Wednesday, February 29, 2012

普通に日記 2012年2月28日


Mac設定祭り終了

後は壊してリストアするしか

Macの設定はほとんど終わってしまった。
ThinkPadでやっていたことを、ほぼ完全にスペックが上がった状態で、よりスマートに見える感じで実現した。
これ以上何かやるとしたら、あとはOSをわざと壊してTime Machineのリストアを試すしかないという状況である。
さすがにそこまでできないので、Macらしい作業を試してみるなりしようと思う。無料の添付ソフトで。



デスクトップPC譲りますよ

Mac miniの小ささにタワー型PCが邪魔くさくなったのは前に書いた通りだが、マジで無料で譲る予定である。
私には、誰もいない部屋に通電しない状態でPCを放っておくと、起動しなくなるという法則があるので、とりあえずコンセントにはつないでいる。
とっとと譲りたい。



肩痛い

寝て起きるだけで痛かった

右肩甲骨の痛みは昨日がピークだったかも知れない。
横になった状態から起き上がるだけで痛いのである。
動く度に「いてて」という私に母が手を打った。



コーケントーを知ってるかい?

コーケントーである。
情報はネットでも少ないのだが、カーボンを燃やして自然光を発生させて、その光を当てると体に良いよ!という代物である。戦前からある民間療法である。
話を聞くと怪しいが実物の見た目も怪しい。でも効果はそれなりにある。実際今日は強烈な痛みはだいぶ和らいだ感じがする。まあ、それとは別で薬を飲んだのだが。



極力マウスを使う

トラックパッドを使い始めてから肩が痛くなった気がするので、極力マウスを使う事にした。
幸いあまり使わなくてもキーボードショートカットなどで、トラックパッドの操作の代用できるので、しばらくマウス+ショートカットを追求しようと思う。



日経平均

朝迷うが

自分の引いたトレンドラインぴったりに押し目が付いていて、逆に気持ち悪く、また下がるのでは?と買いエントリしなかった。
上がって置いて行かれてもかまわないと思っていたのだが…。



夕方後悔

Macの設定などで遊んで、先物miniの値を確認したら、鬼のように上がっているではないか。
ハードディスクケースではなくて、外付けハードディスクを普通に買えるくらい稼げるくらい勝ててたはずである。
もう過ぎたことは仕方ないし、リスクを取らなかった自分の責任である。
後悔はするが、諦めるしかない。



Tuesday, February 28, 2012

Mac miniでTime Machineにトライ


タワーPCをクリーンインストール

ハードディスクが余った

Mac miniWindows環境が思いの外うまくいっているので、最近ThinkPadに役割を譲っていたタワー型PCはもうお役ご免だろうと思った。
というか、Macの小ささにタワー型の大きさが嫌になったのである。
システム用1台、データ用2台のハードディスクを内蔵していて、データを1台に集められたので、システム用1台だけでWindowsをクリーンインストールした。
そして、データの入ったハードディスクと、空のハードディスクが残った。
話の筋とは関係ないが、タワー型PCは誰かは決まっていないが譲る予定である。
弟の会社の新人君たちか親戚のおじさんに譲る予定だが、Twitterなどでフォローしてくれている人でウチか近所の待ち合わせ場所に取りに来られる人でもかまわないと思っている。



Time Machineを試すしか

それで、気になっていたMacの機能として、Time Machineがあったのである。
外付けハードディスクがあればバックアップが自動的に取れる、というのはThinkPadでもあったが、1時間おきにバックアップを取ってくれるとは、私の中では前代未聞だったのでMac設定祭りの最後を飾るために試してみることにした。



外付けケースを買ってきた

ついでにハードディスクの必要容量を確認

で、某デポに内蔵ハードディスクを外付けにするケースを買いに行ってきた。
ついでに、Time Machineに必要なハードディスクの容量を確認してきたかったのである。
Mac miniのハードディスクが500GBで、100GBWindowsに使っているという条件で、Time Machineには500GBもあれば良い、と言う話だったので、外付けケースを2つ買って帰ってきた。
仮に容量不足でもケースは買ってくるつもりだったのだが。



お安く外付けハードディスク

タイの水害がらみでハードディスクが高くなっているそうだが、ケースは大して高くなかった。
ACアダプタ、ケーブル、縦置きスタンドが付いて2セットで4,540円である。
組み立ても英語マニュアルだったが大して難しくなく、簡単に外付けハードディスクが2つ出来上がった。



バックアップの自動化

すっごい楽なはず

さっそくTime Machineを試してみたが、1時間おきに外付けハードディスクが動いてバックアップを取ってくれる。
バックアップ中も普通に使っていてもかまわない。
これは楽かも知れない。少なくとも自力でSDメモリにコピペバックアップするよりは楽だ。



自力バックアップやめた

そこで、SDメモリに最低限取っていたバックアップをやめることにした。
どうするか?



Macにデータを集約

Macのハードディスクにデータを集約するのである。
今まで物書きをする度に投げていたEvernoteはそのままで、ばらばらだった家計簿や投資の表計算データ、MP3ファイルなどを全てMacに持ってきた。
そしてまとめてTime Machineにバックアップしてもらうのである。もうコピペバックアップは必要ない。
それにしても、もうがっちりMacのシステムにはまり込んでしまって、Macをやめるのが非常に困難な状況に追い込まれてしまった。
Macは気に入っているのでかまわないのだが、ここまでがっちりはまるとさすがに怖いものがある。



ゆかりんに読んでもらうと物書きが捗る

今回の記事からまたゆかりんことボイスロイド結月ゆかりさんに書いた文章を読んでもらっている。MacOS上で動くWindowsの中で。
やはり細かいアラは読んでもらうとぼろぼろ見つかり、さすがゆかりんと思わざるを得ない。
ゆかりんのためにWindows7VMwareを買って良かったと心の底から思っている。
カブステーション?メタトレーダー?スターゲイザー?そんなものインストールしただろうか?覚えていない。



MacでコミPo!使ってみた

Mac miniだがVMwareのインストールも終わり、Windowsアプリを入れまくっている。
コミPo!もMacに移動した。
で、即興で作ったマンガがこれ。


最後のコマはMacでドヤ顔、には見えないか。

トラックパッドではキャラの移動などが面倒なので、併用しているマウスで作業した。
Windowsはマウスじゃないとちょっと使いづらい。
トラックパッドでも使えないことないのだが、Windowsではマウス操作が慣れているので。

普通に日記 2012年2月27日


Macいじりは続く

Bootcampで一悶着

Windows7VMwareが届いたので、とりあえずBootCampを設定してみた。
いわゆるMacWindows用ドライバをつくる所で失敗し、サポートに連絡したが訳のわからんお兄さんで、あとで格上のおねえさんに代わるまで頭に血が上りっぱなしだった。
Macというとサポートが良いイメージがあるけど、それほどでもないなあ、という感想。むしろいい加減っぽい。
サポートのダメさは製品の良さでカバーしてる感じ。



なお、このトラブルの対応法はTipsブログに簡単に書いておいた。



VMwareはファイルが壊れている

VMwareUSBメモリにインストールファイルが入っているのだが、ダブルクリックしてみると「ファイルが壊れています」的な事が表示されにっちもさっちもいかず、サポートに連絡して作業は中断になった。BootCampの時点で疲れ切ってしまったので、VMwareのサポートの連絡待ちである。



Windowsが関わるとろくな事がない

今まで特に問題もなくセッティング出来ていたのに、Windowsが関わったとたんに急に雲行きが怪しくなってきた。
WindowsWindowsマシンで使うのが一番なんだろうか?



肩が痛い

トラックパッドのせい?

