Monday, March 31, 2014

手書きチャートを実践していない言い訳

うねり取りを実践するにあたって、手書きチャートを書かないのは問題だと思うが、一応言い訳させてもらう。

まず銘柄選びがすでに終わっているということである。
つまりいつもの日経平均ETFをトレードするのである。
この時点で手書きチャートの必要性が半分はなくなる。

次に日常的に手書きチャートを書かないのか、ということである。
これはカブコムのウルトラチャートに2年間のラインチャートを書く機能があるので、とりあえずそれで間に合わせる事が可能である。(銘柄選びもだが)

あと、私はどうしようもなく書くことが苦手(筆まめではあるが字が下手)なので、綺麗にチャートを書くことができないと思われる。
それで二の足を踏んでいる。

そういうわけで当面手書きチャートは書かない。
必要だと思い始めたら着手しようと思う。


雑多日記ー今日ETF買い

今日で禁ニコチン172日目、禁酒136日目である。
もうすぐ四十路である。

この本↓を届いてから一気に読んだが、かなり影響を受けてしまった。



普通影響を受けた本と言ったら読んでしばらく経ってから言うことだと思うが、あまりに面白くて、しかも自分のトレードに若干近いということですっかりハマってしまった。
値段が安いのもいい。

昨日はやる気もなく退屈でしょうがなかったが、この本を読んだら異常にテンションが上った。
調子に乗ってこの本↓を追加で注文した。



大体書いてあることは想像がつくのだが、読み物として期待している。

で、本に影響されて分割買いを実施する。
すでに買い目線なので、分割買いするなら別にいつ買ってもいいのである。
銘柄はいつもの日経平均ETFで、1回目の買いは今日、2回めは今週金曜から来週月曜くらいになると思う。
初めての分割買いということで、うまく行かなくてもいい。
すでに後追いになってる。

資金管理・ポジションサイジングは可能な限り今までと同じようにはする。
つまり2ATR(ただし大雑把)の2%ルール(これは厳密)である。
これは外せない。

Sunday, March 30, 2014

雑多日記ーやることあるのに

どうも、やることがあるのにやる気がしない。
たまっているやる事が楽しいことのような気がしない。
そしてやることがあるのに退屈感がある。

という状況にここ数ヶ月陥っている。

思い当たる原因はいろいろあるが、薬の処方量が多すぎるせいかもしれないので今度主治医に相談する。

ところで、炭酸水の消費量が時々ものすごく少なくなる時がある。
いよいよ炭酸水に飽きてきたか?と思いたいところだが、飲むときは飲むのでなんともいえない。
現金勘定の支出は炭酸水ばかりなので、(毎度のことだが)量が減ればお金の節約になって助かる。

そういえば、相場休みは今日で終わりだが、具体的な戦略が全く立っていない。
c波らしいc波もなく、下落相場が終わってしまいそうな雰囲気だが、かといってニュース的には上がる要素もないような気がする。
チャートに素直に従うなら買い目線だが、明日になったら嬉々として買う、という気分でもない。
すこし様子見した方が良さそうである。少なくとも明日は。
完全休養から待機に変わったと思えば、生活に大した変化がないものの、気分には変化があるだろう。

雑多日記ーまた相場本を買った

今日で禁ニコチン171日目、禁酒135日目である。

休日も平日もやることがあるのに退屈感がある。
正確にはやることがあるけどやる気がなく、やる予定のことは楽しいことと思えない。

それでもTwitterとWebはしっかり見ている。
自分のトレードがそこそこうまく行っているので、人のトレードを知りたくなりこの本↓を買った。



古典の部類になると思うが、私はエリオット波動も酒田五法も古典だからあえてやっている。
本が届く前に自前に予習をしておいたが、正直良くわからなかった。
唯一よくわかったのが、マネーマネージメントは5%ルールだということくらいである。
ちなみにうねり取り入門を読むからと言って、うねり取りに宗旨変えするわけではない。
今までとトレードの仕方は変わらない。

うねり取りで色々Webを見て回ったところ、面白いブログがあったので一気に読んでしまった。「うねり取り 批判」でヒットした。
そのブログでも、この↓本でも言っている共通のことがある。



それは「真っ向勝負を経験しないと勝負に勝てるようにはならない」ということである。
本の方では勝負を振り返って分析するところまで書いてある。
ちなみに、本はまだ読み終わっていないというか、やっと本の言いたいところに差し掛かってきたところである。


