悩まされていたが、だいぶ良くなってきた。
しびれたり、頭が締め付けられるようになったり、呼吸が苦しくなったり、本当に我慢できない時はCBDを飲んでしのいだ。まだどことなく具合が悪く感じる時はあるので、全く問題がないとは思わないが、ひところと比べるとかなり楽になっている。

減薬してから数日で酒も飲まなくなり、今は禁酒23日目だ。

Saturday, October 24, 2015

なんか妙に聴けるようになった

1日だけサボったが、それ以外はずっとBBC World Serviceを聴き続けている。

ブログを読み返したところ5月8日にNHK Worldを聴き始めたのが最初で、数日でBBCにしている。で、来月半年になる。最初は2時間くらい聴いたら疲れていたが、今は朝起きたらBBCにアクセスし、寝る前に切ってる感じで、部屋にいるときはほぼ1日聴きっぱなしになっている。

で、最近妙に聴き取れている感じがする。

先日ある薬をやめたのを境にして、あるいは聴いている時間が1000時間に近づいてるためか、聴き流していても単語毎の発音がちゃんと聴き取れている。まだ内容理解には集中する必要があるが。

このリスニングスキル向上は聴き始めた当初は予想していなかったが、驚くべき効果があった。要するに英語の基本ができていれば、あとは聴き続けていれば聴こえて来るようになるということだ。最初ほとんど聴けていなくてもオッケー。日本の常識では意味がわかる英語を聴かないと効果がないと言われているが、そんなことない。

今は語学の勉強にいい環境が整っている。留学するカネがなくてもなんとかなる。ただしネットに繋がらないといけないわけだが、それでも私が高校生の時より断然いい。案外英検2級もこの環境があったから受かったのかもしれない。

Friday, October 23, 2015

英検2級受かってたけど…

結論から書いてしまうと、英検2級1次試験は合格していた。

自己採点の通り8割4分取れていて、これは2級じゃなくて当初の予定どおり準1級を受けた方が良かったかも、と思っている。それほど2級に価値を感じない。感じないが2次に受かるまではそういうことは書かない方がいいかもしれない。落ちたら恥ずかしいので。

高校生の時に「2級はむちゃむちゃ難しい」と言われていて敬遠した記憶があるのだが、正直20年以上経って余裕で受かるなら高校のうちに挑戦しても良かったと思っている。当時の英語教師は生徒のやる気を奪っていたと言える。

で、2次試験について考えなければいけなくなったが、未だに真剣に対策しようという気がないので、とりあえず気が向いたら対策本に目を通すくらいでいいだろう。落ちても1次免除でも2級はもう受けない。

で、準1級だが12月1日を過ぎたタイミングで過去問をやってみて、受かるか受からないかくらいだったら申し込む、ダメそうなら1月の試験は見送る。

コーヒーはやめた方が良さそう

今朝は特に離脱症状がなかった。
昨日体調が悪くなった9時頃になっても、特に目立つ症状がなかったので、コーヒーを飲んだ。

そうしたら、急に体がしびれたようになって、ここ数日の離脱症状のようなものは実はコーヒーのせいだと気付いた。これはいかん。

そこでしばらくコーヒーはやめてみようと思う。
そろそろコーヒーを切らすのだが、当分スタバに買いに行くのはやめておこう。代わりに普段から飲んでいるが、ウィルキンソンタンサンを飲む。砂糖も入っていないし、体には悪くないだろう。

それにしてもコーヒーか、盲点だった。

今日は英検2級の公式な結果発表

先日の答え合わせでは「8割4分取れてるので、合格しているだろう」と書いたが、今日の15時から公式な結果発表がある。マークミスがなければ間違いなく合格しているので、そしておそらくマークミスはしていないので、合格するだろう。

で、2次試験の勉強を全くしていない。「2次試験は甘い」という話をネットで聞いているので、だいたいどんな出題がされるかわかれば、あとはノリでいけるだろう、と思ったのだ。ちなみにここ5ヶ月くらい英語を話していない。

それで、結局今の時点で対策らしい事は「2次試験でどんなことをやるのか?」という情報を見たのと、2次試験対策本を買っただけだ。対策本はパラパラと中身を見たが、付属のDVDを見ていないし、問題を見てもいない。

むしろ、その次の準1級のことを考えている。正確には試験対策を特にしなくても準1級に受かるくらいの英語力をつけることを気にしている。だが、真剣にやっていることはなくて、漫然とBBCを聴き、ちょっとだけThe Guardianの記事を読んでいる。昨日の夕方に単語帳が届いたが、「はじめに」を読んで最初の数ページを見てそれっきりだ。

これでいいのか?という気はする。するのだが、この歳になって真剣にやってもしょうがないという気がしていて、どうもいけないと思うのだが、どうしようもない。

Thursday, October 22, 2015

週末は兄の法事だ

法事の年数がわからないが、兄が死んで22年くらいになるのか?

兄は自動車の自爆事故で20で死んだ。
その後、私も病気になり人並みの人生をリタイアし、結果的に兄の二倍生きている。
兄の死から私の人生は狂いっぱなしだが、20で死ぬよりはマシと思えるようになってきた。

いきなり関係ないが、法事後の食事では酒は飲まないでおこうと思う。
最近になって知ったのだが、断薬した薬とアルコールの作用する箇所がほぼ同じらしい。それが原因で一時期アルコールが止められなかったのだと気付いた。だから、その薬をやめたなら酒も飲まない方がいい。今アルコールを飲んでどんな作用があるかわからないが、ひょっとしたら悪いことがあるかもしれない。兄の法事のラストを弟の酒乱で終えるというのは嫌だ。

起きてから3時間経って、離脱症状なのか病気の症状なのかわからないが、体の不調を感じる。いつまでこの症状が続くかわからないし、治るかもわからないが、生きていればいいことがあるかもしれない。今はとにかく耐えよう。

英語学習あれこれ

今朝は今の所薬の離脱症状はないし、コーヒーがうまい。
今回は英語に関して思うことが2つくらいあるので、適当に書く。

まず、若い頃にもっと英語を勉強しておけばよかった、ということ。
もう41も後半に入って、昔のことはあまり思い出せなくなったが、高校時代は結構真面目に英語の勉強をしていた。というか、受験勉強の英語の勉強だったのだが、長文読解や語彙力強化をせずに例文集ばかり覚えていた。構文っていうんだっけ?

