Tuesday, September 30, 2014

オッターヴァは有料で音楽だけの放送をするらしい

オッターヴァが明日第2の開局を迎える。

コンピレーションアルバムを発売するなど意欲的な活動をしているオッターヴァだが…「トークいらないんだよね…」というのは私だけではないはずだ。

先ほど試験放送で言っていたが、有料放送(開発が遅れているらしい)でクラシック音楽だけのチャンネルを始めるらしい。
詳細は不明。

無料放送をMacでTuneIn経由で聴いているので、有料放送がどういう形になるのかものすごく気になる。
有料放送、安くMacで聴けますように…。

また減薬だ

今日は通院だった。

昼間の退屈感のせいか、水分の取り過ぎのせいか、メインの薬がまた減ることになった。

以前の量の多さは、本当に具合が悪くなるくらい多かったが、ここからさらに減らすのはちょっと再発の不安を感じる。
先生の言うことに間違いはないとは思うので、信じて減らしてみるしかない。

これでまた意欲的になって水分摂取量が減れば言うことはないのだが。

今日の数学は休み

昨日の日中からウイルススキャンをしていたのだが、全く終わらず、夜に起きだしたらMacがスリープするのと時を同じくしてスキャンも止まっている始末。

仕方なく再び残りファイル数が減っていくのを眺めていたら、あっという間に3時過ぎ。
「問題が検出されました」というメッセージが気になってずっと終わるのを待っていたら、疲れてしまって数学をやる気がなくなってしまった。

結局、「問題が検出されました」は「脅威が検出されました」でなければ特に気にする必要もないらしく、余計な心配をしただけで終わった。

そういうわけで、今日は数学は休みだ。
気が向いたら時間があるのでやるが、細かい数字が減っていくのを見ていたら、本当に疲れた。
だるい。

パイロットの通信講座が

前の記事でかしこまったペン習字はしないつもりだと書いたが、パイロットのペン字習字の通信講座が気になり始めた。

ふと「そういえばあったな」と思ってWebをチェックしたら、受講料が年間13000円くらいでほぼ月1000円。
1年後は年間8500円くらいと安くなる。
おまけのデスクペン代だと思うけど。
そうなると、万年筆を既に持ってる人はデスクペンなしで初めから安くして欲しいかな。
それでも添削付きで月1000円は安い。

だが、続けられるか心配だしなあ、と思ってしまう。
前に買ったペン習字の本はカタカナの途中でやめてしまった。
本代が安かったから良いけど。

ひらがなの練習だけでも字はうまく見えるという話をどこかで読んだし、前に買ったテキストだけ流用して漢字練習帳(小学生が使うようなやつ)を使ってひらがなの練習だけでもしようかなあ。

私の場合、ペンの持ち方の矯正がメインなので、自力で学習するくらいで良いんじゃないかと思う。
けど、ちゃんと習ってみたいなあ。

Monday, September 29, 2014

ペンの持ち方を調べたら

昼飯前までペンの正しい持ち方をWebで調べ、プロジェクトペーパーに習字していた。

厳密には万年筆とボールペンの持ち方には違いがあり、それは調べていただくとして、私の持ち方はボールペンの持ち方が崩れた感じだった。

そこで、人差し指と親指でつまむ方法に変えて万年筆で書いてみたら、インクの乗りの良いそこそこな字が書けた。
厳密にはボールペンは親指がペンに対して90度でなければいけないらしいが、試しに万年筆の持ち方でボールペンで書いてみたら普通に書けるので、これからは万年筆の持ち方で統一する。

特にかしこまったペン習字をしようとは思わなくなったが、暇な時には思いついた言葉を紙に書いてみる事を試してみて、持ち方を矯正しようと思う。

それにしても、正しいペンの持ち方を習わなかった記憶があるのだが、学校では教えてないのだろうか?
これすごく基本の重要なテクニックだと思うんだけど。

「ゆずれないライフログ」へ

類語辞典で「あくまで」の類語を調べてみたところ「ゆずれない」という表現があったので、Googleで翻訳したところ「Life log you do not give up」と出て、特に問題なさそうなので「ゆずれないライフログ」にした。

結局即決だった。
ブログタイトルとFeedタイトルを変更しただけなので、読者の方は特に何もする必要がないはず。

そういうわけで、あらためてよろしくお願いします。

ブログタイトル機械翻訳の表現について

ブログタイトルを変更してから、世界からのアクセスが激減した。

常にアクセスがあるのがアメリカくらいで、変更直後にドイツが1件、あとは全くなくなってしまった。

URL変更でドメインが.jpにリダイレクトされるようになったせいかもしれない。
しかしもっと深刻な問題がある。

Google翻訳で「あくまでライフログ」を機械翻訳すると「life log only」と翻訳されるのだ。
これはなんだか差別的表現に見えなくもない。「white only」の様に。

他の翻訳サイトではこのような翻訳はしないのだが、よりによって利用者の多そうなGoogleでこのような表現になってしまうのは問題だ。

そこで再びブログタイトルを変更する。
ブログタイトルだけ設定変更するので、今回はURLやfeedの設定に影響がないはず。
新たなブログタイトルはまだ決めていないが、他と重複せず、Googleの機械翻訳で無難な訳が出るものを選ぶ。

今すぐ決めてしまうかもしれないし、慎重に検討して明日以降になるかもしれない。

かわいいだけじゃ、あずからない

家族の良くない話をするのははばかられるが、とりあえず書いておく。

昨日一昨日とおいっこをあずかったが、昨日弟夫婦が迎えに来た。
その時親父と弟で口喧嘩になったようなのだが(声だけ聞こえて「ああ、またか…」と思った)、原因はおいっこをあずけておいて、無断で遊びに行っておいっこを返せるのが遅くなりますという報告が遅れた(そもそも弟の奥さんから報告をしていないかもしれない)かららしい。