右肩というか、肩甲骨が痛いのだが、マウスからトラックパッドにしたせいではないかと思っている。
私はマウスのせいで肩が上がったり下がったりしているので、これ以上悪くなることはないはずで、むしろ良い方向に向かっていると信じたい。



友人と電話

友達って必要だよね…

昨日友人に電話して出なかったのでがっかりしていたのだが、仕事だったらしい。
今日電話があり、延々としゃべった。
近況報告ができるくらいの友人がいないとやっぱり寂しいかもしれない。






Monday, February 27, 2012

Skypeボタンを設置

SkypeIDをブログ用に新たに取得した。
相場ブログと共用なので、連絡を取りたい方は「日記ブログを見た」旨をお知らせいただきたい。

基本的にヒマなので、いつでもかけていただいてもかまわないが、都合が悪いときもある、と言うことはご了承いただきたい。

普通に日記 2012年2月26日


睡眠改善

6時間は眠れる

一昨日の夜からだが、急に睡眠が改善した。
いつも起きるのが0時から2時だったのが、6時間は確実に眠れるようになったようなのである。
寝起きも超早起きしていた時と変わらずすっきりである。むしろ前より良い感じだ。



原因は不明

何が理由かはさっぱりわからない。
自分の心に何か変化があったのか、季節の変わり目なのか、Macを使い始めたからなのか(それはない)。
まあ、原因がはっきりしたら、それを意識してしまってまた眠れなくなるかもしれないので、あまり深く考えるのはやめよう。



のどがイガイガ

睡眠時間が延びて、困ったこともある。
寝起きでのどがイガイガするのである。のどが乾いている。
いつも起きたらコーヒーを飲んでいるので、飲むとのどの調子も戻るのだが、これは空気の乾燥のせいだろうか?
口呼吸でもしているのだろうか?



インフルエンザ落ち着いたか?

母はもう平常運転

母のインフルエンザはもう大丈夫の様である。
とりあえずメシの心配をしなくて済むようになった。
やはり母の作るメシが一番である。



父は咳が止まらない

父は咳が残ってしまっているようである。
一頃の私の様に、咳が止まらずに困る、なんてことにならなければいいのだが。
というか、近くに咳の止まらない人がいると、こんなに感じが悪いのかと、咳の止まらない事が多かった昔を思い出してなんだか悲しくなってきた。



タワー型PCを手放す予定

Mac miniでなんでも出来るようにする

今日予定通りならWindows7VMwareが届く予定である。
そして、MacWindowsアプリが問題なく動くようになったら、前記事で書いたとおりタワー型PCを譲るつもりである。
タワーPCは使っているときの存在感は頼もしいが、使わなくなるとこれほど邪魔くさい代物なのかと驚くほどである。
特にMac miniの小ささとスペックと比較して、スペック的に落ちる大きなだけのタワーPCの見かけ倒しぶりが情けない。
今まで大事に使ってきたのであんまり悪く言うのもかわいそうだが。



ハードディスクケースを買わないとなあ

タワーPCを手放すとなると、さらに課題が増える。
プライベートな情報が満載のハードディスクをPCから抜くのは良いとして、ケースがないと読み取れなくなってしまう。
通販で安く済ませたいが、PCケースの知識があまりないため、PCデポに出張って店員さんと相談しながら買い物するしかないかなあ、と。
相談する相手がいるだけありがたいと思うべきか。



Sunday, February 26, 2012

Mac miniの現状 2012年2月26日

Teamviewerを導入してリモート操作できるようにしたので、机の上からThinkPadを撤去した。

現状はこんな感じである。


机の上はいつも片付けているのできれいに見えるが、部屋は全体的に散らかっている。
写真は格好がついている所だけ写している。
いい加減いらないものなどを捨てたいがなかなか実行に移せない。

と、書かなくても良い情報を提供してしまったが、次の課題はBootcampとVMware導入である。実はすでにWindows7とVMware4の発送待ちという状況。もう何か試さないといられない気持ちでいっぱいである。

Mac miniのWindows環境が整ったところでほとんど使っていないタワー型PCも撤去する予定である。タワーPCは写っていないが、大きすぎてじゃまである。Core 2 Quadマシンなのでスペック的にはまだ十分使えるため、大量の(見られたくない)データが入ったハードディスクだけ抜いてクリーンインストールし、欲しい人に譲りたいと思っている。まだ確認は取っていないが候補は一応いる。

普通に日記 2012年2月25日


6時間眠れた

ぐっすり

正確には今日の話だが、珍しく2145分就寝の4時起きである。6時間も寝た。
感覚的にはいつもと同じ3時間くらいで起きた感じがするのだが、それだけぐっすり眠ったのだろう。



のどかゆい

なんだか眠りすぎたせいか、のどがかゆいというかイガイガする。
寝ているときに口呼吸しているのだろうか?
風邪の前兆でなければ良いが。



まだMacの話はしないわけには

HHK良いよ

すでにレビューを書いているが、HHKは良い。
タイピングに夢中になる。



久々にキータッチの良いキーボード

ここしばらく1,000円以下の安いキーボードを使っていたので、良いキーボードは久しぶりである。
なんだかんだ言って、キーボードは値段で違うんだな、と思う。



変な癖も慣れた

へんてこな癖もだいぶ慣れてきた。
使っていればそのうち慣れるものである。
イラッとポイントはレビューで。



メモリ交換で快適

何しろ簡単だから

私がPCの自作をしていたからではないと信じている。
やってみるとかなり簡単なのでMac miniのユーザは自力でやれば良いと思う。



MacOSXは良いね

なじんできた

トラックパッドの操作にだいぶ慣れてきた。
これは良いものだ。技術的にすごいというのもあるが、何しろアイデアがすごいと思う。
こういう良い物を使うとなんだか満足感が高い。



こっちのが良い

どうしてもWindowsとの比較になってしまうが、やはりMacの方が良い。
何しろUnix(ベースはBSDだよねえ?)だし、UIは斬新だし、理想的なOSと言えるのではないだろうか。
大学時代に最初にMacを選択した自分はよく選んだと思う。えらい。思えばあの時は大変だった。



Windows7注文

宴は終わらない

昨日、一通りセッティングが終わってしまって、ぽっかりしてしまった。
気分が落ちるのが嫌だったのでそれを埋めるべく、Windows7VMwareを注文した。
宴は終わらせない。



ゆかりんのために

理由はゆかりんをMacで動かしたいからである。ゆかりんがいないと私は文章が書けません!
…他にも理由はある。カブステーションがないとやはり先物miniはやりにくいので(いっそのことやめちゃうか?くだらない趣味だし)、Macでも動かしたいと思ったのである。



Mac用のソフトも色々欲しい

無料なのに躊躇

Appストアで欲しいMac用ソフトは、XcodePagesiBook Authorである。
XcodeiBook Authorは無料なのだが、使い切れるかなあとちょっと躊躇してしまう。
無料だからとりあえずインストールすればいいのに。



PagesLibOがあれば

Pagesはブログを書くためのアウトライン機能と文書の簡単な装飾を試したいというだけである。
1,700円くらいだったはずなので、買っちゃっても問題ないのだが、ちょっと躊躇している。
MSOfficeと比べれば断然安いのだから買っちゃえば良いじゃないと思うんだが。



Saturday, February 25, 2012

今の机の上はこんな感じ

Mac導入後の現状はこんな感じである。


ディスプレイの右にThinkPad、左にMac mini、たいていトラックパッドを使っているが、いざというときのためにBluetoothマウス(Macの上)と有線のマウス(写っていない)を別途用意している。

スペック的にはMacの方が上だが、小さいはずのThinkPadの方がかさばっている。

家電量販店で1,000円くらいで買える電卓は、コンピュータの近くに常備しておくと何かと捗るのでおすすめである。

Mac版Happy Hacking Keyboardレビュー


名前が怪しいが使う人もたいてい怪しい(?)キーボード

古式ゆかしい方がたの中には、元々Hackingという言葉は悪い言葉ではなくてな…という話をする人もいるにはいるが、たいてい世間ではハッキングとは怪しい行為の代表である。
知らない人には悪いイメージが先行しそうな名前のHappy Hacking Keyboardだが、好きな人には非常に良いものらしい。
昔からちょっと気になっていたので、良い機会だからMac mini導入と同時に使ってみることにしたのだった。