それで、長文読解は単語があまりわからなかったのだが、意味を類推することで適当にやり過ごしていた。そして英語の成績は比較的よかった。某地方国立大学に入れたのも英語の成績を重視している大学だったからだ。

だが、大学に入ってからは色々あって、すっかり劣等生になってしまった。
それでも大学院に進学する余裕があったのだから、もっと真剣に勉強すればよかったと思っている。その思いが今も「勉強しなくては」と思わせている理由だと思う。

だが、当時もっと勉強していれば今さら英検2級なんて受けなくてもよかったはずだし、ひょっとしたら大学のときに準1級に受かっていたかもしれないわけで、時間がもったいなかったかなあ、と思う。

もともとこんな思考ばかりなのだが、この歳になると「こうすれば良かった」と思うことが増えるのだろうか?
この話はこんなもので。

昨日The Guardian Weeklyが届いた。Amazonで注文したのだが、翌日届くというファインプレーだった。大抵Amazonは、注文→翌日発送→翌々日到着、という感じだ。ちなみにヨドバシは、朝注文→夕方到着、あるいは、午後注文→翌日到着、という感じだが、ヨドバシにThe Guardian Weeklyは当然ない。

それで、ニュース語彙の単語帳だったか?が今日の夕方に届くと思うので、本格的に語彙増強も含めて英字新聞を読むのは明日からになると思う。夕方以降は体調が悪くどうもやる気がしない。

で、物理的な英字新聞を入手して、ペラペラと見たのだが、どうも読む気がしない。
Web版の英語は何の抵抗もなく読むのだが、紙媒体なのがいけないのか?
とりあえず、あまり物を置いていないテーブルに無造作に置かれた英字新聞、というシチュエーションを楽しんでいる。意識高い系か?
まあ、日本とイギリスがあべこべになったとすると、朝日ウイークリーがテーブルに置いてある感じなんだろう。そう考えると大したことがない。

せっかく買ったのだから880円分の元を取らないといけないのだが、このままだと知的な私を演出するオブジェにしかならないので(誰も部屋に来ないのに)、暇なときには目を通そうと思う。

Wednesday, October 21, 2015

離脱症状だと思っていたが…

断薬による離脱症状は今朝はない。
断薬と言っても頓服は19日月曜に飲んだので、それからまたほぼゼロのレベルに戻った感じか。

それで大抵夕方頃から夕食後に辛くなるので、予断を許さない。だが、耐えられないわけではないので、また日常的に服用するということはないだろう。それで夕方の症状は離脱症状かと思っていたが、ひょっとしたら疲れ目や肩こりが原因かもしれないと思った。

最近、というか元々かもしれないが私は1日中ディスプレイを見ている。それで薬の弛緩する作用がなくなって、疲れが出やすくなっているのではと思うのだ。はっきりしたことはわからないが、そう思ってやり過ごさないといつまでも離脱症状についてブログ記事を書き続けないといけない。それはあんまり良くない。

歯医者もひと段落したし、しばらく頓服を飲む必要は無くなった。
薬の抜け際が悪くて、薬を飲まない方がいい状態になっているとわかったし、「気晴らしに1錠飲もうかなあ」とは思わないだろう。

英字新聞はThe Guardianでいいじゃん

記憶が確かなら夏の始まる頃までJapanTimesに課金していた。で1ヶ月くらい読んでしばらく読んでないのに課金していた。

それで、もったいないからと課金はやめた。しかし、その後英検準1級レベルのリーディングの必要が生じたわけだが、いかにも試験勉強っぽい勉強は嫌だった。それで英字新聞を再び読もうと思ったのだが、JapanTimesはなんとなく嫌だった。なぜかというと、JapanTimesはなんとなく日本人が書いているような感じがするのだ。読んでいて英検2級レベルの英語力でも「うーん不自然に感じる」というような表現を見かける。

それで、たまたまThe Guardian Weeklyの存在を知り、1部だけポチったのだが、Web版のThe Guardianを読んでみたら課金で購読制限をしていないらしい。つまりネイティブの英字新聞をただで読めることに気づいた(違ったら追記する)。だからThe Guardian Weeklyを買う必要はなかったわけだが、一応話のタネに手に入れるのもいいと思ったのでキャンセルしなかった。一部880円くらいだし。

それで、リスニングはBBC、リーディングはThe Guardianという体制をつくろうと思う。しかし、BBCは流しっぱなしでよかったので約半年続いているが、The Guardianは能動的に読まないといけないので挫折が心配だ。面白い記事がないと多分飽きる。しばらく頑張って読んでみて、続くようだったらWeb版を課金したり、Weeklyをお金を出して買い続けてもいいだろう。

さらに、ボキャビルのためにニュース単語4000語(だったか?)という2000円くらいの単語帳を買った。iOS版Longmanだと読んだ単語の整理が難しいので、これからは辞書代わりに単語帳を調べてチェックを入れる、という作業をしようと思う。正直ボキャビルは苦手で、いい方法がないかずっと調べたり考えたりしているのだが、今回はどうだろうか?

英検1級をめざすつもりはないのだが、英語語彙力の大雑把な目標は10000語だ。
今はたぶん5000から6000語くらいだと思うのでかなり厳しい。
英検準1級合格までどのくらいの時間がかかるかわからないが、なるべく試験対策っぽい勉強をしないで、素の英語力をつけたい。

ガーディアンウイークリーをポチった

日付が変わって昨日だが、ずっとWebで英語学習に良さそうなコンテンツを探していた。

で、ガーディアンウイークリーはどうかと思い、1部だけポチってみた。
私はどちらかというとリベラルではないのだが、TPPに消極的だったり、日本でも大麻を合法化すべきと思ってたりリベラルよりの意見も多い。で、食わず嫌いせずに読んでみようと思ったのだ。

で、とりあえずWeb版のガーディアンを読んでみたら、カナダのリベラル勝利のニュースがトップだった。読めない文章を辞書なしで読んでいったら、これからカナダは公約により大麻が合法化するらしい。南米もだが、アメリカ大陸はかなり大麻に寛容になっていると感じる。アメリカ(合衆国)も民主党の候補が勝てば多分連邦レベルで解禁していくだろう。なんでこんなオセロのようにパタパタと情勢が変わっていくのか不思議だ。来年の国連の会議の予定からだとは思うが。