で、なんで口喧嘩になったかわからないが、親父が弟夫婦がおいっこの面倒を見るのがおろそかになっているのに嫌味を言って、弟が親父に「あんただって若いころそんなに世話してなかっただろ」と強く言い返したということらしい。
でもって、弟が「じゃあ、もう子供連れてきてやらねえ」と捨て台詞を吐いたっぽい。

さらに、母と弟の奥さんの間でもお互い怒っていて、そもそもの口喧嘩の原因はこの二人というか弟の奥さんが作ったらしい。

おいっこの伯父の私の立場から言うと、(他の家でもそうらしいが)孫がかわいいんだろ?連れてきてやったよ、面倒みさせてやるよ、という姿勢に問題があると思う。
こっちのウチではこっちでやらないといけないことがいろいろあって、それにおいっこが加わるのは結構な負担なのだ。
それをただ「かわいいかわいい」だけで面倒を見ろというのはひどい。

さらに、最近弟が増長している感じがすごいのだが、自分の実家だからといってウチに来るなり外で肉を焼き始めたり、ウチの食事に文句を付けたり、テレビのチャンネルを勝手に変えたり。

話はそれるが、ウチはほとんどNHKで(私はテレビ自体殆ど見ない)、民法のバラエティは殆ど見ないのに、勝手にチャンネルを変える、でもってテレビを見ながら悪い姿勢で食事を取る、で、食事に文句を付ける。結果おいっこが真似する。これで子供に教育していると言うのがおかしい。

弟の奥さんも、病気の身で赤ちゃんの面倒を見る必要があるのは大変だろうが、それにしても自由奔放すぎ、ウチに頼りすぎ、ウチがおいっこの面倒を見るのが当たり前だと思いすぎなんじゃないだろうか?
母が、おいっこを放って遊びに行って、これじゃおいっこがかわいそうだ、と言ったら「それは私が一番心を痛めているんです」と言ったらしいが、ふざけるなと。

細かい話は良くわかっていないが、弟夫婦は自分たちが一人前の大人だと勘違いしている。
実家ぐらしの独身男の私が言うのはなんだが、弟夫婦は全然子供で、自分たちは立派な大人だと調子に乗ってるだけだと言いたい。
両親と弟夫婦の様子を見ているだけならここまで言えない。
私もおいっこの宿題を見たり、勉強を教えたり、サイクリングに付き合ったりして、面倒を見ているのだ。
その上で、弟夫婦の(おいっこの教育に限らず)いろいろな見通しは甘い、と言いたい。

結局ただの愚痴になってしまったが、弟夫婦には反省してもらいたい気持ちでいっぱいだ。

ツバメノートに



今日は4ページ進めた。
72ページ目から75ページ目。
全体で3割7分ほど進んだ。

問題はなかなか面白い。
今日はあまり作業感はない。
こういうのは気分的なものだろうか?

プロジェクトペーパーをさばくのはいい加減飽きたので、穴の開いているものも計算紙にするということで、ツバメノートA5横罫100枚(H100S)に移った。

使用感だが、書き味は無印100枚に近い感じで特別良いわけではない。これはPPの方が良い。
だが、インクの乗りの良さがPP並みでこのコスパでこのインクの乗りならば、ツバメノートに移行した方が良いんじゃないかと思っている。
横罫は久しぶりだったが、慣れの問題だと思う。
ツバメノートがA5で方眼で100枚で、横罫の値段だったら完璧(よくばり)。

ツバメA4方眼を後で試すが、コスパ無視ならたぶんそれが最高で、次点ツバメA5横罫、次にPPと来るだろう。
プロジェクトリングノートはリングノートなので、どのへんに来るかわからない。
PPの配点が少ないのは、バラバラの紙をさばくのがめんどくさいから。
私はやはりノートが好き。

この調子だと、これから試すが、ツバメ方眼はいいねえと思いつつもファミマ限定無印100枚から、ツバメ横罫100枚に移行する可能性が高い
中高レベルの数学の私には方眼ノートは贅沢だ。
そして、再び無印100枚を試す必要はないだろう。
ちょうどいいのがツバメノートということだ。

とりあえず方針が定まってきたので、今後の課題は万年筆の持ち方だろうか?
私は小学校の鉛筆の頃から変な癖がついていて、万年筆でも引き継いでしまっているので、意識的に正しい持ち方にしないといけない。
あと、ペンは立てない。

Sunday, September 28, 2014

新しいコピー用紙を試してみたら…

今まで使っていたコピー用紙はもう残り少なくなったのでFAXの方に回して、新しいコピー用紙を出した。

で、万年筆で書けるか試してみたのだが、書ける。
書き味はあまり良くないが、裏写りもにじみもせず普通に使える。
無印100枚ノートの書き味を落とした感じかもしれない。

近所の家電量販店で500枚600円くらいで買ったものだが、元々の紙質が違うのか、前の紙は劣化してダメになっていたのかよくわからない。

今は紙質や罫線の使いやすさなどにこだわっている段階なので、この紙を今すぐ採用というわけには行かないが、いきなり「いつか使うかもしれない」候補に上がってしまった。
でも同じ紙が手に入る可能性は限りなく低いし、やはり書き味にはこだわりたいのでこれはナシだろう。

とりあえずもう無地の感触はわかってきたので、無地のA4ノートは買わないものとして、引き続きプロジェクトペーパーの穴あけしたものを使い切る。
で、プロジェクトペーパーも何となくわかってきたので、次はツバメノートA5の100枚を試す。
ツバメノートは有力候補なので楽しみだ。

A4無地を試してみた

ちょっと気になってボールペン+A4コピー用紙で1ページだけ演習してみた。
そうしたら、無地だったらコピー用紙で良いんじゃないかという結論。
ただし、ボールペン向きで万年筆は使えなくなる。
万年筆はにじむ。