昔懐かしい打鍵音がひびく

大学時代はキーボードにやたら気をつかっていて、研究室の人間みんながメカニカルキーボード(ものすごくガチャガチャ音がする)を使っていたりしていた。
それとはちがう系のなつかし打鍵音だが、どのように説明すればいいのか無知な私にはわからない。
この音がしてると、「ちょっとキーボードに気をつかってます」と無言のアピールができそうな感じである。
だが、私の部屋にはそれがわかる人は訪れないだろう。永久に。



ファンクションキーが打ちにくい

コンパクトなキーボードのため、ファンクションはFnキーを押しながらでないと効かない。
そのため、文字入力で変換するときにファンクションを多用する人は慣れないうちはイラッと来る可能性が大である。



コマンドキーが狭い

Macのショートカットに使うコマンドキー(なにやら記号のキー)が狭い。
そのため、コピペなどが非常にやりにくい。
特に左手だけでコマンドキーとCなりVなりを押すタイプの人はかなり困るだろう。
それともハッピーなハッキングにコピペは不要、ということだろうか。



キータッチは最高だが慣れないとイラッとくるかも

打鍵感は非常に良い。文章を打っているとかなり熱中してくる。
だが、書いたとおり慣れないとイラッと来る特徴も備えているので要注意である。
ハッキングと関係のない一般人的には、



気持ちよくタイピングがしたい、
机にスペースがない、
テンキーが邪魔、
ちょっと人と違うものを使ってみたい、



という人には良いだろう。
そうでなければApple純正のキーボードを買うのが無難だと思われる。
私は打鍵感で気に入ったが、細かいコピペ作業にはかなりイラッと来る。
たぶん慣れだろうと思うが。



Mac miniのメモリを交換


とりあえずメモリのレビュー

Mac miniシリーズが続くが、増設用のメモリとHappy Hacking Keyboardが届いた。
さっそく導入したのだが、メモリとキーボード別記事で話をする。
今回はメモリ増設に関してである。



交換はすごく簡単

交換ははっきり言って機械オンチでない限りは誰でもできると思う。
底のフタを開けるとメモリがすぐ見えるので、元のメモリと同じように差せば良いだけである。
これはPC屋の手数料5,000円の仕事ではない。自分でやらないともったいない。
メモリそのものもアマゾンで3,000円ちょっとなので、買わない手はない。



2GBから4倍増しですごく軽くなった!

梅のデフォルトのメモリサイズ2GBから4倍の8GBになった。
スワップ領域(メモリが足りない部分をハードディスクに収める記憶領域)が2GBほどあったのが一気にゼロになり、普段使いそうなアプリを全部起動して、ニコ動のマイリスト再生をしても余裕である。
全然関係ないが、実際の上限の16GBでなくて、定格の8GBにしたのはMacを買った店のお兄さんに、「16GB差したら保証が効かなくなりますよ」と言われたからである。
この手の保証はあってなきがごとしだが、初期不良で泣くのはいやだったので、とりあえず保証があるうちは8GBにすることにした。
といっても、Appleの保証がいつまでなのかも知らないのだが。



ファンから大きな音が

最初の再起動の直後、ファンの音が大きくなって「うわ、ひょっとしてものすごい熱出てる?」と思ったのだが、しばらくして元通りになった。
次の起動時も同じ現象があるかもしれないが、普通に使っている分には問題ないだろう。



とりあえずこれでWindowsVMwareも大丈夫でしょう

もうセットアップも終盤にきていて、WindowsでやっていたことのほとんどはMacで出来るようになってしまった。
Macで出来ないことと言えば、Windows専用のボイスロイドの結月ゆかりさんとカブドットコムのトレードツールであるカブステーションくらいである。
しばらくはThinkPadと併用で対処して、あまりに不便に感じるようになったら、MacBootcampVMwareを導入する予定である。
Windowsはかなりメモリが必要だが、8GBのうちの半分の4GBも割り当てれば十分だろう。VMwareにそういう微調整ができるかは知らないが。
そういうわけで、ハードウェアのパフォーマンス的には一件落着である。



Mac miniについて今の時点で気づいたこと


珍しくマインドマップではなく、箇条書きでMac miniで気づいたことを書き出したので、ここでまとめてみる。
ちなみに、Mac miniのランクは梅(一番スペックがしょぼいやつ)で、メモリ増強もまだ、トラックパッド使用、キーボードはHappy Hacking KeyboardHHK)が明日到着なのでPCのものを無理矢理使ってる、という状態。
比較対象はWindowsマシンはWindows7入りのThinkPadX61sで、Mac10年以上前のMacOS8である。Macに関しては浦島太郎だ。

Macは音が良いかも

気のせいかもしれないし、比較対象がビジネス向けのThinkPadと比べるのはどうかと思うが、音が良い気がする。
Sonyの小さなスピーカーを使っているのだが、スピーカーが変わってないのに音がよくなった気がする。
あくまで主観と思ってほしい。



メモリが足りなくなってきても固まったりしない

元々Unixの堅牢さがあるせいか、色々アプリを立ち上げて、あげくにニコ動の連続再生をしてメモリが足りなくなっても落ちたり固まったりしない。
MacOS8の頃と比べると雲泥の差と言える。メモリを8GBにしたらかなり快適になるのではないだろうか?



Firefoxならカブコムがそこそこ使える。

個人的な都合だが、Macで日経平均先物miniをやりたいと思っている。
Safariではカブコムのカブフラッシュ機能が使えなかったのだが、Firefoxなら警告がでるものの、板情報まで見られる状態で使える。
実際に取引に使うにはちょっと勇気がいるかもしれないが、Macでも日経平均先物が一応できる。



カブステーションはWindows専用だから先物の時ちょっと困る

日経平均先物というとカブステーションが便利なのだが、あれはWindows専用である。
そのため、BootcampVMwareを使わないとダメだろう。VMwareで確実に動くかは私は保証できない。



Macはフォントがきれい

これはジョブズ伝説なので知っての通りだと思うがフォントがWindowsよりきれいに見える。
なんというか、柔らかい感じがする。



トラックパッドは強力なデバイス

最初の起動時にトラックパッドが認識しなくて焦ったが、古い有線のマイクロソフトマウスを使って設定した。これはマイナスポイント。
だが、トラックパッドは使ってみるとかなり強力なデバイスである。使っていて爽快とまで言える。
これはマイクロソフトはパクった方が良い。私が指摘しなくてもWindows8でパクるかもしれないが。



ミッションコントロールに対応していないアプリがある

ミッションコントロール、というか、全画面表示に対応していないアプリがあってちょっと困る。
4本で横にスライドするとアプリが電子書籍のようにめくれる(?)のはダイナミックで気に入った。
が、Firefoxが対応していない。残念だ。



USBポートが足りない

キーボード、スキャナ、iPhoneのドッグコネクタ、ヘッドセットでMac miniUSBポートは埋まる。
ポートは背面にあるため必要な時に取り回すということが難しいため、USBハブがほしいかもしれない。
というか、そこまでヘビーな使い方をするハードではないのかもしれないが。
一応HHK2ポート追加されることは書いておこう。



SDカードの認識が遅いような

これは確証が持てないが、SDカードを挿した後の認識に時間がかかる気がする。
アップルのサイトに、「ゆっくり差すと認識しない」とか「無理矢理差すと壊れる」とか書いてあって怖い。



PCキーボードは使えるが、Windowsのようには使えない

これは至極当然だが、一応。
ウィンドウズキーを押しながらスペースキーを押すと、かな漢字変換の切り替えになるとは思いもよらなかった。
まあ、これは明日HHKがくれば問題解決、のはず。



…今のところだいたいこんな感じで、はっきり言って思いついた順である。
明日8GBメモリとHHKが届くので、変更後の使い心地も報告できればと思う。



Friday, February 24, 2012

普通に日記 2012年2月24日


Mac mini買った!