話がそれたが、とりあえずガーディアンウイークリーを読んでみて気に入ったら、1週間で読み切れないと思うのだが、再び在庫があるものを1部ポチろうと思う。Web版を見た限りでは語彙的に当分辛い修行になると思う。実は英検準1級の長文問題を何回もやったほうが手っ取り早かったりするのでは?という気がしてきた。が、英検よりは英語力そのものを目当てにやるので、実践的なほうがいいと思う。挫折しなければ。

ついでに英語絡みなので書いておくが、BBC World Serviceのリスニングは今月末で半年達成する。予定。

それで、1日6時間以上聴いていると思うので、半年で1000時間くらい聴いたことになる。1年は聴き続けるつもりなので、大雑把に目標達成すると2000時間聴いたことになる。そうなるとさらに半年くらい聴いて3000時間にしたほうがいいかと思うのだが、自分に負荷をかけすぎるのもどうかと思う。ただ、聴き流すだけなら部屋にいる限り、起きてからBBCにアクセスして、寝る前に切るだけでいいのだ。

これだけでよく分からない作用があり、英検2級のリスニングは8割取れた実績がある。聴き取れるかとか、真剣に聴くかとかはあまり関係ないらしい。
ただ、私の意見を鵜呑みにはしない方がいいと思う。

Tuesday, October 20, 2015

結局英検が一番合格に近かった

今日は1日Webで調べ物ばかりしていた。

途中から「英検準1級、というか語学はもういやだから、他に何か良い資格はないかな?」と思って検索していた。具体的には、

数検
電験
電気工事士
気象予報士
家庭料理検定
2級建築士
など

だが、どれも難しそうで、今の段階で比較的合格しやすそうなのは結局は英検準1級だった。だが、薬の離脱症状が未だに残っており、今は勉強する気にならないので、英検も準1級は無理だろうと思う。何が無理かって、何か自分に勉強らしい勉強を課すのがいやだ。だから受けるにしても試験対策を中心にした最短コースでは無理だろう。

英検準1級を目的とした勉強というよりは、英語力をつける目的で勉強をするのがいいだろうと思う(何が違うか自分でもよくわかっていないが)。とりあえずBBCの聴き流しは継続しているので、BBCのWebサイトのニュースを地道に読んでみるのが良いと思う。お金がかからないし。あるいは簡単めの洋書にも手をつけた方が良いだろうか?とりあえず、以前買って挫折したKindleの洋書を読み返してみるのも良いかもなあ。

本題から逸れるが、やっぱり夕食前後に離脱症状が出るようで、しばらくこの違和感からは逃れられないと思われる。日中は何ともないので、そういう気持ちに余裕があるときに英文を読む癖をつけた方が良いだろう。今この瞬間は計画を立てる気分ですらない。

薬で記憶が曖昧になるらしい

昨日の朝は離脱症状がほぼ抜けたが、歯医者のためやむおえず再び頓服を飲んだ。

抜けた後に再び飲んでみると、これはこれで絶妙に気分が良く、別に頓服はやめなくても良いのでは?と思う。使用頻度を増やしてはいけないけど。せいぜい1週間から2週間に1回くらいか。

それで、また先日服用量が多かった時のように、記憶が曖昧になった。
眠くなってから起きるまでの記憶がほとんどない。寝汗のTシャツが落ちてたり、飲みかけの炭酸水が机に置いてあったりと、「こんなのあったっけ?」というものがあったが、さっぱり記憶がない。

これはたぶん、薬の副作用だと思う。

病気になってからしばらくの間、当時の記憶が曖昧なのは、薬の副作用だったのではないかと。時間が経って忘れてしまったのかもしれないが。いずれにせよ、嫌なことはもう忘れてしまったようで、副作用も悪くないと思う。

ただ、今現在の記憶が飛ぶとかなり怖いので、頓服もよっぽどの事がない限り飲まない方が賢明だろう。

Monday, October 19, 2015

今朝は離脱症状から抜けたかも

今日はある薬を抜いて6日くらい経つ。
今日はなんだか調子がよく、離脱症状からほぼ抜けた感じがする。
昨日よりも良くなっている。

だが、今日は歯医者なので頓服として飲まないといけない。あえて飲まないで行ってみるのも良いと思う。多分歯医者で極度に緊張するのは薬の常用量離脱の結果だと思うので。

だが、先方に迷惑もかけられないので、今日は今までの量を、次回は半分の量を、さらにその次はもっと量を減らして、その次はゼロ、という感じで歯医者の時の服用量も徐々に減らそうと思っている。

Sunday, October 18, 2015

スペイン語の本を見ても…

先日買ったスペイン語の練習本だが、どうもちょっとやそっとでは習得できないようだ。

本当にちょっと目を通した程度なのだが、アルファベット=英語という癖がついてしまっているのか、スペイン語の例文を見ても「英語だとこう言うのがわかってるから楽だなあ」と思ってしまう。

私はそこそこ語学ができると思っていたが、スペイン語や中国語の習得のしにくさを見ると、大したことがないようだ。英語がそこそこできるのは学業を終えた後も長期間触れていたので身についただけだろう。それを言ってしまうと日本語の文章を書くのも一定期間真面目に取り組んでいたおかげだと思うが。

とりあえず、英検準1級に受かるか諦めるかした後の語学をスペイン語にするか中国語にするかはまだ決めがたい。実践の場が近くにある、という点では中国語の方が有利な気がする。

El Capitanのライブ変換に慣れた

El Capitanをインストールしてからどのくらい経つかわからないが、ライブ変換には慣れた。

慣れると、スペースキーを押す場面、押さない場面とかもよくわかってきて、入力も今までの方法と変わらなくなってきた。今はライブ変換の方がたぶん早くタイピングできていると思う。試しにGoogleIMEと比較した方がいいだろうか?