自分のトレードはうまく行っていると書いたが、実のところ先物miniでドカンと儲けてその後ETFで減らしているというのが実体である。(そのドカンと儲けた額も大したことがない)
ETFのみでは負けている。
それでもうまく行っていると書いたのは、方向感の違うトレードをした時は0.5%ルールで小さく負けているからである。
勝てる時にドカンと勝って、負けるときは小さいというのが私の理想というか作戦である。それができている。
一昨年はこれに加えてETFは増し玉して利益を伸ばす作戦をとって成功していたので、今年もできることならやってみたい。

Thursday, March 27, 2014

観念してWindows7をインストールしなおした

しばらくMacOSXのみでトレードをしてきたが、何かと不便、というかKabuステーションがないとトレードに支障をきたすので、しかたなしに仮想マシンにWindows7を入れなおした。

Bootcampにインストールしていた時は仮想マシンで起動するとライセンス違反と言われて理不尽に怒られたのだが(せっかく買ったのに…)、仮想マシンを新たに仕立てて(Bootcampを使わずに)インストールしたらライセンスのメッセージがでなくなった。
これからまた画面が真っ黒になるかもしれないが、当面大丈夫そうである。
ちゃんと購入して、1コピー1ライセンスを守っているのだから正当な権利である。

アプリケーションは、SecurityEssentials、Chrome、MT4、カブステーションしか入ってない。ウルトラチャートはMac側で閲覧するのでJavaも入れない。
重くなってきたらすぐクリーンインストールするために最低限のアプリケーションしかインストールしない。

もうすぐ7時なので、カブステーションの画面のカスタマイズをする。

雑多日記ーちょっと考えが変わった

今日で禁ニコチン168日、禁酒132日である。
たまに何かの区切りでニコチンが欲しくなるが、すぐ忘れる。

MacのWineで動かしていたMT4が動かなくなってしまった。
原因はわからないが、アンインストールしてインストールしなおしたがやはりダメで、MT4はiPad版をインストールしてあるのでそちらを使うことにする。

先ほど急激な円高があり、日経平均先物が多少下落した。
この先の動きがどうなるかわからないが、今週休むという予定は変えずに、目先買い目線から売り目線に戻したほうが良さそうである。
休みが終わっても、1ヶ月くらいは売りタイミングを待って待機かもしれない。
ひょっとしたらセルインメイまで待たないといけないかもしれないが、空売りの方が得意なので、売りタイミングを待つ。
正直なところでは、小器用に売り買いを切り替えて両方で儲けられればいいのだが。

先日種銭がらみで、「やりたいことをやったら死んでしまえばいい」などと書いたが、今ふとおいっこたちのことを考えたら、考えが変わった。
彼らを見ていると、少なくともあかちゃんや子供の頃は私も愛されて育ったはずだと思ったのである。
それなのに簡単に死ぬなどと考えるのは、大事にしてくれた人に申し訳が立たない。
みっともないことになっても生き延びることを考えたほうがいいと思ったのである。
将来の見通しは相変わらず立たないが、少なくともあっさり死ぬことは考えないようにする。

Wednesday, March 26, 2014

雑多日記ー相場休みとiPhone6購入計画

今日で禁ニコチン167日目、禁酒131日目である。
ここのところ、何となくたばこを吸いたい感じがするのだが、4月10日で禁ニコチン半年になるので頑張ろう。

ETF取引を休んで3日目だが、たまたま難しい状況で休んで良かったかもしれない。
休みとはいえ暇なので、昨日の寄りで1%ルールで買ったらどうなるか、つもり売買してみた。
先物夜場が上がっているので、今日は含み益になっているのではないだろうか?
となると、実際に買ったほうが良かったのではないだろうかと。



これ↑が届いた。
Amazonでは新品が売り切れているが、トレーダーズショップではまだ在庫がある。送料無料で1800円。
『ローソク足チャートの読み方』と比較すると、『ローソク足…』の方が安くて読みやすい印象である。
ただ、『酒田五法は…』は例えば、陽の陰はらみ、陰の陽はらみは動いた方につけ、と言った、ネット上の酒田五法とは違った解釈をしているので、こちらも読んでおいた方が安心なのではないだろうかとは思った。

今の時点での酒田五法の印象だが、これだけでは完璧にはチャートを読めないのではと思い始めている。どちらかと言うとエリオット波動を補完するような使い方になると思う。
酒田五法だけで完璧というのは、パッとチャートを見てすぐピンと来るくらいまで落とし込まないとダメだと思う。
今はチャートと本を見比べながらウンウン言っている。