コストはボールペンのリフィルと万年筆のインク、あとは1ページあたりの紙代にかかっているが、ボールペンのリフィルのコストを考えてもコピー用紙はかなり割安なんじゃないかと思う。ただの再生紙だし。
書き味もボールペンならばという条件付きだが決して悪くない。

コスト重視で考えるならば、ボールペン+A4コピー用紙ヨコ(A5の見開きとして考える)の組み合わせが一番良いんじゃないかと思い始めている。
だが、趣味の数学を楽しむ上で、コピー用紙は味気ない。折角買ったのだから万年筆は使いたい。

A4ヨコは良いとして、A4ノートのようにA4タテだった場合だが、試しに真ん中に線を入れて左を演習、右を修正と見立てて1ページ解いてみたが、ちょっと余白が足りない印象。
さらに、無地だと秩序だって書き取りができない感じがする。

線を入れないでA4タテで1ページ解いてみたが、今度は余白が多すぎてもったいない感じがする。
でもA5と比較して、A5で一切間違いがなく問題を解いたとすると同じくらい余白を余らせているので、どっちも大して変わらない印象、
線を入れない場合、無地でも特に問題は感じなかった。
余白がいっぱいあるから、ちょっとくらいずれても問題ない。

最後にプロジェクトペーパーA4をタテにして線を引いた場合と、線を引かない場合、1ページずつ解いてみたが、方眼で数式を書くとき無地で感じていた不安感がない。
線を引かない場合はかなり余裕のある感じだったのは無地と同じ。
なんだか青い鳥の居場所を見つけた気がしないでもない。

だが、具体的には書かないが無地でも方眼でもA4タテはコスト高になるので、右ページを修正用にするという使い方はもったいなくてできなくなる。
A5は無地も方眼も高級品なので選択肢には入らない。

結局数学の演習にはA5横罫100枚がトータルバランスで一番無難な選択なんじゃないかと思う。
それか思い切って万年筆は封印してボールペンとコピー紙にするか(この選択はありえない)。

結局問題を5ページも進めてしまった。
休み休みやってれば結構進むものだな。

そういえば無地を試していない

タイトルの通り。
私はまだ罫線の入ったノートは試したが、無地ノートを試していない。
一応無地のコピー用紙を試しているのだが、あれは紙質が悪くて万年筆は引っかかってダメだった。

だから、紙質のいいA5かA4の無地ノートを試す必要がある。
A5の100枚で無地があれば完璧なのだが、調べてみた感じ、たぶん無い。
(ノーブルのブラウンはあるのだが、高すぎる)
ルーズリーフではあったが、ノートじゃないといやだ。
だが、ルーズリーフでの勉強法を知らないだけかもしれないので、一応調べるだけ調べる。

で、調べてみたら、こんなページを発見した(流れと関係ない)。

A4ノートと思しきページの真ん中に線を引き、1ページで2ページ分使う方法。
私の方法で応用するなら、左に演習、右に修正という感じ。
でも横幅狭くないか?

この方法をつかわないにしても、A4でもA5でも無地を一度試しておく必要があると思うので、今日近所の本屋に行って無地ノートを1冊買って来る。
たしかA4無地のキャンパスノートがあった。
もし買えたら。

PP→無地→ツバメA5横罫→ツバメA4方眼→無印100枚→ツバメA5横罫→ベストを決める

で行こうと思う。
どんどんノート沼にハマっている気がする。
ハマりすぎて燃え尽きないように気をつけよう。

正直演習だけならどんなノートでもいい気がするし。

PPにメリットを感じなくなってきた

 

今夜も1時間強かけて4ページ解いた。
問題は難しくなってきているが、解き方はわかっていて、それをなぞるだけという感じで、作業感がハンパない。
それでもケアレスミスで間違える。どうしろと。

どうも私は万年筆を立てて書いてしまう癖があるらしく、そういう時にカリカリッとなってしまうようだ。
意識して寝かせて書くと普通に書けるので立てる癖をなくせばより快適になるだろう。

プロジェクトペーパーで数学をやる実験だが、コスパとバラバラの紙を扱う面倒臭さを考えると、普通のノートの方が良いと思うようになってきた。
方眼の効果で答案を揃えて書けるという見た目のメリットはあるが、今のところそれ以上の効果がない。
というか、横罫でもそれくらい出来る。

図形問題が入ってくるとかなり違ってくると思うのだが、タイミングが悪かった。
今日20枚事前に剥がして穴あけしたので、それが使い終わったらツバメノートに移行しようと思う。

最初は次はA4方眼にしようと思っていたが、図形問題でのメリットを全く享受していないので、次はA5ツバメノート100枚(H100S)にしようと思う。
A5ツバメノートは2冊あるので、1冊目が終わった所で図形問題に入ったら、A4方眼ツバメノートに移行する。でもって無印100枚に戻り、その後またA5ツバメノートに戻り、マイ・ベスト数学ノートを決定する。

ああ、そういえばプロジェクトリングノートのA5もあるので、適当なタイミングで使う。
でもプロジェクトリングノートは値段が高いので候補には上がっていない。

なんか、なんだかんだ言ってファミマ限定A5無印100枚に落ち着きそうな予感がしている。
書き味が余り変わらなくて、横罫で良くて、安いのだったらファミマでしょ。

Saturday, September 27, 2014

明るくなるとやる気がしない

今まで日中は英語をやっていたが、やめてしまったら急に何事にもやる気がなくなってしまった。(それでもブログは書く)

やる気がないのに退屈という、困った状態がまた来てしまった。
ここでムリに英語をやっても楽しくないし、読みかけの本も読む気がしない。
で、刺激が欲しくて炭酸水を飲んで水分量が増える。で、体がヤバイ。
という道をたどる。

炭酸水だけならいいけど、今日はノンアルコールビールも買ってきてしまった。
週末だから。

現金勘定が厳しい。また貯金に手を出さないといけないのか。
クレジットを自粛しはじめて、現金が厳しくなってしまった。
クレジット勘定を使って炭酸水かノンアルビールをアマゾンで買ってしまうか?
どうせ買い物しないし。
…などと考え始めている。

炭酸水は余り変わらないが、オールフリーの500缶が近所のスーパーより安いので、思い切って買ってしまおうか?