この文章はGoogleIMEで入力しているのだが、ライブ変換に慣れてしまったせいか、ぜんぜんスペースキーを押さない。ずっと入力し続けてしまう。それでも変換効率はいいのでかまわないのだが、ライブ変換とは入力のリズムが全く違うことがわかった。ライブ変換も今までの入力方式も慣れの問題で、一長一短というところ。

ライブ変換に戻ってみたが、やはり慣れてしまった、というのが正解らしい。あんまりスペースキーを押さなくなったというのは、キーボードの寿命が長くなるだろうから良いと思うが、今までの入力方法でもそれほど困らないというのが正直な所。だが、せっかくなのでライブ変換を使う。たぶんライブ変換の方が入力は早くできる。たぶん。


離脱症状は、ほぼなくなった

昨日はおいっこと遊んだりして意識するのを忘れていたが、離脱症状はほとんどなくなった。

まだ頭部の違和感はあるのだが、それもいずれ慣れそうな気がする。
昨日は昼食後の19時頃に布団に入って、そのまま意識を失うように眠ってしまい、2回ほど起きた記憶があるが、6時半までずっと布団から出なかった。10時間以上眠れたことになる。これは珍しいことだ。

昨日はCBDも全く飲まずにやり過ごせたので、もう離脱症状でCBDはいらないかもしれない。もう1種類薬が残っているが、これはずっと飲むらしいので。

明日歯医者さんの前に頓服を飲んで離脱はひと段落する。半減期から考えて2日後の21日にまた離脱症状が気になり出すかもしれない。その時になってみないとわからないが。


Saturday, October 17, 2015

スペイン語の練習本と単語帳が届いた

実は昨日の体調が良い時に注文していたのだが、スペイン語の練習本と単語帳が届いた。

英検2級の1次試験が終わったら、中国語をやろうと思っていたが、結局英検準1級を受ける気になった。さらに、英検の次に中国語よりもスペイン語の勉強をしたくなったので、思いついた時点で試しに簡単めな本を注文してみたのだ。

で、ちょっと読んでみたのだが、スペイン語の方が漢字を習得する手間がなくて楽かと思ったのだが、言語としての難しさはスペイン語の方が上だと思う。動詞だけでなく、名詞や冠詞も変化する、さらに名詞に男性と女性があるのを覚えるのが面倒に感じる。だから、習得の早さで言えば中国語かなあ。と思った。

スペイン語の本をしばらく読んでみて、中国語とどっちにするかを決める。

離脱症状が取れた気がするが…

昨日の昼食後、離脱症状がピークらしかった。

今までは日中は落ち着いていたのに、離脱症状で息苦しいし、心臓の鼓動も早い。
で、CBDを飲んだら劇的に楽になった。なんだったんだ?と思いながら過ごしていたが、夕食後に横になって眠ってしまったら、また具合が悪くなった。眠りながら何か不快な症状というか、悪夢のようなものを見ていたのか、苦しんだらしい。

だが、二度寝してから翌朝の今起きてみると、離脱がかなり楽になっているように感じる。CBDの半減期が今くらいなので、そろそろCBDのサポートはなくなっているが、苦しいとは感じない。

まだ何か症状があることは予想できるが、かなり楽になった気がする。

Friday, October 16, 2015

離脱症状が治らない

火曜の夜から、処方されていた薬を1種類やめたのだが、離脱症状が治らない。

昨日の夕食後ドライアイでやたら辛かったが寝て起きたらその症状は治まっていた。
今は頭がクラクラしたり、締め付けられるような感じがあったり、コーヒーを飲んだらちょっと気持ち悪いなどだ。

離脱症状らしきものはずっと続いていて、その日によって微妙に違うので、その場その場で対処法を考えないといけないが、とりあえず眠れば治ることはわかっている。だが、特に夕方以降の離脱症状が耐え難い。

なんで医者に処方された薬でこんなことになっているのか、訳がわからない。が、私は騙されたのだろうか?それとも自分でもっとしっかり調べていれば、早めの対処、つまりやめる事ができたのだろうか?自分で意図していない依存症になってしまった事に、どう折り合いをつければいいのか?

禁酒2週間経つなあ

最近、断薬と禁酒の話しかしていない気がするが、意図しない禁酒がもう2週間だ。

正直、そろそろビールくらい飲んでもいいのでは?と思っているのだが、先々週の薬の効き過ぎが怖くて薬物を積極的に取ろうという気にならない。飲んでも良いとは思っているけど、飲む気がしない。

処方薬については、昨日も夕食後に離脱症状のドライアイが出てすぐ寝たのだが、先々週の減薬では1日で離脱症状が終わったので、完全にゼロにすることの難しさを感じている。そろそろ夏に買ったCBDが終わるので、ますますやめるのが難しくなるだろう。離脱症状が出たらすぐ寝てしまうことで対処できることがわかったので、もしかしたら対処が簡単になったかもしれないが。

できれば、残り1種類の薬も止められればいいのだが。

Thursday, October 15, 2015

やむおえなかったのかな…

前の記事で「医者に対する不信感を持った」と書いたが、多少和らいだ。

病気そのものについて調べると、「うーん。私の場合はやむおえなかったのかなあ…」と思い始めてきた。どっちにしても過ぎてしまった時はどうにもならないので、今の主治医に怒りをぶつけても仕方ないだろう。

少なくともおとといから厄介な薬が抜けた生活をしているので、多少マシになるのではと期待している。

かなり楽になってきたか

今日は早くに起きてしまったが、それでも6時間くらいは寝ているので大丈夫だろう。

起きてから処方薬の依存について調べてみたら、それだけをテーマにしてブログが成立するくらい重大な問題なんだと気付いた。幸い私はそれほど重篤な依存にはならなかったようで、昨日の夕方の体調不良からは朝にちょっとムカムカしたくらいで目立つ離脱症状はなくなった。

で、調べれば調べるほど、医者への不信感が出てくる。
ここまで薬を飲み続けてきた理由は、治療のためではなく薬そのもののためだったのだ。それを隠されてきたのだから疑うなという方がおかしい。元々の症状が安定したら薬をやめていれば、10年前くらいには薬も病院通いも終わっていたはずだ。

私の10年間は何だったのだ?