今朝方、iPhone6のことが気になりだして、5からの乗り換えを検討した。
秋ごろ発売だと、ソフトバンクの月賦残が2ヶ月くらいになるので、発売日と同時に買って月賦を前倒ししても良いと思っている。
ただ、5を使っていて全然困っていないので、もったいなくて買い替えするのを考えてしまう。
だが、ソフトバンクの料金はiPhone代込み、という信念があるので、買い替えしないとむしろもったいない。
今のところ6月発売説と9月発売説があるが、6月だったら月賦が終わるまで待ち、9月だったら月賦前倒しで発売日に購入とする。

Tuesday, March 25, 2014

種銭増やし今後の計画

徒然なるままに書く。

種銭をこの先増やしていって、ETFから先物miniに移行するつもりでいるのだが、結局いくら必要かを逆算してみた。

日経平均のATRが300だったとして(多めに見積もっている)、2ATRで100倍だから、
一回一枚60,000円のリスクを負うことになる。
それが2%ルールだったとして、割り算して3,000,000円。

積立で1ヶ月3万貯めてるから、3百万まで届くのに5年半かかる。

積立とは別に収入があるとチビチビと入金しているので、大負けして種銭が減る事態にならなければ若干時期が早まるが、それくらいである。
5年半後に金融商品のトレンドがどうなっているかわからないが、先物miniがまだETFよりもメジャーだと考えることにする。
ひょっとしたら個人投資家は先物miniよりもETF、という世の中になっている可能性もあるが。

3百万で金融商品の標準の5%利益を達成すると、年15万儲かることになる。
もちろんそこまで行くには私の実力次第だが。

今ふと思ったが、1枚100倍の先物miniよりも、1株(1倍)からベットできるETFの方が複利効果が出やすいのではないだろうか?
そう考えると、ETFでトレードを続けるのでも構わないというか資産形成には効果的なのではないだろうか?

今考えている不安点は空売り規制がかかって50株しか空売りできなくなった時や、規制がかからなくても空売り注文が通らなかった時のことなのだが、規制緩和後50株以上で空売りしたことがないので、どうなるかイマイチわからない。
いずれ50株以上空売りする事態になると思うので、その時に考える。

ATOKをやめた

これまで漢字変換はATOKの月額払い制を利用していたが、試しにGoogle日本語入力をインストールしてみた。

すると、ATOKではありえないくらい軽く、ガシガシ打ち込めるので、しばらく使ってみて問題がなかったため、ATOKを解約してアンインストールした。

ATOKもいいところはあって、日本語の変な箇所を指摘してくれたり、自動的に変換してくれたり辞書機能で変換が正しいか確認できたりする。これは結構便利だった。
…のだが、その機能が足引っ張りになって重たいということはあった。

Google日本語入力も100%良いわけではなく、Googleに変なデータが飛んでるんじゃないかとか、ちょっと不安にはなる。
しかし、メール、ブログ、ブラウザとGoogleにべったりで、今さらプライバシーもへったくれもないので、そこは諦めることにする。


相場を休んだらこうなる

今日で禁ニコチン166日目、禁酒130日目である。
昨日はカブコムに種銭を入金した直後ニコチンガムが噛みたくなったが、すぐにかみたい感じは消えた。

今、午前2時ちょっと前である。
20時ごろ食後で眠くなったので眠り、自然と起きてしまった。

今週は相場を休んでいるが、相場をやってた頃の方がよく眠れた気がするのだが、たまたまなのか、気のせいなのか?

日経平均は陰の陽はらみと思わせておいて、先物夜場が下げている。
この1週間はこの水準で行ったり来たりだろうか?
来週4月に入ったら方向感が出てきて欲しい。

ちなみに私は3月優待を取りに行かない。
先物miniとETFが主体だし、クロス取引をして逆日歩がシャレにならない金額になったら優待どころではないので、それなら何ももらわない方がマシという感じである。

Monday, March 24, 2014

種銭を増やした

今朝の記事を自分で読み返して、「種銭増やしたいなら増やそう。今しかできないことをやろう」と思い、毎月地味に貯めていた積立を取り崩して種銭に加えることにした。

だが、自分の判断に誤りがないか不安になり、母に相談した。
40を前にして母に自分のカネについて意見を求めるのは何だかおかしい気もしたが念のためである。
てっきり母は「大事に貯めているお金を簡単にそんな使い方するのはダメ」と言うと思っていた。
ところが、「良いんじゃないの。自分で貯めたお金だし。使い道もないんでしょ?」と即答でオーケーが出てしまった。

そこで、すぐに郵便局に積立の一部解約をしに行き、カブコムに入金した。
種銭が2倍になった。

1%ルールで何株建玉できるか計算したが、一昨年の成績の良いときくらいの建玉はできる事がわかったが、今はリスクを取りたくないので自信が無いときは0.25%ルールで建玉するかもしれない。
2%ルールは滅多に使わないだろう。