いや、ここで買ってしまうと平日も飲んでしまう。やめとこう。
ところで、PoICモドキの参考になるかと、こんな本を古本で買った。



アイデアマラソンというのが気になって買ったのだが、Webにも似たような情報があったので、1円(送料別)といえども使うべきではなかったか?
いや、原典を知らなくては得られないものもある。
だが、肝心の読む気がしない。
ひらめき体質以前の問題だ。

耳から入ってくる情報ならボケっとしてても頭に入るので、オーディオブックを充実させて欲しい。
古本1円とかになっちゃった本をオーディオブックとして復活させて一儲けしてやろうという根性のある奴はいないのだろうか?
今はアマチュア声優がゴロゴロいるから、萌声で朗読させたら売れるぞ。

まて、これってひらめいているのか?
だが肝心のやる気はない。
ひらめいてもしょうがないじゃないか…。

どうしてこう日中に覇気がないのだろうか?

今日はおいっこが来ることになっているが、家庭教師は夕方だ。
ノンアルコールビールをガバガバ飲んで時間を潰すか?
そうすると水分量が増えてしまう。
ろくに水分も取れないのか…。

最近喉が渇くというか、冷たい水分を取りたいという欲求がすごい。
逆に温かいものを飲み続けていれば水分への欲求は薄れるだろうか?

日中も数学の時間を取るか。
夜1時間だけじゃちっとも進まないから、本当に高校受験の頃に高校受験の問題集をやるおっさんという事態に陥る。

ブログに駄文を書く余力だけはあるんだよなあ。
そもそもこんなひどい文章をブログに載せていいのだろうか?

易占いはこれでしょ

最近は占いからだいぶ離れてしまっていて、筮竹の扱いも忘れる始末。
けど、筮竹が無くても150円と易経があれば十分。
(まあ私は易用サイコロ持ってるんでそっちでやるけど)

この本は私のおすすめ。
占い方から易経の書き下し文までひと通り書いてある。
あとはセンス。



実はブログタイトルを変更した後「しまった、変える前に占っておけば良かった」と思ったんだけど、自分で判断出来ているウチは占いに頼らないほうが良いので、本当に困ったときまで取っておく。実はこの記事はこれが言いたかっただけ。

ちなみに、150円で占う方法は、手に10円5枚と100円1枚を包むように持ってシェイクする。
で、積み重なった上から上爻、一番下が一爻で、百円が変爻、あとは裏表で陰陽を決める。
あとは↑の本で結果を見る。
解釈はその人次第。

恋占いの解釈に悩んで相談を持ちかけられても困るので、解釈云々については相談に乗りません。

ブログは呼吸

たまたま昨日「ブログを書く意味」って記事がいっぱいあるのを発見した。

でも、行為に意味を求めているウチはまだ没入できてないんじゃないかと。
受験生が「なんで勉強しなきゃいけないんだろう」とか思う的な。

私はその記事を読むまでブログを書く意味を考えたことがなかった。
書きたいから書いてた。

たぶん、意味を求める人にしてみれば、ブログを書くというのは高尚な行為で、思索で、いわゆるアルファブロガー的な所を見せたいんじゃないかと思うんだけど、私くらいのレベルの低さだと別に高尚なことも考えず、人から感心されることもなく、ただ駄文を書き続けるだけだ。
それに特別な意味は無い。

数学に置き換えると、「なんで数学好きなんだろ?」という普段からの私の疑問と同じで、私は自分の数学好きを考えているウチはまだまだなんじゃないかと思っている。
朝起きてから音楽をかけてコーヒーを飲むように数学ができるようになったら、本当の数学好きになったんじゃないかと思う。
というか、そこまで来たらライフワークか。

そういうわけで、私は自分のブログ書きに問いかけはしない。
20年前のホメパゲ時代から書いてたら、まあそういう領域に行っちゃうので、依存症とか言われない程度にほどほどにやった方がいいと思うよ。


ここからは面白いだろう

 

今日も1時間かけて4ページ。59ページ目から62ページ目。
63ページ目から連立方程式で面白そうだったので続けてやろうと思ったけど、今日は寝坊(?)したのでやめておいた。
というか、1日1時間が習慣化したな。
2時間8ページは進めたいんだけど。

問題は面白くなってきている。
単純な計算問題が終わったから、あとは文章題や図形問題になるだろう。
そうすればつまらないなんてことないだろう。

プロジェクトペーパーに限らず、万年筆で数式を書く時、眠いと筆圧が強くなってカリカリした感じになる。
別にカリカリでもぬるぬるでもいいんだけど、何となくペン先を痛めそうな感じがする時があって、ああっ、と思う事がある。
万年筆を使う時間帯によっても力の入り具合が微妙に違う。
日中はあまり力が入らない気がする。たぶん気のせい。

ブルーブラックのインクは順調に減っていて(?)、2年以内に70ml使い切る予想。
ただ瓶がΩ型なのでこれから減り方が少なく見える恐れがあり、どうなるかは余談を許されない。

そういえば、先日おいっこが私の所に勉強に来た時、土曜日も勉強に来る、と言っていたが、あれは親(祖父祖母)に伝わっているのだろうか?
お迎えがこなくて涙目、なんてことにならなければいいんだが。

Friday, September 26, 2014

ノートの端っこ切りは良いよ


ここ数日感心したのはこれだ。
出尽くし感があるが、ノートの端を切って最新ページを開きやすくする手法。
これ、1日最新ページを開きっぱなしだと全然効果がないんだけど(だって開く動作が必要ないんだもん)、閉じて置いておくとその便利さに気がついた。