Wednesday, October 14, 2015

断薬した薬はヤバイものだった

とりあえず名前は伏せるが、15年ほど飲んでいた薬はヤバイものだということがわかった。
なんで飲まされていたのか?と言うくらい。

先々週から半分に減らして、昨日から完全にやめた薬だが、離脱症状がきつい。で、いろいろ調べていたら、その薬は非常にヤバイものだったようで、そもそも15年も飲み続けたのが異常、ということらしい。で、CBDで症状は多少緩和しているが、今は頭痛がきつい。

だが、ここで離脱症状を乗り越えれば、病気の症状だと思っていた離脱症状はなくなるようで、やめがいはあるだろう。ただ、薬の離脱のせいでその症状が出ているとはっきり言われなかったのが気になる。医者に対する信頼感がかなり揺らいだ。

とにかく頭が痛いが、昨日の不調は夕食後に消えたので、食べてからどう対処するか考える。

そろそろビールを飲んでも…

明後日には意図しない禁酒が2週間になるが、そろそろビールを飲んでもバチは当たらないのでは?と思っている。

思っているのだが、禁酒1週間経ったあたりから、どうも酒を飲みたいと思わなくなった。酒への欲求が全然ないし、飲んでもメシがまずくなるので特別飲みたいとも思わない。コーヒーなりCBDなりを取っていれば別に酒に酔う必要も感じないし、特別リラックスしないと困るタイミング(歯医者とか)では頓服を飲めば良いと思っている。

どっちにしてもこの禁酒は今度の法事で終わるはずだが、今は飲まないままでも良いだろう。


薬が1種類になった

朝夕必ず飲んでいた薬だが、前回の診察で半分に減り、昨日の診察でゼロになった。

離脱症状があるかと思った。が、昨日やはり別の病院でインフルエンザワクチンを打って、その副作用らしき体調不良があったが、薬の離脱症状はなかった。ワクチンによる不調はCBDオイルを飲んだらしばらくしたら治ったが、別にCBDなしでも治ったかも。

話が微妙に行ったり来たりしたが、昨日処方された薬は頓服もなしで1種類になった。

頓服は最近頓服がやけに効くので量を飲まなくて良くなり、もともとあまり気味だったのがますます余りそうだったので、今日は出さないようにしてもらった。残ったメインの薬がものすごく高いので、あまり薬代は減らなかった。

前回の先生の話だと、メインの薬も半分にする予定だったらしく、今回の断薬がうまくいけばさらに薬が減る。去年はやたら薬を増やす傾向だったのだが、何か制度上の変更でもあったのだろうか?

Tuesday, October 13, 2015

今日のあれこれ

まず、英検2級2次試験対策について。

昨日特に対策しないと書いたが、対策本があるので、今ポチった。
すでに品切れで入荷まで7日くらいかかるので、まず近所の本屋をのぞいてみてもよかったかも。本は注文したものの、この手の試験対策ものはどうも向かないので、買っただけで終わるかもしれない。

2次試験後にまた何か試験を受けるか、について。

とりあえず上を目指すのもいいかもしれないと思っている。
次の英検の試験日が1月24日なので、今から勉強すれば3ヶ月ある計算だ。どう対策すればいいかよく分からないが(教材は夏に買い込んだのが沢山ある)、試験の申し込みは12月22日までなので2ヶ月あるので、それまで勉強が軌道に乗っていれば申し込めばいいし、ダメそうなら見送ってもいい。ただ、今の出題傾向は今年度いっぱいらしいので、可能な限り次回で受かるつもりでやった方がベターだろう。

1ヶ月前にこのブログに書いたが、今回の英検が終わったら中国語を勉強して中検を受けると考えていた。しかし、勢いがついている時に頑張った方が良いので、引き続き英検を受けようと思う。

準1級まで受かれば英検はもう良いかと思っていて、そのあとは社会復帰を意識してTOEICを無勉強で受けてみても良いと思っている。1級は難しすぎる気がする。

さらに先の話について

先のことを考えすぎている気がするが、とりあえず書いておく。英検準1級がどうなるか分からないが、受かるか断念するかどっちかの後どうするか。
自分では中検準4級を目指して中国語の続きを勉強してもいいと思っている。だが、最近本心では新しい言語としてスペイン語を勉強したいとも思っているので、スペイン語検定を目指しても良いかと思っている。

まだ大雑把な願望だが、当面は英検2級の2次対策と準1級の勉強のことを考えたほうが良いだろう。

Monday, October 12, 2015

英検2級1次試験行けたなこれは

結果を先に書いてしまうが、英検2級は8割4分取れていた。
つまり、マークミスなどよっぽどの失敗がない限り、ほぼ間違いなく受かる。

リーディングもリスニングも、この1ヶ月くらいBBCを漫然と聴く以外は試験対策をほとんどしていなかった。しかし、リスニングが8割取れていて、試験対策よりも絶対的なのは英語力そのものだと証明してしまった。などと大口を叩いておく。

2次試験の面接試験が受かるかわからないが、受かる前提で考えると、次の選択肢は、

・もう語学なんてやらない

・英検準1級を目指す
・TOEICを受けてみる

・中検を受けてみる

に分かれる。
合格不合格のドキドキは英検が良いが、2級より難しく、準1級よりも語彙が簡単となると、TOEICも捨てがたい。あるいは今は気分が盛り上がってるだけだから、試験はもうやめる、という選択肢も当然ある。正直試験前に鬱々するのはもう嫌だ。

とりあえず2次対策のWebサイトは見て、オンライン英会話でやってたことと同じような感じなので、これといって対策はしないで臨み、2次後の方針を1週間くらいかけて考える。

禁ニコチン2年だが

すでに禁煙は2年経っているが、禁ニコチンは今日で2年だ。
禁煙してからしばらくニコチンガムを噛んでいた。

で、さらに以前5年間くらい禁煙していたし、その後は吸ったり吸わなかったりで、どれだけ肺に負担になっているかは分からない。そういうわけで2年経過については、何回か記事にしたが、あまり感慨がない。

また、これもなんども書いているが、本当に二度とタバコやニコチンは摂取したくない。一度依存状態になったらチャンピックスに頼らないと絶対やめられないし、ストレスでまた吸ってしまう恐れがあるので油断できない。タバコは初めから吸わないに限る。

ここから酒の話。

禁ニコチン2年と比べると大したことがないが、意図せぬ禁酒が10日目だ。これも1年禁酒して飲んで1年禁酒して、という事があったし、続いても大した事はない。それに今の禁酒は多分今度の法事で飲んでしまうのでダメだろう。そもそも禁酒したくて禁酒しているわけではない。処方された頓服を飲んだら効きすぎて、以前より薬物が怖くなったというだけだ。

Sunday, October 11, 2015

英検2級一次試験

正直あんまり行きたくなかったが、英検2級の一次試験を受けてきた。

素直な感想としては「結構簡単かな?」という感じだった。ただし、それは例えば語彙問題の短文が簡単だったとか、長文読解の本文が簡単だったというだけで、正しい解答を選択しているかどうかは別問題で、一時期読んでいたJapanTimesや、今も聴いているBBCのラジオに比べれば簡単、というだけだ。