今回ドカッと増やしたが、積立は地味に続けるし、それとは別で余裕資金を地味にカブコムに入金する。

2年後のつもりが今になってしまったが、新たなステージに立つことになった。

雑多日記ー朝からろくな事を考えない

今日で禁ニコチン165日、禁酒129日である。
ニコチンガムの節約金額は8万5千円を越えたが、ひところのビール代、最近の炭酸水代であまりお金が貯まっている感じがしない。

相場を休むと決めてから平日初日だが、朝から退屈である。

『ローソク足チャートの読み方』の検証のためチャートは見るが、ルーチンとしては最悪大引け後にちょっとチェックするだけでかまわない状況である。
値動きを追いかけているといつもと変わらないので、何か普段と違うことをしたい。

読む本は積まれているが、ちょっと読んでやめて、ちょっと読んでやめての繰り返しである。
知的持久力が低下していて、なかなか長時間集中して読書する事ができない。

金曜土曜と天気が良かったので、自転車で散歩程度の事はした。
今日も少しは自転車に乗ろうと思う。
そういえば、チェーンの注油とフレームの拭き掃除をしないといけない。
日曜にやろうと思っていて、体調を崩して忘れていた。

ヒマになるとろくな事を考えない。
主に将来のことなのだが、4月でもう40だから今から人生リカバリするのは不可能だ。
(20後半で病気でリタイヤして、40から病気持ちのままリカバリできた例があるなら教えて欲しい)
いっそのことやりたいことをやり切って、行き詰まったら後は死んでしまう、位のことを考えても良いかもしれない。
そのやりたいことも、せいぜい相場の種銭を増やしたいくらいで、他にやりたいことは大してない。
相場も1%ルールで健全にやっているので、破産してしまう心配はほとんどなく大儲けすることもなく、完全燃焼といえば変だがやり切った感じにはならないだろう。

40になるからといって、大したことはないだろうと思っていたが、結構精神的に不安定になっているかもしれない。

Sunday, March 23, 2014

Macでトレードをして思う事

カブコムでMacで個別銘柄、先物mini、ETFのトレードをして、しばらく経つが、結論としてはMacでも困らないという事である。
ただ唯一の不満が、Kabuステーションを利用できないことである。

しかしMacならば、チャート、板、資金管理はいかようにもやれるので(資金管理はRubyでプログラムしたり)、Mac好きならばMacに対応している証券会社で投資は可能だと思う。

関係ないがFXはMacとiPadがあれば可能である。
最近のFX業者はiPad対応のトレードツールを出してきているので、WineでMT4を動かしてチャートを見て、iPadで注文を出すのである。

工夫すればMacでもやれないことはない。

Friday, March 21, 2014

雑多日記ーローソク足チャートの読み方

今日は春分。
今日で禁ニコチン162日目、禁酒126日目である。

今日も早起きしてしまった。
寝るのが早いのがいけないのだが、食後眠いのだから仕方ない。
しかし、眠い目をこするよりは、すっきり起きれる7時頃に起きたかった。

昨日は相場を休んだ。
しかし、値動きを追わないという公約は守れなかった。
読書の合間合間で日経平均の値を見て、リアルタイムチャートを見て、あれこれ考えた。
しまいにはポジションを持たない事で気分が悪くなってきた。ポジポジ病だろうか?
持ったら持ったで体調がどことなく悪くなるのだが。

『ローソク足チャートの読み方』を読み終わった。



本書では酒田五法とは言わないが、酒田五法に近い感じである。
これを読んで金曜夜の夜場は上昇することが疑心暗鬼ながらも何となく予想できた(最後の抱き陰線)。
この手の本は一度読んだらおしまい、というわけではないので、Macのそばに置いておいてマメに読む。



この本は50%くらい読んだ。
メンタルが追い込まれたときの対策が弱い気がする。
著者が追い込まれたとき楽しんでしまう質らしいので。
「楽しめ」が対策なのかもしれないが。



この本も買ってみた。
この本はKindleではなく物理的に買ってみた。
Kindle本がなかったので。
どうやらスポーツの観点から勝負強さを解説してくれるようなので(推測)、ギャンブルとはまた違った視点が得られるはずである(と期待)。

Thursday, March 20, 2014

雑多日記ー相場のメンタルに悩む

今日で禁ニコチン161日目、禁酒125日目である。

今週のETFの空売りは1回目が月曜の寄付エントリ、火曜寄付イグジットだったが、その日空売りエントリし直した、と言うところまで書いた記憶がある。たしか。
水曜に微損で損切りしたら急上昇して、また元に戻りコマになった。
損切りしていなかったら逆指値に刺さっていて、損失が余計にかかっていたので運が良かった。