大興奮

PCデポにてMac miniを買った。
もう久しぶりに大きな買い物を勢いでしたので、大興奮である。
この日記もMac版のLibreOfficeで書いている。



すばらしい

いわゆる「梅」のメモリ増設なしの状態で使っているのだが、パフォーマンスに若干の不満はあるものの、2GBのメモリでも特別困ることはない。
ダイナミックなMac OS Xに大興奮である。



ただ、限界もある

ただ、Windowsでないと実現できない作業もあるわけで、その辺の割り切りは必要かなあ、と思っている。
BootcampVMwareでどれだけMacWindowsの連携が取れるかが気になるところではある。



ここまで書くとレビューいらんなあ

とか、思うのだが、まだいろいろ書きたいことがあるので、気づいたことはメモってまとめてレビューする。



日経平均先物mini見送り

PCデポに行ってたので

実は今日は板寄せから日経平均を見ていたのだが、ちょっと横になってうとうとしたら、Macを買っている自分を強くイメージしたのでPCデポに出張ったのである。



Macに大興奮していたので

で、買っちゃったわけで、大興奮で相場どころではなかったのである。
もう日経平均は勝手に上がればいいよ。インデックスファンドで儲かれば。



眠れない

もう徹夜覚悟

で、大興奮はまだまだ続き、本来ならぐっすり眠っている時間帯に未だにMacをいじっているのである。
今日はもう限界までMacをいじるつもりである。
明日、Happy Hacking Keyboard8GBメモリがアマゾンのお急ぎ便で届くのだが、寝ているかもしれない。



両親のインフルエンザ

治ってきた?

両親ともインフルエンザが治ってきたようである。
母は普通に家事を始めた。
ただ、買い物などは相変わらず買って出ている。



咳は残っているようだ

二人ともまだゲホゲホ言っている。
完全に治るにはまだしばらくかかるだろう。

母のハッピーウォーミーが届く

母大満足

追加で注文した母のためのハッピーウォーミーが届いた。
早速着ている。それなりに満足しているようなので、一安心である。
しかし、父は気に入らないらしく、色々嫌みを言ってくる。
その寂しい性格はもう治らないのでしょうな。残念ですが。

赤十字に募金した


毎度の事ながら

どうしようもないドチンピラがたまに良い事をしたので読んで欲しい。



赤十字事業資金

久しぶりに1万円以上の買い物をしたので、コンビニで1,000円募金してきた。
ちょっと前から始めた事で、1万円の出費でも7万円の出費でも1,000円の募金である。
今回は赤十字事業資金、というのに1,000円。



懐は痛くない

大きな買い物をした上に募金なんて出費が痛くないのか?
と思われるかも知れないが、もともとあってないようなカネなのである。
すでにご存じの方もいると思うが、「358勘定」という勘定科目が家計簿(というか小遣い帳)にある。
お札の通し番号に3,5,8が入っていたら取っておくというトンデモ蓄財法をしていて、そこから募金しているのである。実際はないものとして扱っているので痛くないのである。



Mac mini買った


2ヶ月くらいで実現

去年の年末に「欲しいのである」と書いて2ヶ月経たずに実現してしまった。
買って買えない事はなかったのである。



Appleストアより安かった

Pcデポにとりあえず見に行こうかと思い、車で出張ってきたのだが、よく見るとネットのAppleストアより安い。
その時店員さんが声をかけてきたので確認したのだが、間違いなかった。



見たら欲しくなったので

その後、PCデポの店員さんと色々話あった結果、懸念材料だった新機種との差について、現行機でも後悔しないだろう、と思い購入に踏み切った。
やはり使いながら、知識のある人と話をしていると気分が良くなって思わず手が出てしまうものである。



メモリとキーボードは別で購入

ただし、ケチる所はケチった。
店で買ったのはMac mini本体(梅)とトラックパッドのみである。
メモリが高かったのと手数料をケチりたかったのとで、メモリの増設は依頼せず、自宅でアマゾンで注文した。自分で増設するのである。帰ってきてからフタを空けてみたらものすごく簡単だったので、これは問題なしである。
さらにキーボードはアップル純正のものが気に入らなかったので、前から目を付けていたHappy Hacking Keyboard(略してHHK)のMac版をやはりアマゾンで注文した。
我ながら賢い買い物だが、最大の問題は帰ってきてからすぐに起動できない、ということである。アマゾン注文品は明日到着予定である。そのため、Macをパッケージから取り出して、メモリ交換のフタを開けて戻して、コネクタ周りを眺めて今日は終了である。



BootCampはまだ先

Windows7VMwareは注文していない。
まだ10年以上ぶりのMacに慣れるかどうかわからないため、Mac OS Xに十分慣れたところでBootCampVMwareで同時ブート環境を試そうと思っている。
ちなみにWindowsVMwareが必要な最大の理由は文章推敲のための秘書ゆかりん(ボイスロイド+の結月ゆかり)である。他は特に見当たらない。誰にも文句は言わせない。
当面のゆかりんは、EvernoteThinkPadと連携して読んでもらう事にする。



ライフログの見開き使ってマインドマップ書いてみた

見開きが使えるので

ライフログノートの見開き全体が使える状態だったので、久しぶりに大きめのマインドマップを書きたくなった。
そこで、「最近気になっている事」を書き出してみた。
それがこれである。





物書きの手法でそれらしくまとまった

これを、普段ブログ記事を書くようにアウトラインを書き出してみたらそれっぽくなった。
なんとなく気分が良いし、言う事はない。


まとめたからと言って実行するとは限らない

もちろん、気になっている事ではあるが、絶対やらないといけないわけではない。問題を明らかにしたいだけである。
精神的に安定させるのが目的で、ほとんどが計画見送りである。


とりあえずこうなった

マインドマップをまとめたらこうなった↓

-----

自伝執筆作業が止まってる件

現状

人物スケッチは完了
場面をまとめるのはまだ

やること

本当に書きたいか自問すべし
PC作業のためポメラからEvernoteにデータ移動すべし

Mac miniがいますぐ欲しい

実現するには

資金は先物の分を使えば

 問題

新アーキテクチャをどうする?

周辺機器について

キーボードはHHK
マウスはトラックパッドと併用か?
Windowsはおいおいでも良いよ


で、どうするか?

先物したいしがまん

ミニトマトの栽培を今年はどうする?

やりたい

ネタ的に
ミニトマト食べたい
楽しいし

問題点

土の入れ替えがめんどくさい
種植えるのっていつだっけ?


部屋の片付けしたい

重点地域


本棚
手前
収納ボックス


とりあえず

今困ってないので保留

本がらみ

積み本

見捨てる物件があってもいい

本棚

要らない本を売るか?

プログラミングの勉強

Ruby

何か作りたい

LibOマクロ

株価データの取得

Haskell

とりあえず触っておきたい

HTML5関連

一般教養としてできれば

結局どうするか?

無理しないでやりたくなったら
今優先的にやりたい事をやる


普通に日記 2012年2月23日


メシの不安

母寝てる

知っての通り(?)母はインフルエンザで布団の中である。
ときどき起きて家事をしてくれるが、基本期待してはいけない。
で、メシの時間帯になると、「誰かメシを作ってくれるのか?それとも自分で?」と悩む事になる。



昼は自分で

昨日の昼食は自分の分は自分で作る事にした。
作ると言っても、冷凍の牛丼を温めて食べただけだが。
店舗で食べる吉野屋は嫌いだが、冷凍食品はありがたい。



は両親が

夕食は両親が2人でスパゲティをつくっていた。
多少手伝ったが、基本見てるだけである。
作ってもらうありがたさを痛感した。



PC重い

ワイドディスプレイにつなぐと

ThinkPadX61sは非常に良いノートPCなのだが、ワイドディスプレイにつなぐとスペック不足になる。
というか、ワイドディスプレイの広さで色々ソフトを立ち上げるとメモリが足りなくなるのである。
4GBでも全然足りない。



Mac早く欲しい

前倒しで新しいMac miniを買ってしまおうか?と時々思う。
少なくとも今よりはマシなデスクトップ環境が手に入るだろう。
ちょっと近くのPCデポまで車を飛ばしてクレジットで買ってきてしまえばいいのである。



だが新しい規格

だが待って欲しい。今年はIvy なんちゃらという新しいアーキテクチュアのハードが出るのである。
また数段処理速度やメモリ容量が上がるだろう。
それを考えると半年くらい我慢するのも仕方ないと思う。



ハッピーウォーミー

着てて疲れるかも

着る毛布ハッピーウォーミーを着始めて今日で3日目だが、なんだが着ていて疲れるかもしれない。
モコモコした服装で動き回ると色々気をつかうのである。階段で裾を踏まないかとか、周りのものを引っかけたりしないかとか。
あと、単純にモコモコしたものは動きにくいと言う事もある。動いていない時は暖かくてこれほど楽なものはない。



暖かくてだるいのか?