で、明日になれば解答速報があるらしいので、それで答え合わせをして6割5分くらいできていればまず受かるだろう。それ以下だと微妙になってくる。正直2級に受かっても自慢にはならないが、落ちたらそんな大口も叩けなくなるのだな、という状況。

iPad3を自分の部屋に

一時期ほとんど使ってなかったiPad3を、母に渡していた。
で、しばらくして部屋の模様替えや部屋の使い方を模索していたら、iPad3がやっぱり必要になった。

MacBook Pro→主に机
Mac mini→テレビに接続
iPad→テレビの前の座椅子

と言う風にしたかったのだ。
テレビ前の用途としてはTwitterの検索をざーっと見て楽しむとかWebを見て調べ物をするとか、その程度だ。ソファーのような座椅子にふんぞり返って座っているとMBPはちょっと使いづらいし、iPhoneだとちょっと小さいと感じる。iPadはソファーで使うと使いやすい設計になっていると常々思っていたので、試しに母のものにしていたiPadを持ってきたら確かに使いやすい。

で、もう引き渡してしまったiPad3を「やっぱり返して」と言うのはどうかと思ったのだが、iPad air2はタイムセールの中古でもちょっと高かった。母にiPad3の使用状況を確認して使ってないことがわかったので、というかまだ使いこなせていなくて困っている状況で、返してもいいと言ってくれたので、返してもらった。

で、翌日英検なのにiPadの設定をして、とりあえず使いたいアプリをインストールして眠った。

Saturday, October 10, 2015

飲まなくなって7日過ぎた&英検2級

意図しない禁酒が7日経過した。今日で8日目だ。

先週の金曜に頓服を飲んで記憶が曖昧になって以来、どうも薬物が怖い。
アルコールを含めて。CBDは影響がないので2回くらい飲んだが。

それで、夜の空気が美味しいと思うくらい嗅覚がよくなってしまった。
神経もちょっとピリピリ気味で、頓服くらいは飲んでもいいのでは?と思っているのだが、今まで飲まずじまいだ。

明日は英検2級の試験だ。
結局直前勉強をしなかったが、もう語学学習への意欲が失われたので、受かっても落ちてもいい。とにかく目の上のたんこぶだった英検を終わらせて楽になりたい。まあ、受かったら2次試験があるのだが。

それで、明日試験が終わったら余っているビールでも飲もうかと思っている。
このまま飲まないままでもいいし、飲みたいなら飲もうかと。
ここまでくると、どこまで飲まないでいられるか試した方が面白そうだが。

そういえば、12日には禁ニチコン2年だ。
本当にタバコやらニコチンやら、止めるのに苦労したのでもう絶対にやらない。なんとなく物事に寛容になったりとか、ニコチンにもそれなりに良い点があったが、やめたい時にやめられないのが辛い。
もうニコチンは一生やらない。

Friday, October 9, 2015

組み立て家具の棚を机にした

某組立家具で作った棚、兼つくえだが、分解して支柱を新たに買い直し、つくえにした。

実は先日の部屋の模様替えで棚をエアコンの下に配置したのだが、スイッチを入れると埃が舞って大変だったので撤去しようと思った。だが、他に置くところがないし、机としての機能は欲しかったのでとりあえず分解、というか、天井と中間の棚を撤去した。

で、四隅の柱がニョキニョキ生えている変な机状態になったのだが、なんとなく嫌な感じだった。今の高さを測ったら、ちょうど良い支柱パーツがあったので、注文した。

それで、翌日の今日届いた。
組立てが、というか、支柱を板の四隅に差し込んだだけだが、普通の机に変身した。

使ってみると、上に障害物がないので、ものすごく明るくなった。さらに、高さはキーボードを叩くのにちょうど良い。その代わり、MacBook Proでは画面の高さが低い。そこで、適当な箱の上にMBPを乗せて、キーボードとトラックパッドを使ってみたらかなり良い感じなった。

一時4kディスプレイが欲しいと思っていたが、文章を打ち込むだけだったら別に大きなディスプレイが必要になることもない。それに、いまの環境がさらに良くなったのでこれ以上を求めてもコスト高になるだけで利益が少ないと思った。そのため、別に4kいらねーや、という感じに。

あとは、適当にえつらった箱(CDを入れている)の代わりに、ちゃんとした台を作るか買うかするべきか?というところ。この先環境はどんどん変わっていくだろうから、別にそれもいらねーや、という状況。100均に代わりになるものがないか、一応探しに行く。

やっぱり酒を飲まないと…。

今日で酒を飲まなくなって7日目になる。
ここまでやめられるなら、別に依存でもなんでもないと思うのだが、病歴として残ってしまうのだろうか?

それで、酒を飲まなくなって困ることがあるのを思い出した。
それは何かにつけ感覚が敏感になるということだ。
敏感になるというか、気にしすぎてしまう。

特に今朝は匂いがやたら気になる。酒を飲んでいると感覚がバカになって匂いが気にならなくなるのだが、7日もやめているといい加減飲んだほうがいい気がしている。以前とは違って外の音はそれほど気にならないのだが、匂いは気になる。

昨日の猫のフンの件もあって、神経が参っている。
大雨が降ってフンが屋根から流れてくれないかと思っている。

Thursday, October 8, 2015

猫のフンが…

夕方に気づいたのだが、ベランダに謎の物体が落ちていた。
ここから汚い話になる。

話を続けると、日が落ちてきたので開いていた窓を閉めてカーテンを引こうと思ったら、ベランダに謎の物体が落ちていた。それでマジマジと見たらウンコに見えてきた。で、2階だからどうやってウンコ人(びと)が侵入してきたかよくわからなかったのだが、大きさから判断して、猫以上の大きさの動物だと思った。ひところ頻繁に飛来していた鳥ではないだろう。

それで、処分しないといけなくなったのだが、どうしたらいいかわからなかった。で、とりあえず家にいた親父に聞いてみたら、すでに晩酌を始めており、親身になって相談に乗ってくれなかった。で、窓を閉めカーテンを引きしばらく布団にこもって、母が帰ってきたので聞いてみたら一緒に確認してくれた。やっぱり猫のフンらしい。

で、母から処分の仕方のアドバイスを受け、処分した。というか、ベランダから屋根へ水で流そうとして失敗したので、割り箸で拾って屋根(あるいは庭か?)に投げた。で、本来食べるために使う割り箸を使ったのが気持ち悪かったので、思わず割り箸を投げ捨ててしまった。割り箸は隣の敷地に飛んで行った。申し訳ないことをしたが黙っておこう。
母が猫除けを持ってきたが、ベランダに顆粒状のものを撒くのが嫌だったので、やめておいた。

で、しばらくショックで、その後落ち着いてからもなんだか神経が疲れた感じがして、相当参っていたのだと思うが大変な状態だ。処分してから今までCBDを飲むかどうか悩んでいたが、飲まないにしてもすぐ寝たほうが良いかもしれない。フンごときでメンタルが相当弱くなっているのを実感した。

Wednesday, October 7, 2015

奥歯がしみる

歯医者に行っていて「奥歯のプラスチックが劣化している」と言われていた。

実はもともと下でその箇所を舐めるとしみていたのだが、歯肉の炎症だと思っていて、歯を磨いていればそのうち治るとおもっていた。で、本格的にしみてきたので、歯医者に留守電を入れた。なるべく早く治療してくださいと。

歯のプラスチックで埋めてある箇所が一斉に劣化しているらしく、奥歯は氷山の一角かもしれないが、とりあえず奥歯が治れば不快な箇所はないので、しばらくはマメに歯を磨けばなんとかなる。

そういえば、電動歯ブラシだが、先々月買ってから2ヶ月経ったので交換ブラシ5本セットを安いと思われるヨドバシで買った。親父も同じ機種を使っているので、代金の一部をもらって、みんなが得するようにしたい。5本なんてすぐには使い切れないだろうし。

そういえば腰は治っていた

先日減薬のせいで腰が痛い、と書いた。

それで、その後いつの間にか治っており、とりあえず書いておこうと思った。
減らすのは結構きついよ、という話だったので、かなりビビっていたのだが、思ったよりひどくならなくてホッとしている。元々の量がそれほど多くなかったのが良かったのだろうか?それともニコチンで離脱症状に慣れていたのが良かったのか?

それで、英検2級までに離脱症状が取れなかったら元の量に一時的に戻そうと思っていたのだが、その必要もなくなった。次の通院でゼロにできるといいのだが。

禁酒5日目…。

先週薬が効きすぎて、記憶が曖昧だった件は「意識を失うように寝ていた」というのが真実のようだが、どうも怖い。

それで、その日まで1日おきくらいにビールを1本飲んでいたのだが、全く飲まなくなってしまった。基本的にCBDを飲んだり吸ったり、コーヒーを飲んだりして、禁酒5日目まで来てしまった。
CBDではなかったが、昨日15時頃にビールの代わりになるかとコーヒーを1杯飲んだら、なんだか脳の中がじんわりするような感覚があった。「コーヒーでこんなになるのは、薬の減薬効果か?」と思ったがよくわからないまま。結局4日目も飲まなかった。

この調子で、英検2級の試験日までビールを飲まないままでいた方がいいのではないかと思っている。それで、心の片隅で気にしながらもやる気のなかった英検から解放されるタイミングで、ビールをぐっと飲めば気分がいいのではないだろうか?

Monday, October 5, 2015

MacとopenemuとF310

昨日の朝注文したロジテックのゲームパッドF310がその日の夕方以降だが届いた。

それで、Mac miniにつないでopenemuで認識するか確認したが、最初うまくいかなかった。が、ゲームパッドの背面スイッチをD側にしてから差し直したらしっかり認識した。
で、普通に遊べた。

F310は十字キーがふにゃふにゃしていて、日本のゲーム機のパッドに慣れていると、最初は使いづらいと思う。ただ、しばらくゲームで遊んでいればそのうち慣れるし、安物ならそんなに腹も立たない。

やっぱり朝からやる気がしない

木曜に英検2級の予想問題集を買って、1日分だけやった。とは書いた。

その後3日休み(サボり)、今日はやろうかと思っているのだが、どうもやる気がしない。

今合格圏内なのは明らかだ。しかも、しばらく勉強らしい勉強をしていなくてこのレベルなら、私の英語力そのものの結果なわけで、これ以上急激に悪化したり改善したりするわけでもないだろう。

だから、予想問題集をやっても無駄、と感じている。

正直未だに英検2級なんて受かったって自慢にならないと思っているし、払い込んだ受験料がもったいないというだけで受験するつもりなので、受かろうが落ちようがどっちでもいい。もう有意義な何かなんてしたくない。

Sunday, October 4, 2015

MacOS X El Capitan2日目

El Capitanをインストールしてから1日たったが、未だにライブ変換に慣れない。

スペースキーを押さなくてもいい、というのはどうでもいいことだと思っていたが、いざ使ってみると結構いいものだと思った。キー操作があまり忙しくならない。スペースキー操作は意外と冗長だったのかもしれない。

欠点はアルファベットの入力が不便に感じるくらいで、オンラインで辞書が更新されているのか、℃(どしー、あるいは、ど)やEl Capitan(えるきゃぴたん)など、ひらがなで入力するといつの間にか勝手に変換されるようになった。
「えるきゃぴたん」など、どう見ても日本語ネイティブじゃないとありえない発音なので、ノンネイティブの人にはやりづらいかもしれないが、日本語ネイティブの私にはかなり便利。

横文字や記号がどんどん強化されていけば変換はどんどん楽になるだろう。
しばらくライブ変換を試してみて、GoogleIMEに戻ったらどんな感じになるか実験してみたい。

そういえば、インストール前にすでに入ってたwineの結月ゆかりと銀星囲碁だが、とりあえず問題なく使えているようだ。rubyはまだ試していない。

また昨日インストールしたlogic9だが、結局その後使ってないので、ループブラウザのバグ以外の問題を発見していない。一応ループを並べれば曲が作れることは確認しているが、エフェクトや打ち込みがどれだけできるかは不明。オーディオインタフェースがダメという話はTwitterで確認している。

正直、メインの使い道がブラウザでネットでラジオとテレビの視聴、iTunesで音楽再生(以上Mac mini)とテキスト打ち込み(MacBook Pro)だけになったので、今回のEl Capitanは致命的な問題はないと言っていい。前の記事に書いたopenemuの問題も新しいゲームパッドが届けば解決なので、大した問題じゃない。

今回はかなりひっそり新OSが来た感じがするが、かなり満足している。

El Capitanとopenemu

El Capitanをインストールする前に試しておけば良かったが、テレビにつないだMac miniにopenemuを入れてみた。

で、バッファローのレトロゲームパッドを挿して動作確認したが、ダメだった。ゲームパッドが認識しない。で、Webを調べまくった結果、El CapitanのUSBのバグだとわかった。英語の情報源なので正確ではないかもしれないが10.11.2までは修正が来ないらしい。