予定通りしばらく相場を休み、ローソク足の研究とできればバックテストをしたいと思っている。
チャートは見て検討する事はするが、値動きを追うことは可能な限りしない。(してるが)

ここのところ、7時ちょっと前に起きることが多かったが、今日は久しぶりに3時前に起きた。
CMEの値をたまに見ながら『ローソク足チャートの読み方』を読んでいた。

で、私は手書きチャートに興味を持っているのだが、不器用なので変な失敗をすると思っていて、そんなことよりも相場に対するメンタルが大事なんじゃないか?と思ってふらふらとこの本↓をKindleで買ってしまった。533円。



知的生き方文庫はツボを突いたタイトルで良く釣られる。
4分の1くらい読んだが、意外と良いことが書いてあって、応用すれば相場に通じると思った。

今日はこの本と『ローソク足チャートの読み方』を読み進める。

手書きチャートは気が向いたらやるが、別にコンピュータで見ても変わりないというのが今の考えである。
やってみたら考えが変わるかもしれない。

Wednesday, March 19, 2014

雑多日記ー損切りして空売りしなおすなど

今日で禁ニコチン160日、禁酒124日である。
まだ人に誇れるレベルでもないし、そうなったとしても人に誇ってもどうしようもないと思う。
一生禁酒、禁ニコチンなのだから、淡々と毎日を過ごすしかない。

昨日寄付でETFの空売りを損切りしたが、寄付後1時間もすると「ひょっとして絶好の売り場?」と思い始め、ふらふらと売ってしまった。
大引け1時間前ほど前に「節分天井彼岸底」という言葉がTwitterでツイートされていたのを思い出し「しまった〜」と思ったが(お彼岸は次の週末である)、ここまで来たら逆指値が刺さるまで勝負しようと思った。
前回の損切りしたトレードでは1%ルールで広めに逆指値を取っていたのだが、今回のトレードと合わせて1%になる計算になったので、とりあえず前回のトレードを最後までやった場合に当たる。

昨日届くはずのAmazonからの本は不在票が入っていた。
私は留守にしていたが、父は家にいたはずなので不審である。
とりあえず今日の午前中に届くように手配した。

今月号のモーニングの読み切りの「あたらしい戦争のはなし」という読み切りがすごい、という情報をキャッチしたのだが、外出時に本屋に寄ったものの売り切れだった、ひょっとして24日発売の今月号かもしれないので、25日になったら本屋に行ってみる。
色々調べていると、モーニングの四季賞はすごいという話で、受賞作がまとまった単行本も出ているようなので、試しに単行本を買おうかと思っている。
しかし、漫画単行本のスペースがだんだんいっぱいになってきたので、断捨離を決行しないといけないかもしれない。

Tuesday, March 18, 2014

雑多日記ー空売り損切りとか

今日で禁ニコチン159日目、禁酒123日目である。

炭酸水で酔わなくなった。
炭酸酩酊がどういうメカニズムが起きるかわからないが、とりあえず酔いたくないのに酔っていたので助かる。

昨日の寄りでエントリしていたETFの空売りだが、昨夜の先物がリバウンドしたことで「明けの明星」が完成しそうなので、早々に損切りする。
寄付がいくらになるかわからないが(今8:44)、今の値だと0.5%ルールを設定したくらいの損失で済んでいるので、下手くその代償としては安い方だと思う。

今日寄り天の可能性もあるが、それはそれでまた空売りする。



先日この本『ローソク足チャートの読み方』を買った。
毎日ローソク足チャートを見ているのに、ローソク足について無頓着なのに気づき、手っ取り早く安い本と言うことで買った。
実はすでに酒田五法をまとめたサイトを見て予習しているのだが、今回の下落からリバウンドまでの流れで意外とローソク足が効果的なので驚いている。

今年はまだ3ヶ月経つ程度で年末言ってることが変わるかもしれないが、5年単利の成績で5%を達成したら積立から種銭をドカっと増やそうかと思っている。
今日日銀行金利の安さからただ貯め込んでいるだけでは老後が心配だし、病気のせいで老後がないという場合はなおのこと自分の可能性を十分に試せないのはきっと後悔すると思ったのである。

個別銘柄をやっていれば、上昇相場でガッツリ稼ぐ事もできると思うが、ETFの短期トレードだと資金力がないとどうにもならない。しかし稼げる保証、というか実績がないのでお金を突っ込むのが不安という事もあり、折衷案で2年後の成績で決めることにした。

