2011年11月23日水曜日

チェキフィルムをデジタル化したい

チェキで写真を撮りまくりたい。でも一枚56円のランニングコストは痛い…。


仕方が無いのでiPhoneで部屋のモノを撮り始めたら、ふと、
「チェキのフィルムってiPhoneで接写すればデジタル化できるじゃん」
と思い撮ってみた。



この時間帯(午前4時)だと、部屋の蛍光灯の都合で影ができてしまいフラッシュを使わざるを得ないので白い点が出てしまっているけど、とりあえずデジタルデータにはなった。デジタルデータには。

フラッシュの件は明るくなったら再トライするつもり。
iPhone接写で事が足りるならわざわざスキャナを買わなくても良いので出来ればうまくいって欲しい。
あるいは蛍光灯スタンドで光源を確保すればなんとかなるかもしれないけど、そういう直接的でない投資は避けたい。

ちなみに、この写真について解説しておくと、

秋になって刈り取ったミニトマトのプランターに台風でダメになったミニトマトが大量に捨ててあったんだけど芽が出てきた。で、面白そうだったから放置してみたら、花が咲いて実がなった。だけど、熟すところまではいかないなあ、

という状況。チェキ付属の接写レンズ使用。
お世辞にも上手な写真じゃないけど、なんとなく味のある写真が撮れるのはチェキならではか。

あ、ちなみに、なんでいつもこんな時間に起きているかというと、私は早寝早起きで、早い時には1時前後、平均して4時くらいには起きているんです。夜更かしじゃないです。

追記:
ズームを使用し、影を作らないで撮ってみたら、こうなった。



このサイズだと一応きれいに撮れているように見えるけど、PCで見ると画質はイマイチで「おしい」と言わざるを得ない。
試行錯誤を楽しめている間は良いけど、飽きたらアマゾンで速攻でスキャナをポチりそうな気がする。

追記2:
昼になってから撮りなおした。ズームなし。ストロボ無し。


自然光の良い感じの光だけど、一部映り込みで白い線が入っている。
これはダメだ、ということで、スキャナを注文した。
明日到着予定なので、明後日早朝まで色々使い倒してレビューする予定。

追記3:
この記事だけ読んでいる方のために書いておくと、チェキ(アナログ)→スキャナ(デジタル)なんてめんどくさい事をしなくても、デジカメで良いじゃないか?と思うだろうけど、

「100円ノートでライフログを作るけど写真があると良いなあ、けどいちいちデジカメで印刷するのは面倒だなあ。そうかチェキ(instax mini 50S)があるじゃないか。現像したら直接のりで貼れるじゃないか!」
「チェキで良い写真が撮れると、今度はデジタルデータにしたくなるなあ…。困ったな」

という過程を歩んでいます。なお、デジアナ両方使えるポラロイドTWOという選択肢もありましたが、画質はこちらの方が良いはずと勝手に判断してチェキにしました。



0 件のコメント: