Sunday, October 5, 2014

Lamyサファリ万年筆あらためてレビュー



実は「買わずに悶々としているよりは、買ってスッキリした方が良いんじゃないか?」と思って、パイロットのコクーンを買おうと思う。
ただ、台風接近中なので、台風通過後の明後日以降にポチると思う。

もうひとつ買おうと思った理由が、最初に買ったLamyのサファリとほぼ同じ価格で、比較しても面白いんじゃないか?と思ったからだ。
ただし、サファリはある程度使い込んでいて新品の同価格帯とは比較しようがないので、先にレビューを書いてしまおうと思った。

で、レビューだが、上の画像のスケルトンのEF(極細)を前提に書く。
悪い面から。

サファリにはニブ(ペン先)が簡単に交換可能で色々なニブを楽しめるという利点があるが、逆にいったん取れるとメンテの時に取れやすくなる。
これは利点の裏にある欠点だ。

さらに、インク漏れがして中指が汚れるという現象に悩まされた。
これは神経質な人には結構辛いと思う。
私は最終的に赤インクを使っていたので、中指の爪が怪我をしたようになってしまっていた。
ただし、記憶の限りではコンバータでパイロットの赤インクを使い始めてからの現象で、カートリッジを使っていた時は問題なかったような気もする。
赤だから気になったのだろうか?

サファリの純正のインクは、今にして思えば、インクフローが渋い。
好みの問題だが、私はあまり気に入らなかった。

良い面。

グリップ形状が正しい持ち方じゃないと辛いので、自然と正しい持ち方になると思う。
使い始める前に「正しい万年筆の持ち方」や「正しいペンの持ち方」でググっておくといいだろう。
私は結局サファリを使っている間は自己流になってしまったが、カスタム74で正しい持ち方に矯正した今サファリを持ってみると効果がわかる。

カスタム74を買ってからしばらくは、コンバーターを買ってパイロットの赤インクに変えて、数学の丸付けに使っていた。
で、パイロットのインクに変えると書き味がぬるぬるになる。
インクフローが良いからだと思うが、サファリにこだわるならコンバーターを購入して色々なインクを試してみたほうが面白いと思う。



冒頭でちょっと書いたが、鉄ニブでも使い込めば書き味がだいぶ違ってくる。
最初書き味に不満でも2ヶ月くらいは使い続けてみたほうが良い。
私は2ヶ月毎日使い込んだサファリ=新品のカスタム74だった。
今はカスタム74の方が断然良いが。
たぶん、よっぽど良い万年筆と比較しない限り、同じメーカーのインクを使うならば長期間使い続けた万年筆の方が書き味が良いと思う。

その他。

サファリのEFの太さだが、カスタム74のFより若干太いくらいだ。
国産は細い。
逆に言うと外国製は総じて太いらしい。

スケルトンは中身が見える。
で、コンバーターを使っているとグリップ部分にインクが溜まっているのが見える。
(故障ではない)
それでもって、赤インクだとグリップが赤黒くて結構怖い。
さらに、キャップがインクはねでうすーく汚れる。
神経質な人はスケルトンはやめておいた方がいい。
しかし、インクの減りなど状態が一目でわかるし、構造の勉強になるので、万年筆の入門には良いかもしれない。

万年筆のインク全体に言えることだが、紙を選ばないと書き味が悪くなったり、そもそも書けないという状況に直面する。
再生紙やコピー用紙にはうまく書けないと思った方がいい。
私は数学ノートに最初はファミマ限定無印100枚ノートを使っていたが、紙質に不満を持ち始め、今は紙質がいいツバメノートを試しに使っているところ。

サファリについてはこんなものだろうか。
対抗馬のコクーンのレビューはちょくちょく途中経過を書くと思うが、正式なレビューは使い込んだ2ヶ月から4ヶ月後くらいになると思う。

No comments:

Post a Comment