Monday, March 17, 2014

雑多日記ー主にETF空売りと投資の利率

今日で禁ニコチン158日目、禁酒122日目である。

再び炭酸水で酔うようになってしまった。
しかも、酔っても良いときに酔わずに、酔って困るときに酔うという状況で非常に問題である。
朝食をしっかり取ると酔わなくなるという法則が有効かわからないが、再び試してみる。

先週はETFを空売りしていたが、3月14日の急落を捉えることができなかった。
前日に利食いしてしまったのである。
これが悔しくて悔しくて仕方なく、14日は落ち込んでいたが週末にリフレッシュした。
(正確には日曜の夜しっかり眠れたので週末に疲れるようなことをしても回復した)

私個人の安値のターゲットは日経平均13,500円なので(一説によると12,800円くらいまで下げる)再びETFを空売りし直す。
しかし、そろそろリバウンドが怖いので、許容するリスクはなるべく少なくする。



昨日は『利食いと損切りのテクニック』という本をKindleで買った。
まだ読み終わってないが、第1部の「トレード記録とトレード日誌を付けろ」という所だけで2,660円を出したかいはあった。

トレード記録はカブコムの取引履歴任せだったが、あれは2年経つと消えてしまうため、一昨年の記録が見れなくて困っていたのである。
早速トレード記録と日誌のフォーマットをLibreOfficeで作り、今日の空売りの記録を付けた。

ところで、投資の効率(利率)について調べていたら、金融商品の標準で5%が最低ラインと言うことだったので、今年の成績を計算してみたら、すでに5%を越えていた。
しかし、去年損をしているので、一昨年も含めて単利でいくら稼いでいるかざっくり計算してみたら(一昨年の正確な記録はないが10%稼いだ記憶はある)、3年単利で3%だった。

ことしだけ考えればもう資金をリスクに晒す事はないのだが、去年の損失をカバーするためにもうちょっと頑張らないといけない。
そういう考え方が正しいかわからないが、今年はあと9ヶ月あるので試してみても良いだろう。

しかし、5%にするためにはこの3ヶ月の(自分の中では)壮絶な稼ぎをもう一度やらないといけないくらいのレベルなので、9ヶ月あると言ってもちょっと気が重い。
特に先物miniは今年はもうやらないし、来年も年初にドカンと稼ぐ方法はやめようと思っているので、ETFの稼ぎだけで5%をマークするのは至難の業と思われる。
一昨年の10%は先物miniの利益もあったし、夏場にETFの短期売買で成功したから達成できた数字である。
自分でハードルを上げてしまった感がなきにしもあらずである。

あまり強く自分を追い込む事なく淡々とトレードしたい。

Saturday, March 15, 2014

やっぱり炭酸水をやめるのは

禁炭酸水2日目にして挫折した。

初日は朝2本炭酸水を飲んで、その後飲まずにいられたが、2日目は午後から炭酸水を飲みたくてイライラしてしまい、結局3本買ってしまった。
その日は炭酸水を飲んだら酔っ払った。

翌日は「15時になったら3本買う」というルールを決めたにもかかわらず、午前中1本、15時頃に5本買い、いつもと変わらない状態になった。

炭酸水をやめるのは禁煙と同じくらい難しい。
構えすぎているせいなのかもしれないが、本当に炭酸水を切らすと精神的に安定しなくなる。

当面禁炭酸水は諦めた。
また再トライしたくなったら試す。

Thursday, March 13, 2014

禁炭酸水は順調

禁炭酸水2日目である。

一旦やめると腹をくくったら飲みたくならない。
依存性のある飲み物ではないので、体調の変化もほとんどない。

昨日の夜、説明しづらいが、脳内がお花畑になった感覚を覚えた。夕食を腹いっぱい食べたせいか、眠くなった感覚がおかしくなっただけか、原因が炭酸水とは考えにくい。
すぐに寝て起きたら元通りである。

今はコーヒーに牛乳を入れたものを飲んでいる。
牛乳を入れると気持ち悪くならないことがわかり、とりあえず朝1杯目はコーヒーを飲むことにした。

当初の予定通り、1ヶ月は炭酸水をやめてみる。

Wednesday, March 12, 2014

やっぱり炭酸水やめる

Twitterでニコチンガムやめるやめないの繰り返しでフォロワーが減った事があったが、今回は炭酸水やめる問題である。

やはり炭酸水は特別な時以外やめることにした。
今の在庫が切れたらもう買わない。

正直、炭酸水くらい良いじゃないか、害はないんだし、という気がするのだが金銭的な問題が根強く残っているので思い切ってやめる。
炭酸水は生活の楽しみだったが、頭の中では「二酸化炭素を充填しただけの水になんでこんなにお金を使わないといけないんだ?」と思っていた。