何かの用事で脱ぐと、何となく涼しくて気持ち良い事がある。つまり暖まりすぎてだるいのである。
どういう仕組みだかしらないが、着ていると体の芯まで温まる感じがする。この感じが逆に疲れさせているかも知れない。
製品自体はすごく良いものなので、日中暖かい時は着ないなど、メリハリを付けた方が良いかもしれない。



日経平均

横か?

日経平均は現物と先物の数値があるが、先物のチャートだとこの2日は今のところ横である。動いていない。
しばらく横で動いて、13日移動平均線かトレンドラインにぶつかるまでは動かないかもしないなあ、と思ったり思わなかったり。



下なら

下に行くならフィボナッチで9,410円くらいまで行きそうな感じだが、今の感じだと明確な押し目がつかないでまた上に行くのではないかと思っている。



エリオット波動的には

今は調整第4波だと思われるが、第3波の中のa波からc波を3,4,5波ととらえると大調整の始まりのa波である。
今の値動きだと前者の説が有力であるとおもわれるが、個人的にはちょっと注意している。



こういうことは相場ブログに書くべきだが

こういうことは相場ブログの方で書くべきだが、マインドマップに何となく記入してしまったらここまで書いてしまった。銭の話が嫌いな方はご容赦いただきたい。



Thursday, February 23, 2012

普通に日記 2012年2月22日


意外と眠れた

日付はまたげず

1920分就寝の2345分起床である。
相変わらず夕食後の楽しみがなく、「とりあえず寝るか」という感じで寝てしまったのだが、日付はまたげなかった。もうこういう睡眠リズムだと思って諦めるしかないかもしれない。



意外とすっきり

とはいえ、寝起きはバッチリで気分も悪くない。ぱっちり起きれたのである。
で、先物miniの結果を確認した後、この日記を書いている。健康上問題がないなら灯油代も節約できているし、今の生活でも良いかと言う事に。



ハッピーウォーミー

暖かい

ハッピーウォーミーが届いて1日経つが、暖かくて重宝である。
さすがにこれを着て外に買い物に行く、というのは無理だが、日中は暖房なしでも十分暖かく、夜は石油ファンヒーターの設定を18度にして省エネになっている。
寝る時は脱ぐのだが、体の芯から温まっており、よく眠れる。至れり尽くせりである。



日中は暖房なし

元々日中は暖房をつけない方だったのだが今年は特に寒く、日中も意識的に暖房を入れていたのだが、ハッピーウォーミーを着てから暖房要らずになった。これで石油代も多少は稼げるだろう。



夜は18度設定

夜も20度設定だったのを、さらに18度設定に下げた。最初は暖房無しを貫こうと思ったが、さすがに無理だった。それでも省エネにはなっているので、満足している。
もっと早く買えば良かったと後悔しきりである。



修道士ルック

父は私のハッピーウォーミーが面白くてしょうが無いのか、修道士ルックをやたら指摘する。飽きもせず何度も。
別に父に笑いを提供するために着ているわけではないのだが、ひょっとして父も欲しかったのだろうか?



母のインフル

家の手伝い

買い物

母のインフルエンザはそこそこ良くなってきた感じである。
さすがに家事を全く手伝わないわけにもいかず、率先して買い物などは買って出ている。
普段、色々世話になっているので、こういう所で恩返しをしないと、永久にバランスがとれない感じがするのである。



母もハッピーウォーミー修道会入会予定

で、一昨日から母は私の修道士ルックが気に入ったらしく、追加でハッピーウォーミーを買う事にした。私が立て替えて注文しておいた。
最初は父の分も買うつもりだったのだが、父は拒否したのでハブる事になってしまった。
まあ、家族全員が修道士ルックでうろうろしていたら気持ち悪いかも知れないから、別にいいか、という所だ。



バランスボールいす

夕方疲れる

読者の方は知っての通り、バランスボールをイスにしている。で、昨日もまた疲れてしまった。
もうだるくてだるくて仕方ないのである。ThinkPadのケーブルをはずして布団に戻ろうかと思ったが、妥協策に出た。



座布団で床に

PC机の前に座布団を置き、そこに座ってディスプレイを見上げるようにPCを操作したのである。
それでもしばらくすると体が楽になり、夕食ごろには普通に行動できるようになった。
普通のイスも用意したいが、スペースの問題でバランスボールと普通のイスをいっしょに置いておけないので、バランスボールが壊れるまでは体力増強に努めるつもりである。



日経平均

先物mini

微益で終了

昨日は日経平均先物mini1枚だけエントリした。
夜場に8,610円を付けたところで、トレーリング(逆指値を高値が上がる度に自動的に引き上げる機能)を設定して寝たが、結局微益でストップにかかっていた。まあ、勝ちは勝ちである。



下げるポイントはわかっていたが

全く不満がないわけではない。
9,600円あたりで、「ああ、これは伸びきったわ」とは気づいていたのである。ただ、最近の相場を考えると伸びる可能性もあったので、トレーリングで利益が出ている状態だったので、放置したのである。
なんどでも書くが、負けるよりはマシである。
今のところFXの損失も含めて、浅めの損切りを1回出来るくらいの利益にはなっている。



インデックスファンド伸びる

インデックスファンドは相変わらず伸びている。
が、先物miniの儲かり方とは違い、炭火でじわじわ(懐が)暖まる感じである。メインは先物miniではなく、このインデックスファンドの積立なので、これが儲からないと話にならない。
ただ、あまり評価額が上がってしまうと、来月以降の買い付けがもったいないので、もうちょっと日経平均は低迷していて欲しかった。これからは上昇相場のなかでの積立になるだろう。






Wednesday, February 22, 2012

KORG mini Kaoss Pad 2 が出るらしい


しばらくmini-KPをいじっていなかったんだけど、新製品でるのかあ、という感じ。
どっちかというと、同じ機能のiPhoneアプリが欲しかった。
徹底的に安くなったら買う予定だけど、MacとiPad3に響くようなら当分買えないなあ。

『まおゆう』Red版第2巻レビュー


まおゆうとは?