はじめ試した時は「ノートを切るなんて」と抵抗感があり、すぐに次のノートにしてしまったが、今回何の気なしにはさみでチョキンして、ページを閉じて置いてみたら、絶大な効果。

これ↑の効果で、実はこれ↓を買ったのだが、あまり使いどころがなくなってしまった。




ブックダーツだ。
元々測量野帳の最新ページに刺そうと思って買ったのだが、野帳の出番がなく、A6ノートはハサミで解決してしまったので、ブックダーツの良さそうな使い道を追々探ろうと思っている。

最近本を買ってもちゃんと読まないという症状に悩まされていて、付箋やアンダーラインをガンガン入れたい本もなかなか無く、そういう本に出会ったらブックダーツも使いでがあると思うのだが。

ちなみに昔読んだ本だが、比較的最近一番線を引っ張ったのはこの本。



目からうろこです。

また水分摂取量が増えてきたか?

ここの所、減薬の効果で水分摂取量が減っていたが、また増える兆し。

まだ3リットルくらいが2日だけなのだが、最近喉の渇きをものすごく感じる。
何はともあれ、とりあえず炭酸水飲みたい、みたいな。

炭酸水は一時的に1日1本とか、飲まない日もあったんだけど、また3,4本飲むようになってしまった。
炭酸水がやめられない理由がわからない。
酒はやめられるのに。
あんまり切羽詰まった感じじゃないからだろうか?
安いし、アルコール入ってないし。

天気のいい暑い日に飲んでいる気もするので、この先減っていく可能性もある。
でも、空気が乾燥して余計喉が乾くかもしれない。
どっちに行くかはわからない。

水分のとりすぎは金銭的な問題と、健康面での問題があるので何とかしたいのだが、これがどうにもならない。
薬の副作用が飲み過ぎの原因じゃなかったのか?

ここ数日は様子を見るつもりだが、水分量が増えるようだったら…どうしようもない。お手上げだ。

ブログタイトル変えたけど

久しぶりに雑多記事。

わかってると思うけど、変えたのはタイトルだけで、中身は変わってない。
むしろタイトルを中身に合わせた感じ。

だから、ライフハックやら、ライフログやら、数学の勉強やら、思ったことやら、今までと同じようにやっていく。

feedも安定してきたようだし、もう通常運転に入っていると考えていいだろう。

問題はアマゾンアソシエイト(AA)と英語の勉強だが、AAはほっとけばなるようになるだろうし。ダメだったらAA載せないだけ。BANされたらamazonで買い物しないだけ。
英語は当面「やること棚」からは取り除いた。英語でメモというのは続けている。というか日本語で飲み物の事を書くのはめんどくさい。「緑茶」とか「炭酸水」とか。

話は全然関係ないが、おいっこが成績が良くなっているらしい。
算数で95点取ったりとか。社会で90点取ったりとか。
無償家庭教師の私の出番がなくなりそうだが、言われなくても自分で宿題をやり、何をして暮らしているのか良くわからないおじちゃんから勉強を教わって、だんだん小1からの遅れを取り戻した感がある。

AAから連絡があったので、追記する。

PoICモドキが思ったよりうまくいかない

PoICモドキをA6プロジェクトペーパー(PP)と状差し、B6ファイルで始めたのは前に書いた通り。
それがなかなか進まない。

今ははじめたばかりで、ネタの蓄積の段階なので、思うようにカード(紙だけど)が貯まらなくても仕方ない。
だが、最初は1日5枚くらい書いていたのが、今は1日1枚ペースまで落ち込んでる。
そもそも、毎日夜中に起きだして数学やって、日中は英語やって、あとはオッターヴァ聴きながらボケて、という生活をしていたらネタなんてないのだ。
ああ、前記事のさる出没の話は書いた。

とりあえずマメに状差しに貯まったカード(紙)をファイルに移す作業をすると、空っぽの状差しを見て、「なんか書かなきゃ…」って思うんだけど、それも1枚書くとお腹いっぱいになる。

なにかアイデアを書きためるのに、書くことの敷居を低くするためのPPと状差しなのに、これでも書けないのか?という感じ。
ネタはあるはず。

サルが出たらしい

神奈川でも田舎の方、え?そこ神奈川?って言われる地域に住んでいると、たまに変わったことがある。

今日はサルの目撃情報があったと防災無線で放送があった。

まあ、北部の農業地帯だろうけど、サルを見たらとりあえず逃げよう。

Amazonアソシエイト登録URL変更問題

2014/09/25

夕方

このブログのタイトルやらURLやらFeed設定やらをいじっていて、ふとamazonアソシエイト(AA)のサイトを見たら、上にちっちゃく「amazonアソシエイトの管理(だったか?)」みたいなリンクがあった。

で押すと、Webサイトの管理、みたいなリンクがあって、押すと昔AAの登録をした時のブログのURLが載っていた(昔のブログで今はブログサービス自体閉鎖している)。

で、いろいろ調べてたら、なんかWebサイトの登録に瑕疵があると突然AmazonアカウントをBANされてしまう問題があるらしく、かなり焦っている。
胃がむかついた状態で晩飯も食べられず眠りについた。

2014/09/26

4:59

だいぶ時間が経ったが、考えあぐねたあげく正直に追加申請してしまおうと思い、フォームに書き込んで送った。
だいたい「長い間Webサイト変更しないといけないの知りませんでした。今からでもいいですか?」みたいな感じ。

その後ブログにアメリカからのアクセスが短時間にいくつかあり、「あー、これamazonだわ」と思いつつ、反応を待っている状況。

体調は戻り、数学もこなして、いろいろ調べているけど、古株ユーザとかAmazonに貢献したとかは関係なくシステマティックにBANされているらしく、少額ながら商品を売って貢献していた私もいきなりBANされる可能性があり、かなり焦る。