炭酸の刺激を忘れるのは大変そうだが、ノンアルコールビールは1日やめたら味を忘れたので、炭酸水も一日二日我慢すれば何とかなるだろう。
とりあえず今日切らしてからと明日我慢すればいい。
その後1ヶ月はやめる。
ノンアルコールビールは1ヶ月やめたら飲みたくなくなった。

炭酸水に依存性はないのだから、やめる気になればやめられるはずである。
やめられなかったら、炭酸は飲料メーカーの策略である。

Sunday, March 9, 2014

そろそろ禁ニコチン5ヶ月目

禁ニコチン150日目、禁酒114日目である。

禁ニコチンは明日だか明後日だかで5ヶ月になる。特に感慨はない。
少しずつ暖かくなってきているが、たばこを吸いたいとも、ニコチンガムを噛みたいとも思わない。
たばこを思い出すときは口に広がるヤニの味でオエッとなるのを想像する。
ニコチンガムもニコチンを含んだ唾液が胃に入って、刺激でオエッとなるのを想像する。

禁酒の方も特に飲みたいという気持ちがなく、炭酸水を毎日飲んでいればこれと言って酔う様なものは要らないという状況である。
相変わらず炭酸水は飲んでも酔わない。一時期酔ってたのが不思議である。

最近はコーヒー1杯飲んだだけで気持ち悪くなるくらい薬物系に弱くなってしまった。(例えばコーヒーはカフェイン)
頓服を飲むと夕方寝て夕食を忘れて夜まで起きない。

前の記事で書いたが消費の中心は炭酸水で、その炭酸水も1日6本(1本78円)買っているが余り始めている。
この調子で炭酸水も飽きて、飲むものは冷蔵庫にあるものと水道水だけ、と言う状況になると何かと助かる。

何か書き足りない感じがするが、取りあえずここまでとする。

Tuesday, March 4, 2014

炭酸水問題早くも解決

帳簿を眺めていたら、この2ヶ月間クレジット勘定で毎月1万は無駄遣いしていることがわかった。(漫画本やあまり役に立たない品々。漫画が完全に無駄とは思っていないが)
そのため、クレジット勘定を毎月1万減らし、本多静六方式で毎月度始めに2万余計に天引きすることにした。
1万をカブコムに入金し、1万を本当にお金が必要になったときのために別口座に移す。
別口座に移したお金が貯まったらカブコムに入金しても良いだろう。

炭酸水は今まで通り飲んで良いことにした。
やはり生活に潤いがないとお金が貯まっても心が貧しくなってしまう。
無駄は省いて楽しく暮らそう。
(そもそも炭酸水が無駄だという話だったのだが…)

やはり炭酸水はやめた方が良いか?

ここ数週間、以下のように毎日炭酸水を買っている。

ウィルキンソンタンサン(品切れならおいしい炭酸水)4本:75円
サンガリア炭酸水1リットル:98円くらい(記憶が曖昧)

で、1日413円。たばこよりは安いが、結構かかっている。
これが31日で12,803円、1年で153,636円。10年で1,536,360円。

さすがに10年経てば依存性のない炭酸水は飽きると思うが、たばこやニコチンガムをやめた代わりに炭酸水が消費の中心になっている。

ちなみに、15万種銭に加えると、2%ルールで3,000円のリスクを余計に負うことができる。
逆指値が200円逆だとするとETFだと15株余計にポジションが持てる。
その15株のポジションで200円抜いたとすると、3,000円の利益が余計に転がってくる。

10年貯めて150万を種銭にすると、2%ルールで30,000円のリスクを負うことができるので、先物mini1枚でも気楽にエントリできる。
1枚で200円抜くと、20,000円の利益である。
(今の先物miniトレードは種銭に対してポジションサイズが大きすぎるのである)

実際に儲かるかは私の努力次第だが、炭酸水は儲けの芽を摘んでいる恐れがある。

もちろん、生活を楽しむためにお金があるのだから、炭酸水を飲んではいけないなんてことはないのだが、ちょっともったいない気がしないでもない。
1日1本だけとか、週末だけ飲むくらいにしても良いかもしれない。

会計期末の来週末までは今まで通りで良いとして、その後やめるか決める。

ドル円のエリオット波動(2014年3月3日)

ドル円4時間足のエリオット波動のカウントに誤りがあることに気づき、思わず声を上げた。
今のところの正解は以下の通り。


まだ下落トレンドの中にあることがわかる。
今c波入りしていると考えると、ドル円の底値は98.10円くらいまで行くのではないかと思っている(あくまで勝手な予測なので実際どうなるかはわからない)。