原作はハマるネット小説

ずばり2ch発のネット小説である。
アーカイブがあるので、「まおゆう」とググると一発で見つかる。
無料で読めるので、まずはこの小説を読むと良いだろう。
もちろん字面を追うのがめんどくさいならマンガの方が良いが。
この小説版は書籍でも出ている。



やたら長いタイトル

『まおゆう』の正式なタイトルは『魔王「この我のものとなれ、勇者よ」勇者「断る!」』である。
書店でこのタイトルを言うと店員さんが困惑するので、『まおゆう』で手を打っておこう。



マンガ版

複数社から

マンガ版は複数の出版社から出ている。記憶が確かならば、エース版、Red版、ファミ通版がある。
それぞれの個性があるが、原作のストーリーや世界観に忠実なまおゆうをマンガで読みたいならエース版だろう。



私は2社買ってる

私はひょんな事からTwitterRed版の作者の方と軽くお話をして、単行本を買う約束をしたのでエース版とともに購入している。単行本はエース版が先行して発売され、Red版がちょっと遅れて出て、そのあとファミ通版のようである。



Red版の特徴

お色気度アップ

1巻は描写には特に特徴らしい特徴が無かったように感じるが、2巻からは読者サービスが入ってきたので読んでいて嬉しい。Red版はこうでないといけないと思うのである。



原作を独自解釈

1巻に特徴無し、と書いたが、独自解釈の描写で新鮮に「まおゆう」を楽しめる、というのはある。
特にお色気シーンと魔王っぽくない魔王を見たいならこちらがおすすめである。



基本はエース版だが、Red版も良いよ

3社あるうちのどの「まおゆう」を買うべきか、と問われれば、「とりあえずエース版」と答えざるを得ない。
しかしエース版と違った表現法を見てみたいなら買ってみても良いと思う。
ファミ通版を買っていないが、読んだ事のある方は特徴などをコメントしていただきたい。

着る毛布 ハッピーウォーミーレビュー


蝉丸P推奨商品

ハッピーウォーミー修道会

いきなりへんてこな組織名が現れたが、ハッピーウォーミー修道会とは、蝉丸Pが考えた架空の団体である。
ハッピーウォーミーの修道士のような見た目から修道会を立ち上げたようである。もちろんジョーク組織である。蝉丸Pは本物のお坊さんなのだ。
何度かニコニコ生放送で「ハッピーウォーミー修道会定例会」と称して放送をしていたが、蝉丸Pお得意の営業じゃないのにやたら営業トークがうまい話に釣られてすごく欲しくなった。蝉丸Pはお坊さんをやめても動画通販で起業できると思う。



前から欲しかった

そんなわけで、「ハッピーウォーミー修道会」が立ち上がってから、すごく欲しかった。
が、今年の冬は半纏を新しく買ってしまったため、どうしたものかとずっと考え続けて今に至ってしまったのである。結論を書けばもっと早く買っておけば良かった。というのが正直な所である。



暖かい

深夜でも暖房要らず

で、このハッピーウォーミーだが、非常に暖かい。今の時間で室温が17℃くらいだが、暖房を入れる必要がないくらいである。もちろんただ普通に着ているわけではない。



重ね着で効果アップ

今まで買った防寒具を重ね着しているのである。
タンスの奥にしまってあったフリースは今年引っ張り出して着るようになったが、ハッピーウォーミーの下に着ている。さらに、今年買った半纏もハッピーウォーミーの上に来て万全の体制である。これでしばらくしてくると、暖かくなりすぎて頭がボケてくるので半纏を脱ぐ。それでも適温を保てるので、集中力も落ちない。



価格は3,990円だった

コスパ高し

はっきり言って、商品としてはかなりものが良い。色々知恵を絞った商品で、これで3,990円は安いと思った。
まあ、どれだけ使い続けられるか、つまり耐久性の問題もあるが、来年の冬まで保つようなら十分元が取れるのではないだろうか?



灯油代の節約

3,990円という値段だが、石油ファンヒーターをつけない時間が長くなればなるほど元が取れる。
前述したとおり来年の冬いっぱい使い切れれば灯油代の節約で十分元が取れると思われる。



その特徴

コンセプト

「着る毛布」というお題目がついているが、これは「毛布の生地で部屋着を作ってみました」が正解である。
他の着る毛布は知らないが、ハッピーウォーミーに関しては、毛布というよりは部屋着である。
動きやすく、暖かく、トイレも楽である(男性は)。



おはしょりベルト

腰のあたりにベルト、というかひもがついているので、裾が長い時は持ち上げて縛り、いわゆるおはしょりが可能である。このため歩く時も楽である。逆におはしょりをしないと動きやすいというハッピーウォーミーの価値は落ちる。



袋帽子

最初に同じ生地でできた袋に入って送られてくるのだが、この袋は帽子になる。
袋の中に半分に織り込んでかぶると非常に暖かい。私の坊主頭がこれほど寒かったのかと思うほどである。
このテクニックは蝉丸Pが考案したので明記しておく。



重ね着可能

重ね着する事で保温効果が増す。
前述した通り、私はジャージの上にフリース、ハッピーウォーミー、半纏と着て、深夜に室温17度で暖房なしで過ごしている。重ね着の良いところは、寒ければどんどん重ね着、暑ければ脱げば良い、という柔軟性につきる。



えりが高い

えりが高いため、着ながらにして毛布に深くかぶって寝ているような感覚を楽しめる。
首回りが暖かくなるので、保温効果がより高まる。これは結構助かる設計である。



そでが短い

そでが長くないので、何か作業をする時非常に取り回しが楽である。
以前紹介した漫画『ランドリオール』の作者のおがきちかさんも執筆時に重宝しているようである。
私は鍋物など、食事で腕を伸ばさないといけない時などに活躍すると期待しているが、鍋の時は暑くて着てられないだろうか?



気に入る

で、商品を見た母が非常に気に入ったようである。母は父の分も併せて追加で購入したいと言っている。
父がどう思うかまだわからないが下手をすれば家族全員でハッピーウォーミー修道会に入会である。
どんな絵面になるか非常に楽しみだが、ハッピーウォーミーの輪が広がるのは楽しいものである。



普通に日記 2012年2月21日


通院の日

昨日は1人で

昨日は通院日だった。いつもは母に同行してもらっていた。なぜかと言えば病気の性質上客観視出来る人が必要だからである。自分ひとりだと何か異常があっても認識できず「何ともないです」と言ってしまう場合がある。
ここのところ調子が悪かったので、処方がちょっと変わったが頓服を多めにもらった程度である。
実は母がいないと先生の態度が激変したりして…などと恐れていたのだが、そういう人ではなくて安心した。



最後はスタバコーヒー

帰りに手ぶらで帰るのは何となく嫌だったので、スタバでコーヒーショートを買って、飲みながら帰った。普段はインスタントコーヒーなので、やはりおいしく感じる。あまり気持ち的に余裕がなかったので、店内で飲みたかったけれどもすぐ帰った。



着る毛布ハッピーウォーミー

蝉丸Pが以前から推していた着る毛布ハッピーウォーミーが届いた。そろそろ冬も終わりで在庫がなくなりそうである。
ハッピーウォーミーについては別記事でレビューする。



まおゆうRed版第2購入

チャンピオンRed版のまおゆう第2巻を購入した。
Twitterで作者の方に買うと約束した手前買ったのだが…レビューは別記事で。

Tuesday, February 21, 2012

非スピ系のタロット引きですが何か?


スピ系じゃないけど

スピ系じゃないからこそのタロットカード

タロットカードで意思決定する事がある、と書くと、スピリチュアル系のような気がするかもしれないが、私は一般的なスピリチュアル系ではない。はっきり言ってスピ系の良くわからないありがたがり方が大嫌いである。用語の定義が曖昧なのが許せないし、見てわかる効果が得られないのは非常に腹がたつ。
だが、スピっぽい物事には意外と興味があり、トイレをきれいにするとか、タイガーアイのブレスレットをするとか、これから書くようにタロットカードや占星術で占いをするというのもアリである。



オラクルカードは役立たず

タロットカードと似たようなものにオラクルカードというものがある。物好きな私は1つ買ってみたのだが、タロットカードと比較してあまり役に立たないな、という感想を持った。
なぜか?オラクルカードには悪い事は書かれていないのである。ぬるい。意思決定の役に立たない。何のために引くのか未だに理解できない。



引くのは1枚だけ

タロットカードには色々な作法があるようだが、私は買ったカードをバリッと開けてチャッチャと切って1枚引く、というだけである。浄化がどうとか、カードが疲れるとか、そういう事は一切考慮しない。気にし始めると病むタイプなので、割り切るのである。占いというか、おみくじである。
出たカードを「タロット教科書第1巻」という本に書かれている解釈を参照して、「ああ、これはダメか」「良いカードが出た」と判断するのであるが、判定も別に霊感とか関係なく、字面の通りに解釈を入れずに判断する。だからたまに判定出来ない事もあるが。