今はamazonからの返答待ち。

8:38

またちょっと調べてみたところによると、深夜に出したフォームは審査申請のフォームらしい。
だから今このサイトは審査中。
このフォームを送ると審査します、って書いといてくれたらもうちょっと気の利いた事を書いたのに…。
だいたい12時間くらいで返事があるらしい。

9:05

審査に時間がかかる時は大抵落ちるらしい…。
さらに、買い物の時のクレカ情報を参照する可能性があるらしいので、削除していたクレカ情報を登録した。
さらにURL変更の場合は古いURLをフォームのURLに書いて、新しいアドレスはコメント欄に書かないと落ちるらしい。
落ちるの確定…。

9:33

審査に落ちる要素をまた発見した。
数学だ。
高校入試の問題集を夜な夜なやっていたら、「中学生じゃん!」ってなるよね…。
未成年はアフィリダメらしいよ。
中学数学やってても40のおっさんです。

9:38

amazonの審査は難しい、ってサイトがあったけど、審査自体は単純にシステマティックにやっていて、細かい所の詰めが甘くてわかりにくく、それが難しいと言わせているというのが私の感想。
amazonに返品した時に思ったんだけど、文書の名前がWeb上と実物では微妙に違ったりとかわかりにくい。

10:06

回答がまだない。
正直落ちてもamazonの商品画像が使えなくなるだけで、最悪アカウントがBANされてもamazonで買い物ができなくなるだけで(すげえ買い物してたのにな)、ブログ存続に何の問題もないわけで、どうでも良くなってきた。
この手の不合格通知は「こんなに一生懸命審査しました。残念ながら不合格です」と言いたいだけなので、ゆっくり不合格通知を待つ。

11:06

AAから連絡があった。
登録申請のフォームは別にあるらしく、そちらを送信するようにとのこと。
早速書いて送った。

11:43

今さっき審査が通ったとメールが来た。
はや!さっきのフォームが正式な申請だとしたら40分くらいで通ったことになる。
昨日からの憂鬱な気分はなんだったのか?
まあ、これでいつもどおり、誰はばかること無くブログ記事を書けるので、まあいいか。

(終わり)

絵の具の匂いっていいよねえ

 

今日は1時間弱かけて4ページ。55ページ目から58ページ目。
問題は面白くなってきた。
難易度は解法を知らないと正解しないけど(解けるけど正解にはならない)、知ってると楽勝なレベル。
私は知らなかった。
私の中学時代にはこんな問題なかった記憶が。

プロジェクトペーパー(PP)に慣れてきた。
PPは無印100枚ノートよりもインクの乾きが早い。
だから、手が書いたばかりの文字に触れても大丈夫だった。

これは意外な発見。
いい紙はそれなりに効果があるんだな。
でもPPはコスパがイマイチなので、これと同じ効果がこれから試すツバメノートであればいいんだけど。

方眼の効果だけど、個人的にはあまり感じ取れない。
それでも解答の列がそろってたりして、見ていて結構気持ちいい。
横罫に戻った時にどれほど違うかが気になる。



数学用万年筆にはパイロットのブルーブラックを使っている。
アマゾンレビューで絵の具のにおいがする、という事が書いてあったけど、言われてみればそんな気がする。
そのレビューワーは不満そうだけど、個人的にはこの匂いが気に入っていて、なんか芸術っぽく感じる。

昨日ブログタイトルを変更したり、URLを一時的に変えたり、Feedを作りなおしたりしたりした混乱で読者が居なくなった恐れがあるが、どんなもんだろうか?
常時閲覧している読者はそれほど多くなくて、過去記事を検索しにくる人の方が多い感じだけど。

Thursday, September 25, 2014

[再掲]URLは元に戻しました。

URLは元に戻しました。
http://toshdiary.blogspot.jp/
です。

Feedの設定を忘れていたので再掲します。

URLは元に戻しました

URLを変更したらアクセスが激減したので、ビビって元に戻しました。

URLはブログの真の住所だから、いじっちゃいけないものだと痛感。
変更したら夜逃げしたのと同じです。マジで。

(追記)
.comドメインが.jpドメインにリダイレクトされるようになってしまいました。
たぶん、.comでURLを入力すれば.jpに飛ぶと思いますが。
(追記ここまで)

feed作りなおしちゃった

なんか調子が悪いので、feedの設定を消して、新たに作りなおした。
これで定期的な読者が消えていく恐れがある。

URLもブログタイトルもFeedも変更してしまったので、全くの素の状態からの再スタートになってしまった。
ちなみに、「普通に日記」は削除されたことになっている。

「普通に日記」から「あくまでライフログ」へ

ブログタイトルを変更しました。

日記だと、1日1回更新のイメージがあるけど、私の場合は事ある毎に1日に何回も更新しているので、ライフログといった方が適切と思われる。

ブログタイトルとURLを変更した影響はどれほどかわからないけど、数日で解消すると思われる(クローラーとか)。

そういうわけで、今後ともよろしくお願いします。

feedburnerの設定いじったけど

feedburnerの設定いじったけど、「普通に日記」から「あくまでライフログ」にブログタイトルが変わらないっぽい。
とりあえず自分でチェックしている用のfeedlyはあたらしいfeedを登録して、古いfeedを削除した。

なにか不具合があったらお知らせください。
余計なことしなきゃ良かったかな?