今後の投資の方向性

目が覚めて布団の中からiPhoneで書いている。

ETFとミニ先物、システムトレード、四季報片手に長期投資、と投資には色々選択肢があるが、しばらくは日経平均ETFの短期トレードで行ってみようかと思っている。裁量で。

システムトレードもいいのだが、勝てる確信が統計では持てず、エリオット波動のカウントしか確信が持てないので、裁量の方が向いていると思い始めている。

また、四季報をペラペラめくって当たりの銘柄を引くのは楽しいが、エリオット波動のカウントしている方が性に合っている気がする。

そして、ミニ先物はポジションサイズが大きすぎてストレスなので、自然とETFが選択肢に入ってくる。種銭がたっぷりあるならミニ先物なのだが。

実際、相場に開眼したと言えるのは、一昨年の夏にETFのスイングトレードをして利益を上げた時なので、日経平均とは相性がいいのである。

そういうわけで、今年はそういう方針で行く。

Monday, March 3, 2014

雑多日記ー主に先物miniとドミニオンつづき

今日は祝杯と言うことで、炭酸水を飲みまくっている。
今のところ酔わない。
真面目な話、炭酸酩酊もない。

今までウィルキンソンタンサンが最高の炭酸水だと思っていたが、今日サッポロおいしい炭酸水を飲み続けていたらウィルキンソンと同等とまでは行かないが、かなりおいしいと思い始めてきた。
おいしい炭酸水に慣れた後にサンガリアの1リットル炭酸水を飲むと、あまりおいしくなくてがっかりする。
スーパーのサンガリアの在庫はそろそろなくなりそうなので、どっちにしても飲み納めが近い。
サンガリアがなくなったら、予算の都合上炭酸水の量を1リットル減らさないといけない。
もともと飲み過ぎなのだから多少減らした方が良いとは思う。

ドミニオンは結局父に振ったら乗ってきたので、父と2人プレイした。
始め父はルールを理解するのに手こずっていたが、慣れるとコンボを連続で決めるなど楽しんでいたようである。
ちなみに勝敗は2回対戦して私の2連勝である。
スタート地点がほぼ同じならば、多少動画などで予習していた私の方が分がある。
また土日の父がヒマなときに誘おうと思っている。

ちなみにおいっこを対戦相手にする件は、父とプレイしていて「あの子には難しいだろう」という事になって、誘うのはやめることにした。

先物miniは9時台に1枚利食い、その後逆指値を下げて刺さって利食いと、30,000円ちょっとの利益になった。
エントリしてから金曜まで大損の悪夢を見たが、何とか利益になってホッとしている。
その後ETFできっちり2%ルールで売りエントリし直した。
元々のターゲットが13,500円くらいだったので、逆指値に刺さるまではその価格帯まで待つ。
すでに先物の利益があるので、その貯金で今回のリスクをまかなえるので、かなり気が楽である。

Sunday, March 2, 2014

雑多日記ー主に先物miniとドミニオン

禁ニコチン143日目、禁酒107日目である。
ここまで来ると、もう半年、1年のスパンで見ていかないと日数のカウントをするのがいい加減飽きてくる。
毎日朝カレンダーに日数を書き入れるだけなので、大して手間ではないのだが、あまり日数が増えていく喜びを感じない。

先物miniで日経平均がc波入りしたと思って勢いで2枚売った。
その後バク上げしてものすごい含み損(当社比)になって週末を迎えたが、土曜のCMEの急落から言って、まだ勝てる見込みがありそうな気がする。負けたらものすごい損失になる(当社比)。

で、あまりに大きな含み損を見ていたら、前から欲しかったけど対戦相手がいないのが悩みのドミニオンの価格なんてゴミみたいなものだと思い、深夜2時にAmazonで購入してしまった。



当面対戦相手候補はおいっこなのだが、最近うちに来なくなったので、とりあえず一人ドミニオンをしてみた。

元々2人から4人でプレイするゲームなので1人プレイというのは公式にはないのだが、コインプレイアルゴリズムというプレイ方法を忠実に実行するもう一人のプレイヤー(自分)を用意して1人2役でプレイすると1人プレイができる。

一人ドミニオンをやってみた感じ、思ったより虚しくない、というかゲーム自体が面白い。
自分のデッキを強くしていく(カードを財宝カードで購入していく)過程が思った以上に面白く、しばらく一人ドミニオンでも飽きないんじゃないかと思う。

それでもやはり対戦相手がいた方がもっと面白いのだろう。