タロットカードを使う時

通販

なんでも試しにやってみるタイプの私が意思決定で困る時は、たいていカネを使う時である。特に通販でちょっと大きな買い物をする時に、「これは買ってもムダになるんじゃないか?でも欲しい」という時がある。
そういう時にタロットを引いて、悪いカードが出たらやめる。良いカードが出たらちょっと心配でも買ってみる。と言うようにしている。



未来予測

以前は正月とか節目にタロットを引いてどんな時期を過ごす事になるのか試した事があったが、今は占星術に頼っている。その占星術も素人が入門書と首っ引きでやっているものなので、あまり当たる気がしないのだが、何かと面白いのでやっている。要するにお遊びの占い師ごっこである。



意外と当たる

無駄遣い

で、適当に引いたタロットが当たるのか?であるが、これが意外と良いところをついている。
カネがない時に買い物をしようとして引いてみたら、無駄遣いを暗示するカードが出たりして侮れない。
むしろ通販の判定であまり良いカードが出た試しがないので、本気で欲しいものの時はカードを引かなくなった。



二択の意思決定

先日の「MacBookProMac miniiPad3」の二択の時もタロットを引いたが、カードの善し悪しを見て、先入観が入った状態で考え直すと意外とすっきり自分の納得のいく感じで意思決定ができる。
これは当たるとかではなく、あまりにイーブンに二択をしようとしてどっちつかずになるのを防ぐ働きがあるのだと思う。正直私はMacなら良かったわけでMacBookProでもMac miniでもどっちでも良かったのだ。



完全にカードに従う必要なし

もちろん、カードに絶対服従はしない。都合の悪いカードが出ても、実行に移してしまう事もある。
「青は渡れ、黄色は気をつけて渡れ、赤は気合いで渡れ」である。
カードに100%支配される必要などどこにも無いし、仮に当たって本当に都合が悪くなっても「おーすげー、当たったよ」と思えば良い。逆にその程度の意思決定にしか使わない。



別に勧めはしない

私はこのブログでおすすめしたい事を書いてきたつもりだが、今回のタロットカードについては別におすすめとも、やめとけとも書かない。ブログを読んでみて、たまたま私と波長の合うような人(いわゆるトンデモ好き)がいたら試してみれば良いだろう。だが、いわゆるスピ系と距離を置けない人はやめておいた方が良いだろう。あの手はハマると何をやろうとしても人を不安にしかさせない。心の健康には全く良くないのだ。気をつけてほしい。



LibreOfficeのWriterを使ってみているが

昨日から使ってるけど

昨日の日記記事の書き換え実験から、LibreOffice(略してLibO)のWriterというワープロソフトを使っている。
MS-Office
を買うカネがないため(高過ぎでしょ)、最初は2003からの移行を仕方なくしたのだが、今はかなり気に入っている。家計簿もLibOCalcという表計算でつけているのだが、簡単な四則演算だけならLibOだけで十分である。高度な機能を使いたい時だけ、古い自作デスクトップPCMS-Office2003を起動している。
正直、MSは要らないとは言わないが、普段の生活ではLibOで十分である。
今回はWriterについて語る。なお、バージョンは最新の3.5である。

軽い

Officeスイートというものはたいてい起動が重いものである。でもって動作も重いものである。
が、LibOは起動してしまうとよっぽどの大容量データでもないかぎり動作は軽い。Writerもテキストエディタと同じ感覚でさくさく書けるので驚いている。
Word
は嫌いなのでWordがこんな感じだったかは覚えていないが、LibOに関しては合格といえる。

アウトライン機能は使いやすい

秀丸エディタのアウトライン機能を使ってみたが、やはりテキストエディタの機能的な限界があり、行頭に目印の文字列を入れないとアウトラインの分析をしてくれないなど、非常に見た目がよろしくない。見た目の問題で書いた後も直接ブログやEvernoteに流し込めないのでこれもよろしくない。テキストエディタはテキストを書く、編集する以上の事はやってはいけないのだろう。
Writer
のアウトライン機能は必要最低限ではあるが、マインドマップから見だしを列挙して、スタイル設定すればもうアウトライン分析をしてくれる。本文の見た目もワープロソフトだけあって見やすい。

ブログの見栄えが変わった

ブログの体裁が簡単に整う

文章をボイスロイドの結月ゆかりさん(愛を込めて「ゆかりん」と書きたいが、知らない人は何のことかわからなくなってしまうだろうから、これが最低限の譲歩である)に読んでもらって、明らかにおかしくないのを確認したら、Bloggerのリッチテキストエディタ(RTE)に流し込むのだが、Writerである程度体裁が整っているので、その体裁はそのままRTEに反映される。これは意外と良かった。

今までが地味過ぎた

以前からこのブログを読んでいる方からしてみれば、文章の体裁がガラリと変わった感じがすると思うが、若干読みやすくなったのではないだろうか?
以前は、メリハリのないフォントで延々と文章を書いていたので、どこまで文章を読み切れば良いかは改行くらいしか目安がなかった。個人的にはこの地味さが 好きだったのだが、いざ体裁が変わってみるとやはり「見た目って大事ね」と思わざるを得ない。前のテキストが良く、この体裁が気に入らない方にはむしろ指 摘して欲しいくらいである。

MacでもLibreOfficeだな。

読者の方はご存じだと思うが、私はWindowsからMacに移行しようと思っている。
完全にWindowsを捨てる事はないが(MacでもWindowsのソフトは使えるようにできる)、Macのネイティブアプリを出来れば使いたいので、秀丸エディタはほぼ使わなくなり、Mac版のLibOを使おうかと思っている。いや、「MacだったらiWorkでしょ」とか言い出しそうな気がしないでもないが、おそらく使い慣れたLibOを使うと思う、多分。

LibreOffice良いっすよ

そういうわけで、LibreOfficeは良い。無料なので、気軽にダウンロードして試せるのも良い。
気になった方はとりあえず使ってみるのはどうだろうか?MS-Officeの至れり尽くせり感はないが、最低限の機能で十分と感じている方にはこれは最高である。

普通に日記 2012年2月20日

睡眠を何とかしないとなあ

寝るの早すぎ


相変わらず寝るのが早い。昨日はなんと1920分就寝である。
母のインフルエンザの影響で、夕食が出前の弁当になり、食事が早く終わったため、とっとと寝てしまったのである。昨日は布団を干したので気持ちよかった。

起きるのはいつも通り

起きたのは1時である。先ほどだ。
睡眠時間はあまり関係なく、起きる時間が決まっている感じがする。だいたい0時から2時の間くらいだ。寝る時間が違ってもあまり変化はない。もう早く起きてしまったものは仕方ないので、有意義に時間を過ごすしかない。

夜する事なさすぎ

そもそもこんな睡眠リズムになっているのは、夜にやる事がないからである。これは何度も書いているが。
テレビはつまらない。だいたい早朝(深夜起きた後)に日課が終わってしまうので夜やる事がない。夕食後眠くなる。などなど、理由は色々あるが、とにかく夜はつまらないのである。
何か夜でないと楽しめない事があれば良いのだが、そういうものも特になく、この生活はしばらく続きそうである。

我が家にインフルの猛威続く

母悪化

母はインフルエンザだったらしい。予防接種をしているせいか、熱がそれほどあがらないため普通に過ごしているが咳がひどい。母が寝込んだら我が家の家事のほとんどが止まるという危機が迫っている。こういう時何も出来ない自分がふがいないが、母の回復を祈るしかない。

父明日回復か?