このブログ「日記」じゃないよね…

ふとブログタイトルを見て、
「これ日記じゃないだろ…」
と思った。

で、ブログタイトルを変更しようと思うのだが、

「普通に」「あくまで」「ひとまず」

「ライフログ」「生活ログ」「ライフスタイル」

を組み合わせて1つのタイトルにしようと思った。
ランダムに6面体サイコロで決める。

…、4…「あくまで」
…、1…「ライフログ」

そういうわけで「あくまでライフログ」というブログタイトルに変更する。

Feedburnerの設定もいじらないといけないので、いつ終わるかわからないが、今から着手する。

左胸が痛い

今朝は数学をやっている途中から左胸がチクチク痛い。
今も続いている。

元々夕食後寝る時に度々左胸のあたりがチクチク痛くなって、
「ああ、眠ったように死ぬのか」
と思いながら眠っていた経緯がある(死んでない)。

30分以上左胸の痛みがあるようなら危ないという話もWebで見たので、このまま痛みが続くようならかかりつけの内科に行ってみようと思う。

関係ないけど、「眠ったように死ぬ」とイメージして眠ったら、引き寄せでいつかそうなるんだろうか?

だんだん面白くなってきた

 

今日は1時間かけて4ページ。トータル54ページ進んだ。
最初は30分1ページのペースだったけど、15分1ページのペースらしい。
問題はだんだん面白くなってきた感じ。

プロジェクトペーパー(PP)の書き味だけど、また良くなってきた。
けど、無印100枚もそれに比べて極端に悪い、というわけでもない。
結局、使えないほど紙質が悪いという事がなければ慣れなんじゃないかと。
でもPPの書き味は慣れると無印よりPPのがいい。
多分無印に戻ったら不満に思うんだろうなあ。

方眼については、書いた解答を眺めてみた感じ、どっかしら(行頭、イコールなど)が何となく方眼にそって書かれている。
方眼効果はあると思われる。
でも、横罫でもそんなに変わらない気もする。
計画では、

無印100枚→PP→ツバメノートA4方眼→ツバメノートA5横罫100枚→無印100枚→一番良かったやつ

と進む予定なので、横罫になった時にどうなるか。
あんまり変わらないという予想。

Wednesday, September 24, 2014

英語やる気がなくなってきた

今日も英語をやる気がしない。
いよいよ止める時が来たか?

ちなみに記録によると、これまで英語にかけたお金は22,599円。
日経平均先物で1枚200円以上逆に行った計算なので、結構使っている。
でも、それなりに充実した時間を過ごしていたので、無駄だとは思わない。
でもちょっと使いすぎた。

これからまたやる気になったらやるが、一旦冷めると再燃するのは当分先なので、手近な本とか全部視界にはいらない所に片付けちゃったほうがいいだろう。

クリップボードキャンセル

A6もA4もキャンセルした。

プロジェクトペーパー(PP)のA6はそのまま表紙をはがせばクリップボードなしでも結構固いので、クリップボードいらないじゃん、ということで。
外で書いた紙は普通のクリップでまとめればうちにあるものを利用して0円。

A4プロジェクトペーパーは立って使う機会がないので、やはり表紙を剥がした状態で使えば困らない、数学で事前に剥がして2穴開けて使っているのは一時的ということで。

そういうわけで、今回もアマゾンさんごめんなさい(土下座)

A4サイズもポチってしまった



クリップボードだが、A4サイズも欲しくなりポチった。
プロジェクトペーパー(PP)は表紙をはがせばそのまま書けるといえば書けるのだが、事前に穴あけをするとなると、紙がバラバラになってしまい(現に今数学用で用意した穴あけ済みPPはバラバラして不便)、剥がした後まとめておくものが必要になるのだ。

PPの数学への利用は一時的なものだが、PP自体は長い付き合いになると思うので、事前穴あけ+クリップボードの準備はしておいて良いと思ったのだ。

ただ、問題があって、紙はヨコで使いたいので、このクリップボードで横書きする時どんな感じか?初めからヨコのクリップボード買えばよかったんじゃねーの?という気分になっている。
穴あけはヨコなので、クリップがヨコについているのは都合がいい。だからいいんじゃね?という気もする。

ちなみに、「クリップボード プロジェクトペーパー」で検索してもこれっぽっちも情報がないが、「クリップボード 裏紙」で検索するとゴロゴロ出てくる。
一番最初の会社がすごくうるさかったから、情報漏洩とかないの?とか思う。

今日は数学も休み

クリップボードの件と、NUboardの件で何となく好奇心が満たされてしまい、数学を休もうと思った。
というか、今日は夜更かしをしてしまったので、頭が回らない。
今週は歯医者がないので、木金とやれば一応週1休暇ペースなので、あまり問題視していない。

最終的にNUboardは4個のピースに分解されたけど、あの状態だとうねっている紙の上に置いてもスキャンが困難で、実用性が極端に落ちた。
2ピースのままにしておけば良かった。もったいないことをした。
私はSHOT DOCSを使うので、別にSHOT NOTEが使えなくても困らないのだが。
まだシート3枚あるし。

いろいろいじるネタとしてはすでに出尽くした感があるSHOT NOTEだが、今の売れ行きはどれくらいなんだろうか?
近場で売っている所がないのでさっぱりわからないのだが、結構売れてるんだろうなあ。
小手先の技で節約しても手間がかかるだけだし、普通に商品を買っちゃった方が早いと思う。
SHOT NOTEの損害に大真面目に取り組むくらいならSHOT DOCS使ったほうがいいし。

眠いのでカフェインレスコーヒーを飲んだら寝る。

SHOTNOTE NUboardで普通のノートをスキャン

今さらSHOTNOTEの話題なんてと思いましたが、一応。
先日「使わないなあ」とSHOTNOTE NUboardを分解して、壁に貼り付けてスキャンできる簡易ホワイトボードにしてみたのですが、まだ用紙(?)が余ってます。
そこでこんなことをしてみました。