それで、別にレトロゲームパッドにこだわっているわけでもないし、とりあえずすぐにゲームをテレビでやりたいので、動作しそうなロジテックのF310をポチった。ポイント使って1100円くらい。今日の夕方には届くと思う。

Saturday, October 3, 2015

減薬で腰が痛い

何の薬を使っているかは伏せるが、1種類の薬を減薬中だ。

で、一時的にものすごい離脱症状が出たが、CBDを使って緩和させていたらそれほどきつい感じでもなくなってきた。
だが、目に見えて具合が悪くなった箇所がある。腰だ。

もともと運動などはあまりしていなかったのだが、薬を減らした途端、腰にくるようになった。動けない、というほどではなく「あー、いてえ。どっこいしょ」という感じなのだが、急に老けた気がして困った。もともと何度か腰を悪くして整形外科に通ったりした。それで薬の副作用でなんともなかった腰の調子が、薬が減ったら悪くなってしまったのだ。

さらに、すでに書いたが歯医者の治療のために頓服を飲んだが効きすぎた。
昨日は一時的に記憶が曖昧で、母は「寝てたんじゃないの?静かだったから」というのだが、寝ていたというよりは意識を失っていたという感じだったので、何か変なことをしていなかったか心配だ。

そのうち減薬の離脱症状はなくなると思うが、とんでもないものを10年以上の長期間にわたって飲まされていたと驚いている。

El CapitanでLogic Pro9を使ってみたら

結論から先に書いてしまおう。

Apple loopがループブラウザに表示されない場合、再インデックスもできない場合は…。ループファイルをフォルダまとめてではなく個々のファイルを直接ループブラウザにドロップする。それで解決。

El Capitanをインストールして、Logic Pro9の設定が中途半端になっていたのをなんとかしようと、いろいろやっていた。というか追加ファイルのダウンロードとインストールだが。
ちなみにLogic Pro Xは買っていない。たまたまLogicをいじってみたかっただけなので、最新のものを手に入れようという気は無かった。

それで、インストールしたのに、Appleloopがループブラウザに出ないし、再インデックスも効かない状態になったので、アップルのサポートサイトに書いてあった通り、「サーチファイル(?)を削除し、ループブラウザにAppleloopのフォルダをドロップした。
が、変化なし。

ファイルを1個ドロップしたらリストアップされたので、finderで⌘+🅰してからドロップした。全部。めんどくさかったが、とりあえず全てのloopをブラウザに表示させることができたので、これで一応解決とした。
半日以上苦労して、ループを使えるようにしたが、これから使うか?と言ったら使わないかもしれないので、無駄な努力だったかもしれない。

El Capitanをインストールした

タイトルの通り。
未だにスペルが覚えられない。

昨日は歯医者のために頓服を飲んだら、必要以上に効いてしまい。午後15時くらいからの記憶が曖昧なまま、よせばいいのに深夜に起きてからビールを飲んで意識がおかしくなり、記憶が戻ってから全く眠っていない。暴れた痕跡はないし、もともと暴れたりはしないので、人に迷惑をかけることはしなかったと思うが、一昨日薬を減らしてからかなり薬が効くようになった気がする。ちょっと怖い。

それで、起きてからはlogic Pro9をあらためてインストールして、暇つぶしに使おうと思った。のだが、MacOSの新しいバージョンが出ていることに気づき、とりあえずMac miniにインストールした。それで特に問題がなさそうだったので、MacBook Proにインストールして、自動変換機能に手こずっている。

自動変換の正式名称を忘れたが、これは確かにスペースキーを押さない。しかし、Google日本語入力と違って、アルファベットまじりの入力が面倒で、Mac miniをいじった時点で気に入って使ってみたものの、やっぱりGoogleIMEの方が使い易い気がしている。元に戻すかはもうちょっと使ってみてから考える。

Friday, October 2, 2015

予想問題集では合格圏

昨日本屋に行ってきて、目をつけていた予想問題集を買ってきた。
本屋のポイントを使って、税込み1,100円くらい。

で、1日目をやってみたのだが、27/45が合格点のところを、29点。なんともギリギリだが、一応合格圏内に入っている。アマゾンレビューによると難易度は本番より多少難し目らしく、これでリスニングの成績が良ければまあ受かるだろうくらいを維持していた。

で、肝心のリスニング問題だが、6日目、7日目にしかない。普段BBCのリスニングをしているのでまあ2級程度なら6割以上行けるだろうと思うが、何とも不安ではある。そう、やってみると真剣になってくるのだ。

今日は休みにして、明日から2日目をやり、残り2日で過去問をやれば良いと思っているが、筆記が合格圏内ならそんなに焦って頑張る必要もないだろうが。

Thursday, October 1, 2015

CBDが処方薬の離脱症状に効く可能性

英検とは別の話。

先日病院で、薬を減らせないか聞いたら、1種類を半分にすることになった。
で、昨日離脱症状に襲われた。具体的にはたばこの離脱症状をもうちょっと違う感じ。なんだか不安感を覚えるような感じといえばいいだろうか?

それで、CBDドロップと4滴と、CBDリキッドを15回くらいヴェポライザーで吸ったら、離脱症状がなくなった。

CBDの離脱では?とも思うが、CBDでここまでヒドイ離脱になることはないはずなので、たぶん処方薬の離脱で間違いない。ということは、CBDは離脱症状に効く、とかんがえられる。これは結構いい発見だった。

英検まであと10日か

久しぶりに投稿する。

10月に入った。
それで、英検2級はあと10日ほどになったが、先日の診察で「英検2級なんて自慢にならない」と話したら「そんなことない」と言われ、母からも「落ちてもいいから受けなさい」と言われ、どっちも「そのうち受ける気になるだろう」と思っていたらしく、そのせいで強く受けろと言わなかったらしい。

で、まだ10日あるから、7日完成の予想問題集でもやろうか?と思っている。それで全く歯が立たないようならさすがに無理だが、そこそこできそうなら受験してもいいのでは?と思っている。もう5,000円ほどの受験料を払っているので、2時間ほどの受験が我慢できないために捨てるのももったいない気もする。

とりあえず先日本屋で予想問題集が1200円だったのは確認したので、今日買ってこようかと思っている。