父は明日あたり発症から5日経つはずで、病院に行ってまた検査でもするのだと思う。
父は母が倒れた時、自分の事だけやって母の面倒を見ないという鬼畜行為をした前科があるため、父が回復しても母は私がなんとかしないといけない。
実は父が部屋に閉じこもっている間、非常に家庭環境が平和(いざこざがない)状態だったので、別に父はこのままでいい、というのが本音である。父は言っちゃ悪いが集団行動に向かないと思う。

私なんともない

で、私だが、やはり以前2回発熱した時にインフルエンザだったらしく、父からも母からもうつらない。何ともないのである。これはまえに書いた通りで、半日ほど母と過ごしても体調は全く変化なしである。何度も書くが母が寝込んだら私がなんとかしないといけない可能性が高い。困ったと同時に母に頼りっきりの家事を何とかしないといけないのではないかと、ちょっと思う。

運動

踏み台昇降3日目

運動を再開して3日目である。記憶が確かならば。
踏み台昇降20分である。結月ゆかりの曲を聴きながら、踏み台をのぼったり降りたり単調な作業である。単調だから続くとも言える。
今は昼食前に踏み台昇降を行っており、もうちょっと日が長くなって暖かくなったら早朝にウォーキングをしようと思っている。

運動の後の風呂の充実感

運動後は基本的に風呂に入る。
まだ時期が時期なので汗はかかないが、運動後の風呂は気持ち良い。
さっぱりした後はしばらく気分が良いので、毎日を充実させるならしっかり運動をするべきだろう。

日経平均

上がるねえ

ブログ読者の方もご存じの通り、日経平均が上がっている。
正直、そろそろ適当な押し目がつかないと、伸びきってしまって急落という事態も考えられるので、調整待ちである。「山高ければ谷深し」である。

先物やってたら…

もし先物を9,000円台でエントリしていたら、mini1枚でも5万くらい儲かってる計算で、以前エントリしたタイミングだと10万くらい楽勝で儲かっている計算で業腹だが、先物をやらなくてもインデックスファンドが上がっているのでそれほど悔しくもないか、という感じである。
とりあえず当面の作戦としては、適当なところで押し目がついたら買う、である。

インデックスファンドは儲かってる

そう、インデックスファンドは価格が上がっている。日経平均に連動しているファンドを買って、日経平均先物をやるというのはリスク管理的になんだかあまりよろしくない気もするが、日経平均好きとしてはこんなものである。とりあえずインデックスファンドが上がってくれているおかげで、先物miniでストレスをためずに儲かってる感を味わえているので、積立てして良かったと心から思う。

Monday, February 20, 2012

物書きで答えを一気に知りたい方は「あにめはっく」へ

先日アウトラインプロセッサの使い方の参照先であにめはっくというサイトにリンクを張ったが、改めてつぶさに読んでみると、私が書きたかった事+αがおおむね書いてある感じで、もう私の役割は終わった…、という気分である。

自分の物書きの試行錯誤はするべきなので、このブログでいろいろ実験はするが、手っ取り早く情報が欲しい方はあちらのサイトをご覧になった方がいいだろう。

ちょっとショックだったが、需要あるところに供給あり、である。
こういうサイトがないはずがないのである。むしろ早めに気づいて良かった。

まあ、マインドマップに関してはネタだしや分析には使っているようだけど、物書きに使うという直接的な手法は書いてないようなので、その辺は私のブログをサイト検索していただければ多少はお役にたてると思う。

テスト投稿(LibOのアウトライン機能の場合)

その1:これからアウトラインプロセッサ

 

・野望がある

「マインドマップで物書きすると捗るよ」と何度もこのブログで言い続けてきた。
個人的な野望として、「誰でもまとまった文章を簡単に書ける方法を明文化したい」というのがあるのだ。極力個人の感性のようなものに頼らずに文章を完成させる方法である。そのためにこのブログを実験場にしようと思っている。まあ、今までも見事に実験場になっているわけだが。
今回はアウトラインプロセッサを文章を書く過程で使うと捗るのではないか?という期待をかけているのである。

・しばらく試してものにする

実験場にする。つまりこれからは文章を書く前はマインドマップを書き、その後アウトラインプロセッサに落とし込み文章化する、という作業を行う事にする。
うまくいけばこの手法をそのままこのブログで採用し、手法をより明文化に近づけることができる。うまくいかなければあっさり捨ててしまえば良い。ものになるように期待はしているが、失敗のリスクは恐れない。

・そういうわけでご迷惑をおかけします

ブログの文章の見た目がガラリと変わる感じがするかもしれないが、その辺はご容赦いただきたい。よろしく。

その2:睡眠時間短い

 

・あいかわらずですが

相変わらず夜の睡眠時間が短い。
いやむしろ、20時就寝の、22時起きの、寝直して0時前起床の、と言う具合に別に睡眠時間は問題なくて起きる時間が普通じゃなくなってきている。何とかしたいのだが夕食を食べたら眠くなって寝る、という習慣がなくならないかぎりは当分こんな生活がつづきそうである。

・寝るのが早い

寝るのが早いのは、夕食を食べると眠くなるので自然と寝てしまう、ということもある。しかし、前も書いたが夜する事がなく、とりあえず眠ってしまって日付をまたいでしまおうという気持ちもあるにはあるのである。夕食後から10時くらいの間のテレビもその他の楽しみも全然ない状態である。だから仕方なく寝てしまう。

・日付をまたげない

最近は20時に寝て22時に起きるなど日付をまたげなくなってしまった。
気がつけば睡眠時間はどんどん短くなっていくのである。
これには困った。なんとかしたい。だが、有効な手立てがない上に、実は本人別に困ってないと言えば困ってないのである。つまり苦痛じゃないので特別治療の対象にならないのである。

・眠いのに起きてしまう

以前までは意識が回復したらバッと起きて眠くない感じだったが、最近は何となく夢をみながら起きて結局眠くてまた寝るというパターンも現れている。これは症状が悪化していると考えていいのだろうか?とはいえ前述したとおり全く苦痛に感じていないので医者に相談しても病気として認識せず対応してくれそうにない。

・当面様子見

もう全然眠れないわけじゃないし、眠い時に昼寝を入れればそんなに疲れないので、しばらくは様子を見るしかないかもしれない。本当に苦痛になったら主治医に相談しようと思っている。今のところ本当に困ってない。

その3:夕方の苦痛

 

・胸苦しい

持病に関わる事だが、夕方に胸が苦しいというか不快感があり、気持ちがやたら落ち込むという事態に陥った。あまりにつらいので、1つだけのこっていた2種類あるうちの1種類の頓服を飲んだ。すると、10分もしないうちにみるみる回復し、しまいには逆に気持ちよくなってきてしまった。

・頓服はむしろヤバい

液状の薬だから体に吸収されるのが早い。というのもあるが、RPGのポーションのように飲んだら速攻で効くなんて、薬としてはかなりヤバい方である。正直楽になるのは助かるのだが、体も心配になってくる。だがこれにたよらないとどうしようもないという現状もある。

その4:風邪・インフルうつらず

 

・マジでうつらず

親父がインフルエンザになり、母も体調を崩し始めて、私も3度目の風邪あるいはインフルエンザになるか?と思ったのだが、何ともない。全くうつらないのである。これはどうしたものか?昨日などヒマだったので咳のひどくなってきた母とずっと話をしていたが、一向に体調が悪くなる兆しがない。

・以前の風邪はインフルだったかも

そこで思ったのだが、実は以前の2回の発熱はインフルエンザだったのでないだろうか?検査では引っかからなかったものの、すでに今父がかかっているA型ウィルスに感染・発症していて、父のインフルエンザはもう何ともないのではないかと。だとすれば、必要以上に感染を恐れる必要もなく、気持ちはだいぶ楽になる。

その5Twitterでの誤解

 

・やたら気に病む

実はTwitter@がつかないつぶやきが自分に向けられたものでないかと誤解する時がある。特に攻撃的な発言についてそう考えがちである。昨日はあとになって、私の事でない事がはっきりしたが、かなりメンタルに響いた。

・実は以前も

以前も似たような事が同じ人で2度以上あり、その人はなくなくブロックしたのだが、他者に対して攻撃的な発言をするけど、誰に対しての発言かはっきりしない人はかなり怖いので、ブロックされるかも知れません。ご了承ください。