切ります。
ハサミは調理用のカニを切るやつ。


真ん中を抜いて、A6キャンパスノートを置きます。
ちょっとノートの開き加減が中途半端ですが大丈夫です。
ちなみに中身は飲水記録なので別に見られても気にしません。


SHOT NOTEアプリで撮影します。
中途半端な状態のノートがスキャンできてしまいます。


こんな感じで無造作にファイルに置きます。


とりあえず撮影できます。


こんなアクロバティックな態勢でも。


とりあえず撮れます。


さらにこうします。


さっきのキャンパスノート上に配置してスキャンします。


スキャンできてます。
でもここまでバラバラにしてしまうと、パーツを無くす恐れがあるので実用的ではありません。


とりあえず見た目にこだわらず、とにかくデジタル化できればいい場合に使えます。
でもSHOTNOTEの作り手の気持ちを害する行為な気がしないでもないです。
真似はしない方が良いでしょう。

野帳は要らなかったかも




A6ノートはただの飲んだもの(飲水量)と服薬メモになり、PoICのパチモノとしてA6プロジェクトペーパーを導入してみたものの、バッファとしての野帳の使いどころに困っていた(外に出ない)ところで、降って湧いたアイデアが、

外でもノートパッド使えばいいじゃん。

というものだった。
そういうわけで、ちょっと良さげなクリップボードをポチった。
こういう時にちょっと良い物を選んでしまうのは悪い癖だと思っている。
140円くらいのでいいじゃん。

これに何枚かA6プロジェクトペーパーを挟んでおいて、外にでる時はペンと共に持ち運び、書き込む、という作戦を思いついた。
書き込んだものは持ち帰り、通常のメモと同様に状差しに刺し、最終的にファイルなりなんなりにストックする。
(PoICではすべてストックすることになっているが、メモの最終処分がまだハッキリ決まってない)

欠点はすでに明らかになっていて、クリップボードに挟んでおいた紙がなくなってしまったらどうする?
ということなんだけど、クリップボードとは別に補充用のプロジェクトペーパーを持っておけばほぼ解決する。

とりあえず屋内で試し、次の通院の時にでも実戦配備する。
で、測量野帳は別に要らなかった、って事になってる。
いずれ野帳はA6ノートの代わりに使う。

Tuesday, September 23, 2014

今日は英語を休んでしまった

今日は何となくやる気がない状態で、ぼんやり1日を過ごしていたら、NHKのラジオ講座を聴かないで1日が終わってしまった。

明日以降1日ずらして聴くか、2日分まとめて聴くかどっちか。

元々乗り気じゃなかったのが、本格的にサボりぐせになるのかもしれない。
いずれにせよ、数学の邪魔にならなければ、やめても続けてもどっちでもいい。

引き寄せ信じたくないけど

最近数学ノートの改革を進めていて、3冊余った無印100枚ノートの使い道をどうしようかと、無印100枚ユーザの使い方をググってみたんだけど、「夢をかなえるノート」という言葉が出てきた。

調べてみたら、このページに行きあたり、見開き左ページに夢を書き、右ページに現状を書くという手法らしい。
最初に発見したページの夢200ページ分ってずいぶん欲張りだな、と思ったけど、これって引き寄せなんだよなあ。

マイナス思考気味の私は引き寄せを信じたくないんだけど…

働いている時は働かないで生活している自分を常に想像していた→結果はどうあれ働かないで生活できてる
体脂肪の目標は16%ってブログに書いた→今朝15.5%
依存気味のものについてブログに止める止めないとやいやいする→最終的にやめているか程々になっている

って事があるので、

将来貧乏確定とブログに書いている→将来本当に貧乏になるんじゃ…
早く死にたいとブログに書いている→本当に突然死とかで死んじゃうんじゃ…

と恐れている部分もあるので、マイナス面を払拭するために引き寄せを実験してみるのも良いかもしれないと思った。
前にちょっと実験したけど(ブログタイトルを変えてみた)、今度は夢をかなえるノートを半信半疑でやってみようかと思っている。
いや、本当は引き寄せなんて信じたくないんだ。

問題はこれと言って夢らしい夢が無いことだ。
願望はある。でもそれは夢と言っていいのか?
願望ノートが正解なんじゃないかと思うのだが、とりあえず夢をかなえるノートを実践してみる。

暇な時に、自分の理想像を考えてみて(そういう作業を最近していない)、夢をかなえるノートに書いていく。
なんか人に見られたら恥ずかしい気がするが、無印100枚ノート1冊使って、とりあえずやってみる。

これも、飽きたらやめる。嫌になったらノートはゴミ箱行き。ムリにはやらない。

問題集としてはあまり面白くないんじゃ…





今夜は1時間半かけて6ページ進めた。
日中4ページ進めたから10ページだ。
結構進んだ。

(追記)
書くのを忘れていたが、ちょうど50ページ終わったので、1/4進んだことになる。
(追記終わり)

難易度的にはだんだん難しくなってきたがまだ歯ごたえがない感じ。
でも1問すごい間違えをした。
文章題は得意じゃないのだ。
それでも簡単めに感じるのだから、難易度はそれほど高くないと思う。

問題集としての面白さは、ニューコース問題集の方が面白かった。
この問題集は問題のカタログみたいなもので、類題で固まっているので、1つ解けると他の類題もだいたい解けてしまうのだ。
それだとあまりワクワクしない。

プロジェクトペーパーを今回も使ったが、万年筆の感触がカリカリした感じになった。
寝ぼけて筆圧が強いせいだと思うが、日中のつるつるした感触はどこに行ってしまったのか?
これだと書き味が無印100枚ノートとあまり変わらない。
とりあえず1冊使いきってみて、様子を見る。

ただ、A4ヨコのメリットもある。
ページ右側は間違えた時の修正用だが、ちょっとスペースがあれば大問1題丸々やり直せる、でもって正解する自信がある、という時は右側を使うことにそんなに抵抗がない。
ノートと違って真ん中の分け目が無いことが効いているんだと思うが、融通を効かせて解けるのは良いと思う。

ただし、紙の減りが早い気がする。
A5ノートと使い方は違ってないのだが、すごい早いペースで紙を消費している気がする。
ノートだと気づかないだけだろうか?